パティスリー

フランスで一番大きなタルト・オ・シトロン!

パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる

わたしが好きなお菓子のひとつにタルト・オ・シトロンがあります。レモンクリームのタルトです。

またまた、最近お気に入りのデリス・デ・サンスのタルト・オ・シトロンを紹介します。フランスのお菓子の大きさって日本のものよりも2倍くらいは大きいのですが、今回のデリス・デ・サンスのタルト・オ・シトロンは3倍くらいはありそうです。

お菓子の箱を開けた瞬間にあまりにも大きすぎてびっくりしましたもん。

タルト・オ・シトロンとは?

タルト・オ・シトロン Tarte au citron はレモンタルトのことです。フランスのパティスリーには必ず置いてあるくらいの定番なタルトです。

タルト生地にレモンクリームを詰めたもので、そのレモンクリームの上にメレンゲをのせたものとのせてないものの2種類があります。レモンクリームは甘酸っぱいので、酸っぱさを和らげるためにメレンゲをのせているんです。

タルト生地のサクサク感、レモンの酸っぱさと甘さのバランスがお店それぞれに特徴があるので、おいしいタルト・オ・シトロンを見つけるのはちょっと難しいです。

タルト・オ・シトロンのパーツの分析

まずは大きさから

タルトの長さが15cmくらいとかなり大きめです。パティスリーで作った時点ではおそらく直径30cmのタルト型で焼いたのではないでしょうか。それを6〜8等分したものかなって思います。タルトの長さも長いですが、幅も10cmあり、全体的にずっしりとした重さがあります。

こんな大きな貫禄のあるタルト・オ・シトロンを見たのは初めてです。

フランスのケーキの大きさは日本と比べると大きいほうで、中でもリヨンのパティスリーのお菓子は大きいサイズのものが多いようです。

パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる

ピンクのマカロンは直径8cm程度なので、大きさの違いが分かってもらえるかな

タルトのパーツ分析

底のほうから、

  • タルト生地:ブレゼ生地(甘くないタルト生地)
  • アーモンド生地(Pâte d’amande):ブレゼ生地の上にアーモンド生地がのっています。より生地にコクがでます。
  • クリーム:レモンクリーム
  • メレンゲ:イタリアンメレンゲかな?

アーモンド生地を挟んでいるのはちゃんとしたパティスリーだなぁって思います。味にアクセントがないとこの大きさは食べきれません。きっと。

下のブレゼ生地が固くってナイフで切るのもちょっと大変です。ただ、口に入れるとほろほろと崩れていく口溶けの良さがあります。アーモンド生地もレモンクリームの邪魔にならず、レモンクリームに深みを与えています。レモンクリームは甘酸っぱくてクリーミーで酸っぱすぎずちょうどよくってレモンの風味がしっかりとあります。メレンゲはフワフワとしてて、しっかりと膨らんでいるんですが口の中に入れるととろけます。

どこで買える?

よく行ってるいつもの デリス・デ・サンス Délice des sens で購入しました。おいしいパティスリーのお菓子はやっぱり試しておきたいです。

デリス・デ・サンスの店舗情報や住所は「デリス・デ・サンス DELICES DES SENS|リヨンの有名パティスリーを紹介」をみてね。

値段

3,80€

有名店でこの大きさならすごくお得な価格設定です。

このタルト・オ・シトロンの感想

ブレゼ生地がちょっと固いのがマイナスポイントですが、このくらい固く焼き上げないと、大きすぎるタルトをささえきれないのかもしれません。

バランスもよく美味しいって感じるタルト・オ・シトロンですが、さすがに大きすぎてひとりでは食べきれないので、誰かと分けて仲良く食べてください♥

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice des sens フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice de…
  2. タイで見つけたスイーツとお菓子を紹介! タイの伝統菓子から定番と流行のスイーツたち|バンコクを旅して見つ…
  3. 世界一おいしいマドレーヌを見つけた!セバスチャンブイエのおやつの…
  4. パリで一番かわいいお菓子屋さん*Chezbogato シェボガト パリのかわいすぎるお菓子屋さんには絶対行くべき!|シェボガト C…
  5. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  6. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス リヨンのクグロフ|パティスリーDélice des sens デ…
  7. いちばん好きなリヨンの有名お菓子屋さん|デリス・デ・サンス DE…
  8. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー セバスチャン・ブイエ Sébastien BOUILLET|リヨ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  2. きょうのおやつ*ムースリーヌ
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille

作りかた

  1. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  2. 固めが好き!材料3つだけの焼きカラメルプリンの作りかた
  3. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. マドレーヌの名前の由来
赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus
  1. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  2. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  3. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた
  4. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  5. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  6. ストラスブールのクグロフ
  7. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  8. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート
  9. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅

Twitter

PAGE TOP