フランス

清楚系?女子が南フランスのヌーディストビーチに行ってみた

南フランスのヌーディストビーチに行ってみた件

最近の話じゃなくって、少し前の夏の話。

ついに、フランスのヌーディストビーチに行ってきました。

フランスのヌーディストビーチって?

フランスのビーチには時々ヌーディスト用のビーチがあります。公共のビーチにももちろんあります。

普通のビーチは道路沿いにビーチがあったりと開放的な雰囲気なんですが、ヌーディストビーチは奥まった場所にあります。今回行ったヌーディストビーチも駐車場から少し歩いて行った場所にあります。やっぱり裸は見られたくないっていうことなんでしょうか。

海のないリヨンにもヌーディストビーチがあります。海はないのですが大きな湖があって、そこにはビーチがあるのですが、奥まった場所にヌーディストビーチがあったりするんです。

フランス人は脱ぐのが好きなのかな?

南フランスのヌーディストビーチに行ってみた

場所は、南フランスのランドック&ルシヨン地方(Languedoc-Roussillon)というところにある地中海に面したビーチ。

その海岸線沿いはすべてビーチになっていて、その一角だけがヌーディストビーチになっています。

南フランスのヌーディストビーチに行ってみた件

ランドック&ルシヨン地方のビーチ Languedoc-Roussillon

公共のビーチなんで海までの道のりは少し野性的な感じ。こんなところを歩いて向かいます。

フランスのビーチは結構こんな野生な感じのところ多いんです。

南フランスのヌーディストビーチに行ってみた件

Languedランドック&ルシヨン地方のビーチ Languedoc-Roussillon

駐車場から歩くこと10分…結構歩く。

やっとビーチに着きます。

お〜ヌーディストビーチ!!

南フランスのヌーディストビーチに行ってみた件

ランドック&ルシヨン地方のビーチ Languedoc-Roussillon

ヌーディストビーチと言っても、全員脱いでいるわけではないようです。7割くらいかな。

脱いでいるのは結構年配の方が多いかなぁっていう印象です。50代以上。

男女のカップルもいますし、同性愛者のカップルもいますし、家族連れで着ている人たちもいます。いたって普通のビーチの様子です。

子供に裸を見せていいのか?と思うけれどもだれも気にしてなさそう。まぁみんなに付いているものだし、いいのかな。

ちなみに、子どもからお年寄りまでいますが、若い子はあんまり脱いでいません。男女ともに。

残念っ!?(笑)

でも、たまに筋肉を鍛えててスタイルのいい男子が、これでもかっていうくらいに堂々とビーチを歩いてたりします。こういう人は見せたいタイプなんでしょうね。

逆に堂々とされると、ガンミできません…。

あ、堂々と裸を見せたいタイプの女性はいません。

女性でヌードなのは年配の女性が多いかなぁっていう印象です。

ちなみに、ヌーディストビーチですけど、脱がなくて水着をきていても大丈夫。

目の持っていく場所に困る。サングラスかけてるけど。

ドギマギ…

公共のビーチなんで、更衣室とかシャワー室とかそう言ったたぐいの施設はないので、ビーチに着いて場所を決めたら、タオルを引いてパラソルと立てて、おもむろに脱ぎ始めます。ひゃ〜

なんで脱いでいるかっていうと、気持ちの問題もあるようですが(解放感らしい)、水着の跡をつけずに体全体を焼きたい!っていう気持ちもあるんだそうです。

ビーチにいる人たちは、脱いでいる人も水着を着ている人も、日なたに出て体をこんがり焼きまくってます。

本を読んでいる人や、数独をやっている人もいたり、音楽聞いている人もいたり様々。中には全員ヌードの男性でチェスをやっている人たちも。

いたって普通のビーチと変わらない様子です。

南フランスのヌーディストビーチに行ってみた件

南フランスのヌーディストビーチの風景

↑この写真、空の真ん中に飛行機がかすかに写っているんですけど、これって宣伝用の飛行機なんです。飛行機のお尻に宣伝の垂れ幕をつけてビーチを飛び回っています。なかなかのアイデア!

南フランスのヌーディストビーチに行ってみた件

南フランスのヌーディストビーチの風景

日本でいうところの温泉みたいな感じかなぁって思います。

混浴ではこんなにくつろげないけれども、男女別の温泉だったら、裸同士でおしゃべりとかしてるし。

最初はヌーディストビーチのヌーディストたちにドギマギしていましたが、だんだん慣れてきてあんまり気にならなくなりました。だって、みんなも気にしてないんだもん。

わたしは最初はすんごいジロジロみてましたけどね(爆)

みなさん堂々としていてすばらしい!

わたしはもちろん水着着てましたよ〜。日焼けもイヤなので日陰のテントの中に隠れてました。

わたしの行った南フランスのヌーディストビーチ

Valras-plage ヴァルラ・プラージュ

南フランスの町ベジエから車で30分弱で到着します。海岸線一帯がビーチになっているのですが、ヌーディストビーチはちょっと奥まった場所にあります。看板などはないので、自力で見つけるか人に聞くしかないです…。

ヌーディストビーチは基本的には看板はありませんし、奥まった場所にあります。このビーチ以外にもフランスの海岸線にはたくさんのヌーディストビーチがあります。

今年の夏はフランスのヌーディストビーチに行ってみてはいかがでしょうか?

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. ベトナム・ホーチミンで料理教室 世界の料理教室*ベトナム・ホーチミン編(バインセオ)
  2. 昔のパン焼き釜 ノエド Nohèdes 200年前のパン焼き窯*60人の村ノエド Nohèdes
  3. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編 パリで有名パティスリーめぐり*サンジェルマンデプレ編
  4. スイス・ジュネーブへの旅行 スイス・ジュネーブは最高にきれいで住みたい街だった
  5. 日本からフランスへAmazonで本を注文してみた|たったの3日で到着!! 日本からフランスへAmazonで本を注文してみた|たったの3日で…
  6. フランスで病気になったらどうする?病院の行き方|元気なうちに知っておこう! フランスで病気になったらどうする?病院の行き方|元気なうちに知っ…
  7. フランス流、最高の人生の送りかた フランス流、最高な人生の送りかた⁉︎
  8. フランス生活 僕の彼女はセクシーでいてほしいための条件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  2. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  3. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum

作りかた

  1. カロリー控えめガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage
  2. チョコレートスコーンの作りかた
  3. タルトタタンの作りかた・レシピ Tarte tatin

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. リヨンの伝統菓子クッション
ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest
  1. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!
  2. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  3. パンデピス博物館
  4. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins
  5. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  6. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  7. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  8. フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?
  9. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン

Twitter

PAGE TOP