作りかた

生レモンを使った爽やかなレモンパウンドケーキの作りかた

爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた

生のレモン汁をケーキに焼き込んだレモンパウンドケーキを作りました。フランスではこのケーキのことをガトー・ウィークエンド Gâteau week-end、ガトー・オ・シトロン Gâteau au citronともいいます。

今回は、生のレモン汁を使ってケーキに焼き込んでいるのですが、香りも風味もちゃんと残る作りかたをしています。そして、ベーキングパウダーを使って膨らませていないのもおすすめしたいポイントです。ベーキングパウダーを使っていないので、しっとりとしてキメの細かい生地にしあがります。ふくらし粉を使わなくてもちゃんと生地は膨らむんですよ。

作りかたの詳細は下記のサイトに写真多めで紹介しています。ぜひ参考に。

参考記事:ベーキングパウダー不使用、きめ細かい生地になるパウンドケーキの作りかた

レモンパウンドケーキの材料

16cmのケイクドロワ型1台分

レモン(大)1個
バター120g
砂糖90g(20g+70g)
2個
薄力粉130g
  • 大きめのレモンで果汁は大さじ3(30cc)くらいとれます。小さめのレモンの場合は2個程度使用してください。
  • 砂糖はカソナード(赤砂糖:Cassonade)を使っています。どんな砂糖でも可。

作る前の準備

  • バターと卵は作る1時間前までに冷蔵庫から出しておく。
  • 170度にオーブンを予熱し始める。
  • 型にバターを塗り、小麦粉をまぶし、冷蔵庫で冷やしておく。
爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた

パウンドケーキ型にバターを塗り小麦粉を振ったもの

パウンドケーキ型はこれを使っています:パウンドケーキを実力以上に焼けるおすすめの型

レモンパウンドケーキの作りかた

1. レモンを絞り、果汁をとる。30cc程度でOKです。レモン汁と砂糖の一部(20g)を小鍋に入れ、弱火で温める。煮詰めていき、少しとろみがついたら火を止める。レモン汁を冷ましておく。

爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた

カソナードを使用しているため茶色になっています。普通の砂糖の場合はもっと透明に近くなります。

1. バターをボウルに入れ、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。

2. 5回くらいに分けて砂糖を加え、都度混ぜ合わせ、全体が白っぽくふんわりとするまで混ぜる。

3.溶いた卵液を7回くらいに分けて加え、都度混ぜ合わせ、ふんわりとするまで混ぜる。

4.小麦粉を一気に加え、ゴムベラで切るように混ぜ合わせる。生地につやが出たらOK。

5.最後に1で作ったレモン汁を加え、汁気がなくなるまで混ぜる。

爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた

小麦粉を加えた後も艶が出るまで混ぜます。

6.型に生地を入れる。

5.型に生地を入れる。

平らにならし、真ん中当たりをへこますときれいに膨らみます。

7.オーブンに入れ、170度で40分程度焼く。型に入れたまま冷ます。

8.レモンパウンドケーキが冷めたら、レモン汁(大さじ1)と粉砂糖(大さじ5)でグラサージュを作り、パウンドケーキにコーティングしてもいいです。

爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた

グラサージュをかけても。

ぜひ、週末に試してみてください。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた 冷蔵庫に残ったりんごとトマトでパウンドケーキを作ってみる
  2. シュケットの作りかた Chouquette パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquett…
  3. マドレーヌのレシピ 秘密にしたい!はちみつマドレーヌの混ぜるだけ簡単レシピ
  4. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges フランス菓子の基本|ババロアの作りかた La crème bav…
  5. ババロアの作りかた La crème bavaroise フランス菓子の基本|クレーム・アングレーズの作りかた Crème…
  6. ブランデーのフルーツケーキの作りかた ブランデーのドライフルーツ漬けパウンドケーキのレシピ|漬込み期間…
  7. 生チョコレートタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ 生チョコタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ Tar…
  8. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中 ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬け期間はいつ?実験中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  2. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  3. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー

作りかた

  1. シュケットの作りかた Chouquette
  2. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた
  3. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた

お菓子の歴史

  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト
  1. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  2. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  3. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  4. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  5. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  6. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  7. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  8. トロペジェンヌ
  9. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy

Twitter

PAGE TOP