作りかた

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

今回は、フランスにある材料だけで作る和菓子どら焼きの作りかたを紹介します。

フランスや外国で和菓子を作る際には日本食材店へ材料を手に入れる必要があり、材料だけで高額になったり、手軽に手に入らなかったりするので、作るのがめんどくさいですよね。

でも、どら焼きであれば、フランスのスーパーにおいている材料だけで作れます。しかも、日本の味と同じです。

どうしてもどら焼きが食べたくなったとき、パーティに日本のお菓子を作っていきたい時には最適です。

どら焼きの材料

 

あんこの材料

小豆(水煮缶) 250g
適量
砂糖 100g〜150g

*砂糖は好みで甘味をつけてください。100gは甘味が足りないなっていうくらいで、150gは甘味がしっかりついているという感覚です。

フランスのあずき(haricot rouge)

フランスのあずき(金時豆)

小豆はフランス語で haricot rouge (アリコ・ルージュ)といい、「赤い豆」という意味です。同様に「白い豆」という haricot blanc もあります。

フランスのスーパーには水煮缶として置いてあり、450mlサイズで1ユーロ程度と安価です。

ただ、日本の小豆ではなく、豆が大きめで、小豆ではなく金時豆です。BIOの店には小豆サイズの乾燥豆が置いてありますし、日本食材店には日本の小豆が輸入されています。

まぁ、フランスに住んでいるので、そんな細かいことにはこだわっていられませんので、フランスの haricot rouge 赤い豆をつかってあんこを作ります。

フランスではおかずとして食べますので、水煮缶は少量の塩で煮てありますが、甘く煮るので塩気は感じません。

味は金時豆なので、日本の小豆と比べるとちょっとだけ淡白ですが、あんこにすると差は分からなくなります。ですので、フランスのharicot rougeで十分にあんこが作れます。

こちらは日本食材店で購入した日本の小豆でぜんざいを作りました。こちらもぜひご覧ください。

参考記事:フランスでの小豆からぜんざいの作りかた

どら焼きの材料

*9cmの大きさのどら焼き6個分(どら焼き生地12枚分)

2個(120g)
砂糖 120g
小麦粉 150g
ベーキングパウダー 5g
50ml〜100ml
あんこ 適量

どら焼きの作りかた

まずはあんこから作っていきます。あんこは前日に作っておいてもいいです。

あんこを作ります

あずきの水煮缶の水分をこぼし、あずきを軽く水洗いします。

鍋に小豆と水(あずきがかぶるくらいの量)を入れ、中火にかけます。

沸騰したら弱火にし、砂糖を1/3量加え、10分程度煮ます。これを2回繰り返します。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

中火にして、水分を飛ばしていきます。

水分が少なくなったら、あずきをフォーク等でつぶします。

水分が少なくなり、へらで鍋の底をすべらせ筋が残ったらできあがりです。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

少しゆるめのあんこだと、どら焼きに塗りやすくなります。ラップで密着させて包み、冷蔵庫で冷やします。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

どら焼きを作ります

卵と砂糖をボウルに入れ、泡立て器で混ぜます。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

小麦粉とベーキングパウダーを加え、さらに混ぜます。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

30分ほど置き、生地をなじませます。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

焼く直前に水(50〜100ml)を加え、固さを調整します。お玉で持ち上げ、生地がするすると落ちていくくらいゆるめの生地にします。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

フライパンを火にかけ、少量の油をいれ、ペーパーで拭き取ります。

生地を上から落とし、7cm程度の大きさくらいにします。焼いているうちに伸びて9cmくらいになります。大きさは好みでかまいませんが、すべて同じ大きさにします。

弱火にしてフタをします。IH の場合は5(中火)にします。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

裏面が茶色に焼き色がついたら、ひっくり返します。裏面は軽く焼きます。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

焼き上がったら、2枚1組にしてラップを巻いておきます。生地が乾燥しないようにします。

焼いた生地の片方にあんこをのせます。写真はかなりもりもりのせています。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

あんこをのせていない生地をかぶせ、生地をおさえます。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

再度、ラップを巻きます。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

できあがりです。

フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

常温に置いて保存して、2日くらい保ちます。

もし、焼いている時に生地が固くできてしまっても、あんこを挟んでラップに包んでいたら翌日にはやわらかくなっていますよ。

フランス人はあんこの好き嫌いがあり、残念ながらわたしの周りではキライという人が大半です。ですので、独り占めできますっ!

ぜひ、フランスでどうしてもどら焼きが食べたくなったら、参考にしてみてください。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit …
  2. シナモンのクリスマスサブレの作りかた クリスマスのシナモンサブレの作りかた|フランス大使館のレシピをア…
  3. タルトタタンの作りかた・レシピ Tarte tatin タルトタタンの作りかた|本格的に生地から作る絶品のレシピ
  4. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 タルト生地は3種類の「特徴」と「使いわけ」かた
  5. ラスクの作りかた*パンが乾燥したら パンが乾燥したときに、手作りラスクの作りかた
  6. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  7. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた 冷蔵庫に残ったりんごとトマトでパウンドケーキを作ってみる
  8. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中 ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬け期間はいつ?実験中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  2. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  3. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子

作りかた

  1. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  2. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  3. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche

お菓子の歴史

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. マドレーヌの名前の由来
パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  1. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  2. フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ
  3. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  4. トロペジェンヌ
  5. トロペジェンヌの包装
  6. ストラスブールのクグロフ
  7. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  8. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  9. パリのお菓子屋さん

Twitter

PAGE TOP