作りかた

ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬け期間はいつ?実験中!

ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

昨年のクリスマス頃にドライフルーツの洋酒漬けを仕込んでました。ブランデーにいくつかの種類のレーズンとイチジクを漬込みました。

好きなドライフルーツを好きな洋酒に漬けるだで簡単に作れるんですが、どのくらい洋酒に漬けていたら、ドライフルーツがどんな味になるのかを比較してるところです。こういうマニアックで細かいところ、好きです。

今回は、ドライフルーツの洋酒付けの作りかた、そして何ヶ月洋酒に漬けたらおいしくなるのかを比べて紹介したいと思います。ただいま、1ヶ月目を試してみました。長期企画になる予定♥

最後は1年後くらいになる予定ですので、気長にお待ちください。

 

ドライフルーツの洋酒漬けとは?

ドライフルーツの洋酒漬けとは、ドライフルーツを瓶にいれ、洋酒を注いで密封して保存させたもの。洋酒はブランデーやキルシュなど果物で作られているリキュールを使うのがおすすめです。

どんなドライフルーツを使うの?

ドライフルーツは乾燥したフルーツであればなんでも使えます。

フランスでスーパーなどで売られている一般的なものは、レーズン、アプリコット、ダーツ、プルーン、イチジクが多いですが、品揃えの多い店だとほかのドライフルーツが置いてあります。たくさんのドライフルーツを混ぜて作るとその分風味が広がりおいしくできます。

日本のスーパーでも同じようなドライフルーツがそろいます。

ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

ドライフルーツ Fruit sec

ドライフルーツの種類とフランス語
  • アプリコット Abricot
  • パイナップル Ananas
  • バナナ Banane
  • サクランボ Cerise
  • ダーツ Datte
  • いちじく Figue
  • キウイ Kiwi
  • マンゴー Mangue
  • メロン Melon
  • パパイヤ Papaye
  • もも Pêche
  • プルーン Prune
  • 洋梨 Poire
  • りんご Pomme
  • ぶどう Raisin

 

どんな洋酒をつかえばいい?

洋酒はフルーツが原料のリキュールや蒸留酒などのアルコールと相性がよく、アルコール度数が40〜50%程度のものがよいです。フルーツにはフルーツのお酒が合います。そりゃそうですね。

ブランデー Brandy

ブランデーとはぶどうのワインを蒸留して樽にいれ熟成させたもの。フランス語では Eau-de-vie オードヴィーという。フランスのアルマニャック(Armagnac)地方やコニャック(Cognac)地方でできたブランデーはその地方名が付いたブランデーで世界的にも有名。アルコール度数は40〜50%。

フランスではBrandy、Eau-de-vie、Armagnac、Cognac という名前で売られています。

キルシュ Kirsch

サクランボからつくられる蒸留酒。アルコール度数は40%くらい。

ラム酒 Rhum

サトウキビから作られる蒸留酒。アルコール度数は40〜50%。

そのほか、オレンジから作られているリキュールであるコアントロー Cointreau(アルコール度数40%)やグランマルニエ Grand Marnier(アルコール度数40%)がフルーツに合います。

ドライフルーツの洋酒漬けのレシピ

必要な道具

  • 瓶とフタ(ジャムの空き瓶でOK)
  • ザル

材料

  • ドライフルーツ:瓶に入る程度
  • 洋酒:瓶に入る程度

作りかた

ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

瓶とフタを沸騰させて乾燥させるだけで消毒は完了!

  1. 鍋水を入れ沸騰させます。沸騰させたお湯の中に瓶とフタを入れ、そのまま沸騰させます。5分程度沸騰させたら、瓶とフタを出し、口を下にして乾燥させます。
  2. 水を沸騰させます。ザルにドライフルーツを並べ、沸騰したお湯をドライフルーツにかけます。ドライフルーツの表面に油でコーティングされていることが多いので、それを取り除くためにお湯をかけます。油を除くとお酒が浸透しやすくなります。
  3. ドライフルーツの水分を軽く取り、瓶に詰めます。ぎゅうぎゅういっぱいに詰めます。
  4. 瓶に洋酒を注ぎます。なるべく空気が入らないように瓶一杯に注ぎます。
  5. そのまま保存します。

 

何ヶ月漬けるとおいしくなるか実験中…

2016年の12月に漬け始めました。ブランデーをつかって漬込んでいます。

1ヶ月目

ブランデーのアルコールがそのまま残っています。フルーツにもしっかりブランデーの香りと味がうつっています。

ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

1ヶ月目

また時間が経ったら更新します。次は3ヶ月後かな。お楽しみに。

 

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ りんごパウンドケーキの作りかた|朝ごはんにもぴったりな素朴なおや…
  2. とろけるガトーショコラの作りかた gâteau au chocolat しっとり生のようなガトーショコラの作りかた Gâteau au …
  3. タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucr…
  4. シュー生地の作りかた Pâte à choux 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à cho…
  5. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée タルト生地の基本|パット・サブレの作りかた Pâte sablé…
  6. さわやかオレンジのパウンドケーキのレシピ*Cake à l’orange fraîche さわやか生オレンジを使ったパウンドケーキの作りかた
  7. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた
  8. ホットケーキの作りかた|甘さ控えめ・焼き色しっかり・弾力あるけど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  2. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  3. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  4. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  5. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  6. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  7. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  8. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  9. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux
  10. しっとり生のようなガトーショコラの作りかた Gâteau au chocolat とろけるガトーショコラの作りかた gâteau au chocolat

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ
  2. フランス LU ビスケット
  3. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ

作りかた

  1. 生チョコレートタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ
  2. ババロアの作りかた La crème bavaroise
  3. 朝食用レーズンスコーンの作りかた

お菓子の歴史

  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
リヨンのチョコレート ベルナション bernachon
  1. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  2. フランス・アルザス地方のクグロフ
  3. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ
  4. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  5. フランスLUのビスケット
  6. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート
  7. フランスのガレット・デ・ロワ
  8. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  9. リヨンのアイス ショコラオランジュ

Twitter

PAGE TOP