リヨン

ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L’ouest

ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest

先週末、ポール・ボキューズのブラッスリーに行ってきました。クープ・デュ・モンドと国際外食産業見本市、いわゆるSihra(シラ)が開催さている週末だったので、まぁ〜お客さんが多かったです。

今回行ってきたのはポール・ボキューズのブラッスリー東西南北の中から L’ouest 西 です。L’ouest が一番ワクワクして楽しくて、気合いを入れて行きたくなるレストランだと思う。東西南北で迷ったらぜひL’ouestへ!

ポール・ボキューズのブラッスリー

L’ouest とは?

リヨン市内にポール・ボキューズの名のついたブラッスリーが4店舗あって、東(L’est)・西(L’ouest)・南(Le sud)・北(Le nord)と名前がついています。L’est(東)はパールデュー駅の近く、Le sud(南)はペルクール広場、Le nord(北)はオペラ座近くとリヨンの中心地に位置していますが、L’ouest(西) はリヨンの中心から離れたちょっと北にある9区に位置しています。

リヨン旧市街とソーヌ河の間にある道路をまっすぐと北上すると L’ouest があり、その道をさらに北上すると本店のポール・ボキューズのレストランがあります。本店に最も近い店舗なんです。

ブラッスリーの雰囲気

270席ある広ーい店舗で、オープンキッチンになっていて、ガラス窓も付いてない完全なオープンなので、料理人の動きが全部みれます。おそらく料理人は20代前半っぽく若い方ばっかりで、サービスも責任者以外はみんなピチピチです(笑)料理人もサービスも一時も止まることなく全力で動いてるところで若さを感じられます。それも含めてかなり活気のあるブラッスリーです。

ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest

オープンキッチン

270席とかなり広い店内ですが、この日は500名以上の予約が入ってるんだそうで、2回転するってことです。この広さで。わたしたちが帰る22時頃には入口に行列ができてました。予約しても並んで待たないといけないみたい。

料理は?

ブラッスリーなので当たり前ですが、ブラッスリー料理なので、そんなにかしこまったレストランではないです。結構カジュアルな料理が多くってレストランやブションとはちょっと異なる料理です。高級そうなイメージはあるんですが、ステーキ&フリットといった定番の料理もあります。ただ、ここはポール・ボキューズのお店なのでちょっといい感じのレストランぽいです。気軽なブラッスリー料理が上品になった感じ。

ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest

フォワグラ/となりのレーズンとイチジクの砂糖煮がおいしかったよ〜

ちなみに、わたしたちが行った時はSirha(シラ)で開催されているボキューズ・ドール(Bocuse d’or)というイベントに合わせた特別メニューでした。

別腹デザートのババ・オ・ロム

最近、レストランに行ってデザートまで完食できるようになったわたしは完全にフランス仕様の胃になってしまったのですが、それもこれもレストランのデザートは別腹になっているためだと思う。(人のせいにしてますけど…苦)

最近のお気に入りのデザートは、ババ・オ・ロム(Baba au Rhum)です!なぜかリヨンのブラッスリーといわれるレストランにはデザートにババ・オ・ロムが置いているところが多いんですよね。

ババ・オ・ロムはブリオッシュ生地のパンにラム酒をたっぷりとしみ込ませたデザートで、ラムをべろんべろんにかけて食べます。

普通におやつとして食べるパティスリーのババ・オ・ロムはあんまり食べないんですが、デザートとしてだとすごくおいしく感じます。デザートにブリオッシュなんて重い!って思ってたんですが、なかなかこれが恐ろしいことにするんと入る。

L’ouest では、ババ・オ・ロムをテーブルでサービスの方が目の前で切ってくれて、ラム酒をたっぷりと注いでくれます。で、ラム酒のボトルも置いて行ってくれるのでかけ放題です(笑)うえ〜いベロベロだよ〜。

ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest

ババ・オ・ロム

もうひとつのデザートは、ヴァシュラン Vacherin というショートケーキのようなデザートなんですが、この白いクリームは生クリームではなくメレンゲ、中にはふわふわのスポンジではなく焼いたメレンゲ。日本のショートケーキのイメージで食べると若干がっかりしてしまいます…。でも、これもすごくおいしいんですよ。

ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest

Vacherin Minute aux fruits de saison

ババ・オ・ロムを食べに行ってほしい!

店舗情報

  • 住所:1 Quai du Commerce, 69009 Lyon
  • 電話:04 37 64 64 64(予約は絶対に必要です!)

  • 営業時間:12時15分〜14時、19時30分〜23時(金土は〜23時30分)
  • 営業日:毎日(←日月も開いているレストランはとても貴重!)
  • 駐車場:地下に有り
  • 地下鉄:Gare de Vaise 駅
  • バス:gare de Vaise 行き31番のバスで Laborde で降ります
  • Gare Lyon Part Dieuから車で20分
  • Lyon Saint Exupéry 空港から車で45分

ババ・オ・ロムがおすすめだよ〜!

 

 

 

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 文化遺産の日 journee de patrimoine, hotel de ville ヨーロッパ文化遺産の日*Journées Européennes…
  2. フランス・リヨン最大の見本市 Foire de Lyon に行ってきたよ| リヨン最大の見本市 Foire de Lyon に行ってきたよ|…
  3. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain…
  4. わたしが作るのよりおいしい焼き菓子のあるカフェ|リヨン 日本女子におすすめしたい!おいしい焼き菓子のあるカフェ|リヨン
  5. フランス・リヨンのマルシェ リヨンのマルシェ|観光客が行きやすい8か所を厳選しました
  6. フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン AGUTTES フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン A…
  7. リヨンを船で散歩してみた!|ソーヌ河クルージング シティボート LYON CITY BOAT リヨンを船で散歩してみた!|ソーヌ河クルージング シティボート …
  8. カオスの館。リヨンで一番いいね!の多い美術館*La Demeure du Chaos カオスの館。リヨンで一番いいね!の多い美術館*La Demeur…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. トロペジェンヌの包装
  2. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  3. パリ・ベルティヨンのアイス

作りかた

  1. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  2. とろけるガトーショコラの作りかた gâteau au chocolat
  3. 甘くないタルト生地|パット・ブリゼの作りかた Pâte brisée

お菓子の歴史

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. マドレーヌの名前の由来
今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  1. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  2. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean
  3. フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ
  4. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  5. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  6. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  7. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  8. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  9. フランス・アルザス地方のクグロフ

Twitter

PAGE TOP