カフェ

フランス・リヨンの大人な落ち着いたカフェ|L’institution

リヨンの大人なカフェ|L'institution

今回は少し趣をかえて、少し上品な大人なカフェを紹介します。

フランスはカフェ文化っていうイメージでその通りなんですが、普通のTHE カフェっていうカフェは男性っぽいというか、女性が気軽に入りにくい雰囲気があるんですよね。今では、リヨンにもアメリカっぽいカジュアルめのカフェが登場してて、入りやすい雰囲気のカフェも増えてはきましたが、まだまだ少なめです。

リヨンの大人なカフェ|L'institutionリヨンの大人なカフェ|L'institution

[ http://www.linstitution-restaurant.com/ ]

紹介するのは、わたしたち日本人が想像するフランスらしいTHE カフェで女性でも入りやすいカフェです。そして、静かで落ち着いているのでゆっくりと過ごせます。

リヨンのコードリエ Cordeliers という街の中心でモノプリの前にあるので誰もが知っているカフェですが、中に入ると静かな時間が流れています。わたしは気分が散らかっている時(よくある)に落ち着くために来たり、がっつり勉強したいときや作業をしたいときに来てます。おすすめです。

ここのサービスはイケメンぞろいです。決してイケメン目当てではない…と思いたいけれど…、たまに目の保養をさせてください(笑

メニュー

リヨンの大人なカフェ|L'institutionリヨンの大人なカフェ|L'institution

café gourmand

デザート類も店での手作りなんだそうです。

  • café(エスプレッソ) 1,90€(午後は2,90€)
  • café crème(カフェクレーム) 4,90€
  • chocolat chaud(ココア) 5,50€
  • chocolat à lʼancienne « Institution » (ホットチョコレート) 6,90€
  • cappucino(カプチーノ) 5,50€
  • Thés(紅茶) 5,10€
  • Tarte praline 8,00€
  • Café ou thé Gourmand 8,00€

デザート類はほかにも日替わり等で種類があります。お値段はほかのカフェに比べるとちょっとリヨンでは高めですが、スタバくらいって考えるとなんだか普通の価格に思えてきます。フランスのスタバはちょい高めです。

店舗情報

L’institution ランスティチュシオン

  • 住所:24 Rue de la République, 69002 Lyon
  • 営業時間:月〜金曜 7時~24時、土曜日 7時~1時、日曜日 8時~24時

おすすめ関連記事♥

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス・リヨンの公園で丸1日楽しむ3つのこと|テットドール公園 フランスの公園で丸1日楽しむ3つのこと|リヨン·テットドール公園…
  2. フランス・リヨン最大の見本市 Foire de Lyon に行ってきたよ| リヨン最大の見本市 Foire de Lyon に行ってきたよ|…
  3. がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le grill de solaize がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le g…
  4. フランスのキャトルジュイエの花火 14 juillet Joyeux 14 juillet !! Fête nation…
  5. リヨン JEANNINE & SUZANNE|サラダランチのあるインテリアのすてきなカフェ リヨン JEANNINE & SUZANNE|サラダラ…
  6. マルシェ・ド・ノエル marche-de-noel-lyon マルシェ・ド・ノエル*Marché de Noël de Lyo…
  7. リヨン料理を食べるならおすすめしたいレストラン|ビストロ・ド・リヨン リヨン料理を食べるならおすすめしたいレストラン|ビストロ・ド・リ…
  8. フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン AGUTTES フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン A…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  2. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  3. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ

作りかた

  1. パンデピスのレシピ pain d'epice
  2. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  3. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. マドレーヌの名前の由来
パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  1. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  2. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  3. 朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  4. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  5. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  6. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  7. ガレットデロワ galette des rois
  8. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子

Twitter

PAGE TOP