お菓子の歴史

リヨンのクッション型のお菓子|クッサン・ド・リヨン Coussin de Lyon

リヨンの伝統菓子クッション

リヨンでいちばん有名なお土産お菓子であるクッサン・ド・リヨンというお菓子があります。今回はそのお土産菓子とその生まれた歴史を紹介します。

リヨンのクッションという名前のお菓子

リヨンには coussin de Lyon クッサン・ド・リヨンというお菓子があります。coussin de Lyon とは「リヨンのクッション」という意味です。

coussin de lyon クサン・ド・リヨン

中身はチョコレートのガナッシュ。とても濃厚。

ターコイズブルーの鮮やかな色のアーモンド生地(Pâte d’amande パート・ダマンド)の中にキュラソーで香りをつけたチョコレート生地を挟んでいるお菓子です。

小麦粉は使っていないので、コンフィズリー(砂糖菓子)にあたります。

甘みとお酒の強さが引き立っている濃厚なこのお菓子は、コーヒーとの相性が抜群に合うと思います。

リヨン市内にたくさん支店のあるVOISIN ヴォワザンでは、coussin de Lyon クッサン・ド・リヨン がきれいにディスプレイされています。パティスリーやお土産もの屋さんでも買うことができ、わたしが研修していたパティスリーでも売っていました。

リヨン市内ではよく見かける有名なお菓子で、リヨンを代表するお菓子のひとつです。

どうしてクッションの形をしたお菓子がリヨンを代表するのか?

それはリヨンの歴史に関係しているからなのです。クッサン・ド・リヨンができた経緯をみていきましょう。

クサン・ド・リヨンとフルヴィエールの丘の奇跡

リヨンの銘菓クッサン・ド・リヨンの由来にはフルヴィエールの丘と深い関係があります。

フルヴィエールの丘

Fourvière リヨン市街地から見上げるフルヴィエールの丘

14世紀にヨーロッパでペストが大流行しました。人口の1/3~2/3にあたる2,000万~3,000万人が死亡したと言われています。その後、17~18世紀にも何度か流行し、1643年にはリヨンにもペストが発生しました。

その頃、フルヴィエールの丘にはマリア像が捧げられていました。

ペストが広まり始めると、人々はそのマリア像に祈り、「7 libre リーブルのろうそく1本と1枚の金貨をのせた絹のクッション」を捧げました。

※リーブルとは:昔の重さの単位(1リーブル libre = 0.5kg 7 libre = 3.5kg)

時代や地域によって重さが微妙に違っていたらしいですが、libre リーブルが人が1日に必要な穀物の重さを基準にしていたそうです。その7日分ですので、とにかくとても大きなろうそくをささげたということですね。

リヨンフルヴィエールの丘

金のマリア像。修理のため地上で展示してました。

すると、祈りが通じてペストが治まり、人々は救われました。

この言い伝えにでてきた絹のクッションからクッサン・ド・リヨンが作られました。

作り始めたのはVoisin ヴォワザンという1897年に開店した老舗のコンフィズリーです。クッサン・ド・リヨンが作られたのは1960年のころでした。

それ以降、リヨンを代表するお菓子になり、お土産物としても有名になりました。

おすすめ関連記事♥

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. リヨンのアイス ショコラオランジュ きょうのおやつ*ショコラオランジュのアイス chocolat a…
  2. フランスLUのビスケット きょうのおやつ*バターサブレ LU sablé beurré …
  3. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子 ブーランジュリー2月のお菓子ビューニュを試してみたよ|リヨン郷土…
  4. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子 ベニエ Beignet|太る!フランスの2月に食べる穴のないドー…
  5. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne きょうのおやつ*マドモアゼル・トロッペジェンヌ Mademois…
  6. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子 ラ・コック|日本初公開なフランス地方菓子を全力で紹介!
  7. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子 オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ…
  8. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  2. フランス・アルザス地方のクグロフ
  3. パリ・ベルティヨンのアイス

作りかた

  1. ババロアの作りかた La crème bavaroise
  2. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  3. タルトタタンの作りかた・レシピ Tarte tatin

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
パンデピス博物館
  1. フランス LU ビスケット
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  4. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  5. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  6. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!
  7. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  8. パリのお菓子屋さん
  9. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた

Twitter

PAGE TOP