フランス菓子

一度は食べたい!大きすぎるなタルト・トロッペジェンヌ

トロペジェンヌの包装

このパティスリーのスペシャリテは、赤いプラリネタルトやビューニュなんですけど、売れているのは tropézienne トロペジェンヌ のようです。

トロペジェンヌとは、南フランス・サントロペで誕生したお菓子ですが、リヨンではどのパティスリーにも置いてある定番のお菓子です。

研修先のパティスリーでの作りかたは、ブリオッシュ生地を横に切って、中にクリームを詰めたお菓子です。このパティスリーでは、ブリオッシュを平たい大きな円で焼き、それを半分に切ってその間に生クリームを大量に10cm!挟みます。10cmなんて、すごく存在感のあるお菓子です。

お菓子研修トロペジェンヌ

中に入っているのは生クリーム(砂糖)だけ。日曜日にはフランボワーズ入りも作るけど、平日はナチュラルのみ。1日に1ホール分、8カットしか作りません。

生クリーム+ブリオッシュなのですごくシンプルなお菓子なんですが、すごく人気なんです。シンプルなのがいちばんなのかも。

これが、店に並んだ直後から売れる売れる。電話での予約も入る。電話で予約する人は、きっと8カットしか作らなくて、すぐに売れるって知ってるから、わざわざ予約して来るんだと思う。

1カット、持ち帰りで1,95ユーロ、店内でお召し上がりの場合で2,15ユーロとほかのケーキ類と比べても安い。

フランスの乳製品はどれも味が濃くっておいしいのです。もたれたりもしないし。このトロッペジェンヌもとてもおいしいです。

こんなに高さのあるトロペジェンヌはあんまり見たことないかも。

名前もかわいいし。

ふつうのパティスリーのトロッペジェンヌはこのくらいの高さ。クリームが1cmくらいかな。

今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne

 

リヨンのトロペジェンヌちゃん

ということで、フランス国内に広まっていったトロペジェンヌ、わたしが研修していたパティスリーにもちゃんとありました。ただ、小ぶりのタルトって言うものではなく、少しダイナミックな女の子になっちゃいましたけど…。

わたしが研修していたパティスリーのタルト・トロペジェンヌはほんとうに特別!

とっても厚いんです、クリーム・シャンティ部分が!

通常のトロペジェンヌのクリームの厚さは1〜2cm程度だと思いますが、この店のはクリーム部分だけで7cmくらい、全体の高さは10cm!

とかなり迫力のあるトロペジェンヌなのです。

トロペジェンヌ

作りかたは、直径30cmのブリオッシュ生地を焼き、それを半分に切って、中にたっぷりのクリームをつめていき、8等分に切り分けます。

これでできあがり!

とてもシンプルなタルトです。

断面を見てもなかなかのたたずまいでしょう。

すこし、いや、かなりの太っちょな女の子はとても人気者。

午前中に作って、あっという間に売れていき、昼前には店から消えていきます。わざわざ電話して予約する人もいるくらい。

大量の生クリームに胸焼けしそうな感じだけど、フランスの生クリームは乳の味が濃くって脂の感じはあまりしないので、食べれます。

平日にはクリーム・シャンティのみなんですが、週末にはクリームにフランボワーズを挟んだちょっとかわいいトロペジェンヌも登場しますよ。

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子 ビューニュ Bugne|マルディ・グラに食べるフランス・リヨンの…
  2. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子 シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  3. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子 オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ…
  4. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン 繭のお菓子 Cocon de Lyon
  5. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  6. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー*Biscuits d…
  7. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ フランスでパン*pain cibatta パン・チャバタ
  8. フランス LU ビスケット 一番大好き!フランスのスーパーにあるお菓子|LUのビスケット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ
  2. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  3. トロペジェンヌの包装

作りかた

  1. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた
  2. ラスクの作りかた*パンが乾燥したら
  3. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた

お菓子の歴史

  1. マドレーヌの名前の由来
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!
  1. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  2. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  3. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー
  4. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  5. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  6. わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん
  7. パンデピス博物館
  8. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン

Twitter

PAGE TOP