作りかた

フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère

フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère

フランスのパティスリーの基本であるビスキュイ生地の作りかたの紹介です。

ビスキュイといってもビスケットのことではなく、バターをつかわない軽い食感の生地になります。ビスキュイ生地はアントルメにつかわれる生地で、シャルロットというアントルメでつかわれます。

フランス語で Bisucuit cuillère ビスキュイ・キュイエールといい、「スプーンのビスキュイ」という意味です。絞り袋のない時代にはスプーンをつかって、生地を形作っていたため、この名前がつけられました。今ではスプーンをつかわずに、絞り袋で絞るのですが名前だけが残っています。

ビスキュイ・キュイエールはフランスパティスリーの基本生地のひとつです。本場フランスの作りかたと材料で説明していきます。

必要な道具

  • 泡立て器(ハンドミキサー・卓上ミキサー)
  • 絞り袋
  • 口金(サイズ10)
  • ボウル
  • ゴムベラ

手動泡立てハンドミキサー卓上ミキサーの順にしっかりとしたメレンゲができます。

ビスキュイ生地の材料

シャルロット(直径20cm)1台分の材料です。

卵白 120g 120g de blanc d’œuf
白砂糖 100g 100g de sucre blanc
卵黄 80g 80g de jaune d’œuf
小麦粉 100g 100g de farine
粉糖 適量 sucre en poudre
  • 卵はMサイズ(フランスではMoyenサイズ)で4個分です。4個分の卵白で120g、卵黄で80gです。
  • 白砂糖はグラニュー糖でも粉糖でもかまいません。

ビスキュイ生地の作りかた

0. オーブンを200℃に予熱しはじめます。

  1. ボウルに卵白を入れ、泡立て器で混ぜます。

キッチンエイドなどの卓上ミキサーや電動ミキサーをつかうと簡単にできます。泡立て器をつかっててで混ぜる場合は、かなりがんばって混ぜてください。

白砂糖を2〜3回に分けて加えていき混ぜます。

キッチンエイドは最大のスピードに合わせて、1分程度でできあがります。

メレンゲが締まっていて、艶ができます。また、下記の写真のように、泡立て器についたメレンゲにが立っていたら完璧です。

フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère

この角のことをフランスの製菓用語で Bec d’oiseau (ベックドワゾー)といい、「鳥のくちばし」という意味です。

2. メレンゲに卵黄を加え、ゴムベラで混ぜ合わせます。

3. 小麦粉を加えます。ボウルの内側から外側へゴムベラを動かし、切るように混ぜ合わせていきます。これでビスキュイ生地の完成です。

フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère

4. 絞り袋にビスキュイ生地を入れます。

5. ビスキュイ生地を絞ります。

シャルロットを作る場合は、

  • La cartouchière:弾帯(機関銃の弾丸を連結した帯)
  • L’escargot:エスカルゴ(かたつむり)

の形に絞ります。

La cartouchière は同じ太さと長さに規則的に絞っていきます。

底になる部分は生地を切るため、高さは違ってもかまいませんが、上部の高さはしっかりとそろえておきましょう。

フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère

La cartouchière:弾帯

 

La cartouchière はシャルロット型の円周よりも長く、L’escargot は直径よりも大きく絞るようにします。

フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère

L’escargot:エスカルゴ

ビスキュイ生地を絞り終えたら、表面に粉糖をしっかりと振りかけます。生地の鏡面にひび割れすることと、軽く焼き色がついて、見た目が美しくなるために粉糖を振りかけます。

6. 200℃の予熱したオーブンで8〜10分焼きます。生地の形や大きさ、オーブンの性能によって、焼き時間が異なります。

フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère

焼けているかどうかを確かめるには、生地に敷いた紙(オーブンシート)の裏を見て、ビスキュイ生地に火が通っていて焼き色がついていたらOKです。焼きすぎると生地がもろくなり、シャルロットなどを成形する時にこわれてしまいます。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. ババロアの作りかた La crème bavaroise フランス菓子の基本|クレーム・アングレーズの作りかた Crème…
  2. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた
  3. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à …
  4. 生チョコレートタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ 生チョコタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ Tar…
  5. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou タルト生地の中身による焼き分けかた3種類
  6. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges フランス菓子の基本|ババロアの作りかた La crème bav…
  7. シャルロットレシピ フランボワーズのシャルロットのレシピ Charlotte au…
  8. ホットケーキの作りかた|甘さ控えめ・焼き色しっかり・弾力あるけど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  3. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子

作りかた

  1. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  2. 固めが好き!材料3つだけの焼きカラメルプリンの作りかた
  3. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた

お菓子の歴史

  1. マドレーヌの名前の由来
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. リヨンの伝統菓子クッション
お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト
  1. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  2. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!
  3. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  4. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  5. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  6. わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん
  7. フランス LU ビスケット
  8. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子

Twitter

PAGE TOP