フランス

フランス流チーズフォンデュの正しい食べかた|フォンデュ・サヴォヤード

フランス流チーズフォンデュの正しい食べかた|フォンデュ・サヴォヤード

フランス人ってチーズフォンデュを食べるときも丁寧です。

フランス人ってピザをナイフとフォークで食べるって知ったときも衝撃でしたけど、今回のチーズフォンデュの食べかたもフランス人ぽいなぁって。

では、チーズフォンデュのレストランから紹介していきます。

フランスのチーズフォンデュ

スキーバカンスでの山からおりた村の中心にあるレストランで、チーズフォンデュを食べてきました。

フランス語では、フォンデュ・オ・フロマージュ Fondue au fromageフォンデュ・サヴォヤード Fondue savoyarde (サヴィワ地方のフォンデュ)といったり、短縮してフォンデュとも言っています。

日本でも有名ですが、削ったチーズとワインを合わせて煮込んだもので、そこにバゲットをつけて食べる料理です。

フランス流チーズフォンデュの正しい食べかた|フォンデュ・サヴォヤード

フォンデュ・サヴォヤード

わたしが行ったレストランでは、フォンデュ・サヴォヤード Fondue savoyarde というメニューでした。正確に言うと、この村のあるのはサヴォワ地方ではないのですが、サヴォワ風のチーズフォンデュが食べれます。

チーズフォンデュの入った鍋と細かく切ったバゲットが出てきて、それぞれにサラダとシャルキュトリーが盛られてきます。シャルキュトリーは豚肉のソーセージやハムです。シャルキュトリーとバゲットをチーズにつけたり、そのまま食べたりします。

フランス流チーズフォンデュの正しい食べかた|フォンデュ・サヴォヤード

シャルキュトリー

チーズとシャルキュトリーだけを食べているとかなり塩っぱいので、生野菜のサラダがついてくるのかなって。

日本でのイメージはバゲットとじゃがいも、ウインナー、温野菜…っていうイメージだったんですが、フランスではこんな感じみたいです。初めて知った〜。

初めてのフォンデュ・サヴォヤードですが、ほんとにおいしくって最初はすごい勢いでもくもくと食べてしまいました。

お代わり自由

このレストランではチーズフォンデュはバゲットやサラダ、シャルキュトリーなどすべてお代わり自由でした。

フランス語でお代わり自由・食べ放題は à volonté(ア・ヴォロンテ)といいます。フランスにもビュッフェ形式や好きなだけお代わりできるレストランがあります。

この村のレストランではたいていフォンデュ・サヴィヤードがあって、お代わり自由っていうところも多かったです。

ただ、一皿でも結構なボリュームでお腹いっぱいになるのでお代わりする必要はないんですが、一緒に行った人の中に高校生の男子がいたのでめっちゃ食べてました。おいしいものをいっぱい食べれるのってうらやましいです。

チーズフォンデュの食べかた

チーズフォンデュって串に刺して、チーズをつけたら、串のまま口に持っていって食べるのかと当然思ってたんですけど、フランスではどうやら違うようです。

  1. バゲットを串に刺して、チーズフォンデュの中に入れてチーズを絡めます。
  2. お皿にバゲットを外して、ナイフとフォークで丁寧に食べます。

最初にそのまま串から食べてた自分が恥ずかしい…。でも、一口で食べれるんだから、わざわざナイフとフォークで食べなくたって…とは思うんですけどね。

フランス人は人が口に入れたものをみんなが使う鍋に戻すのはキライなんだそうです。鍋とかできないですね、フランス人とは。

あと、そのまま食べると熱いからっていう理由もあるようです。わたし的にはぜんぜん熱くないのに、ふーふーってめっちゃ冷ましてます。猫舌ですね。

フランスに来て、チーズフォンデュを食べる際にはみなさんも注意しましょう。

店舗情報

Restaurant La Bergerie

住所:14 Rue Jean Moulin, 38250 Villard-de-Lans

電話:04 76 95 10 34(人気店なため予約が必要です)

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. バンコクのタイ料理教室でチャーハンを作る タイの料理教室で本場チャーハンを作ったよ!箸休めにネギをかじる
  2. フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France 悪魔の橋!フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, L…
  3. バンコク旅行 ニューハーフショー バンコクでニューハーフショー!きれいなお姉さんとおじさんまで
  4. スイス・ジュネーブへの旅行 スイス・ジュネーブは最高にきれいで住みたい街だった
  5. アルザス地方コルーマルの街並み クリスマス時期のフランスアルザス地方コルマールの街歩き
  6. ホーチミンの料理教室 年末年始に3日間弾丸でホーチミンに行ってきた
  7. ホーチミンのコーヒー屋台 ホーチミンのコーヒ屋台
  8. ホーチミンのバインミー ホーチミンいろいろ*衝撃体験編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  2. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  3. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ

作りかた

  1. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  2. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  3. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. マドレーヌの名前の由来
ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  1. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  2. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  3. リヨンのチョコレート ベルナション bernachon
  4. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  5. トロペジェンヌ
  6. 赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus
  7. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編

Twitter

PAGE TOP