レポート

第4のチョコ!ブロンド・チョコレートを試してみた

第4のチョコ?ブロンド・チョコレートを試してみた!

先日、リヨンでおこなわれたサロン・デュ・ショコラに行ってきたのですが、そこで、ブロンド・チョコレートを見つけてきました。

サロン・デュ・ショコラではたくさんのショコラティエが出展していて、タブレット(板チョコ)が販売されていたのですが、ブロンド・チョコレートを販売していたのはほんの数店舗でした。店員さんに聞いたところ、ブロンド・チョコレート自体を知らないっていうところもチラホラ。

ブロンド・チョコレートとは第4のチョコレートと呼ばれていて、今から注目されていくチョコレートです。今回は、ブロンド・チョコレートを紹介します。

チョコレートの種類

ブロンド・チョコレートは第4のチョコレートと呼ばれており、ほかの3つは「ダーク」「ミルク」「ホワイト」チョコレートです。

フランスの基準でのチョコレートの種類です。

  • ダークチョコレート(Chocolat foncé / noir):43%以上のカカオが含まれているチョコレート、ブラックチョコレートのこと
  • ミルクチョコレート(Chocolat lacté / au lait):ミルクが加えられたチョコレート
  • ホワイトチョコレート(Chocolat ivoire / blanc):カカオは含まれていなくて、カカオバターが20%以上含まれているチョコレート

これらの3つのチョコレートに続く第4のチョコレートがブロンド・チョコレートです。

ブロンド・チョコレートとは?

フランスのクーヴェルチュールメーカーであるヴァローナ Valrhona が開発した「ドゥルセ CULBEY 」というチョコレートです。その独特なブロンド色から第4のチョコレートと言われています。

ブロンド・チョコレート

開発したきっかけは全くの偶然だったそうで、ヴァローナのシェフがうっかりして、一晩中ホワイトチョコレートを焙炉に入れっぱなしにしていました。長時間焙炉に入れていたので、ホワイトチョコレートに程よいキャラメル感が生まれていたのをみつけます。それをきっかけに開発が始まり、何年もかけて製品化にこぎつけたんだそうです。

ですので、ブロンド・チョコレートはホワイトチョコレートからできていて、長時間焙煎しているので、ホワイトチョコレートを濃厚にした味わいがあります。

キャラメルのようにブロンド色をしていて、塩サブレのような香りがします。香りはホワイトチョコレートよりも強く、チョコレートの箱を開けるとふわっと高い香りがします。食感はねっとりとした舌触りで、しっかりと焼いたビスケットのようなやわらかい甘さがあり、少し塩味を感じます。

材料は?

ブロンド・チョコレートに表記されていた原材料です。ホワイトチョコレートから作られているので、もちろんカカオマスは含まれておらず、カカオバターが入っています。カカオ分は32%です。

  • カカオバター(Beurre de cacao)
  • 砂糖(sucre)
  • 全粉乳(lait entier en poudre)
  • 脱脂粉乳(lait écrémé en poudre)
  • 乳清(lactosérum)
  • バター(beurre)
  • 乳化剤(émulsifiant / lécithine de soja)
  • 濃縮自然バニラ(extrait naturel de vanille)

違うショコラティエでブロンド・チョコレートを購入したのですが、どちらも同じ成分表記でした。でも、2つはぜんぜん香りや味わいが違いますし、見た目の色も違い、ブロンド色が濃かったり薄かったりします。色が濃いほうが濃厚で深い味がしました。

いろいろなショコラティエのブロンド・チョコレートを試してみると違いがあり、おもしろいと思います。

ブロンド・チョコレート

濃厚なミルク感がして、口の中でゆっくりと溶けていきます。食べる前から香りが高いし、ホワイトチョコレートよりも深い味わいで、ミルクチョコレートのようにミルク感が強いです。おいしいですよー。

日本では、楽天でヴァローナから本物のブロンド・チョコレートが販売されています。ほかのメーカーからも販売されていますが、やっぱり試すなら本物がおすすめです。気になる方はどうぞ〜。

VALRHONA ヴァローナ バローナ フェーブ型 DULCEY ドゥルセ 35% 1kg

価格:4,272円
(2017/11/16 00:15時点)
感想(5件)

 

気軽にブロンドチョコレートを試したいという方には、ポッキーにもブロンドチョコレート味が出ましたのでぜひ!

グリコ ポッキー 贅沢ショコラティエ ロレーヌ岩塩とブロンドショコラ(4袋)【ポッキー】

価格:286円
(2018/5/6 13:49時点)

今回は、今注目されつつあるブロンド・チョコレートを紹介しました。ぜひ、試してみてください。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスお菓子屋さんで働く Stage スタージュ ジミーっ〜〜!*フランスお菓子研修日記
  2. 研修中のメレンゲ 粉まみれ、砂糖まみれパティシエールの仕事*フランスお菓子研修日記…
  3. リヨンのパティスリー SEVE セーヴ フランスはきっかけをつかむと早い!*フランスお菓子研修日記
  4. フランスでBIOのフランボワーズを摘む フランスの小さな村ノエド|BIOなフランボワーズ摘み
  5. フェーブ フランスパティスリーのガレットデロワのフェーブ
  6. パティスリー紹介 フランスのパティスリーで一緒に働いてるメンバー
  7. フランスお菓子屋さんで働く Stage スタージュ うそつきのはじまり、事件のその後*フランスお菓子研修日記
  8. フランスでのパティシエ研修 フランス人の寝坊の謝りかた、いや謝らない。それがフランス人*フラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス LU ビスケット
  2. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy
  3. フランスの中にあるスペインの町のお菓子

作りかた

  1. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  2. フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère
  3. プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé

お菓子の歴史

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  1. フランスのバゲット食べ比べ
  2. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  3. トロペジェンヌ
  4. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  5. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  6. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  7. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  8. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  9. フランス LU ビスケット

Twitter

PAGE TOP