アルザス地方

メゾンパンデピス・リップス|アルザスお菓子の家を訪れる旅

gertwiller お菓子の家

きっかけはテレビ「世界ふしぎ発見」でフランス・アルザス地方にあるお菓子の家の特集を見たこと。
テレビの中ではお店の名前は「リップス」と読みだけで、スペルや住所の案内は全くなかったけど、フランス語とグーグルを頼りに探しだしました。Googleマップで見ても本当にこんな小さな村にあるのか不安たっぷりのスタートでした。

では、フランス東部の主要都市ストラスブール Strasbourg から出発します

ストラスブール駅出発 Strasbourg Gare

TER テー・ウー・エル 片道7.40ユーロ

TER というのはフランスの電車で普通電車や急行のこと。チケットや座席の予約は不要です。大きな街から町をつなぐ電車なので、小さな町へ出かけるのにぴったりです。

都会のストラスブールを抜けるとすぐに、畑が広がる風景になります。時々、小さな村というか家の集まりが見えてきます。

40分ほど電車に揺られて到着です。
ちなみに、到着駅の車内放送はありませんのでご注意を。到着時間と駅名を確認して乗り過ごさないようにちゃんと降りてくださいね。

ゲルトウィラー駅到着 Gertwiller

無人駅で改札口もありません。
すごくのんびりとした空気が流れてるのが分かります。

gertwiller 無人駅

gertwiller ゲルトウィラーの無人駅。ほんとに周りには何にもないの。

駅から遮断機をこえて、右に曲がってまっすぐに進んでいきます。あるのは民家のみ。

お菓子の家に到着

100mくらい歩いて広い道に出たら、そこはこの町のメイン通り。すぐ左手にお菓子の家発見!
ほんとうにお菓子の家なんだから、見つけた瞬間は心おどります。

gertwiller お菓子の家

リアルお菓子の家だ!お菓子好きにはたまらない

gertwiller お菓子の家

Père Nöel サンタさんがお出迎え

まずは、お店の周りを見ていきます。
隅々までお菓子の家!

gertwiller お菓子の家

お菓子の家の正面から右に回ったところ。ここもお菓子がたくさん。

gertwiller お菓子の家

壁の絵。ヘンゼルとグレーテルかな。魔女がリアル〜

gertwiller 市役所

お菓子屋さんの目の前は町役場。

十分に見終えたら、店内に入っていきます。
パンデピス Pain d’épice のお店なので、クッキー型のアルザス風のパンデピスがたくさん並んでいます。

gertwiller お菓子の家

Pain d’épice パンデピス スパイスのクッキーにアイシングで絵を描いています

アルザスで作られているパンデピスは、クッキーに表面にきれいにアイシングされているものです。
訪れたのがクリスマスシーズンということもあり、すごく華やかなデザインになっていました。

gertwiller お菓子の家

雑貨もたくさん置いていました。クッキーの型も!

店内には、パンデピスやショコラなどのプチガトー(小さなお菓子)、クリスマスの飾りなどが置いていました。広い店内に所狭しと並んでいて、まさにお菓子の家にふさわしい店内でした。

店員さんと少しお話をして、
「どこから来たの?」
「日本から来ました。テレビでこのお店のことを知って調べて来ました」
「そう、この前テレビの取材が来たの、それを見てわざわざ来たの?遠いところからありがとう。2階に博物館があるから見にいったらどう?」
「博物館?何の博物館ですか」
「パンデピスやクグロフの古い型がたくさんあるわよ」

ということで、博物館にも行きます!

関連記事:アルザスお菓子のパンデピス博物館


La maison du pain d’épices, Lips / メゾン・デュ・パンデピス リップス

住  所: 110 Rue Principale 67140 Gertwiller France
営業時間: 月曜〜金曜 8h-12h et 13h30-18h
土曜 8h-12h et 14h-18h
日曜 10h-12h et 14h-18h

リップスを紹介しているテレビ番組の動画がありました。



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 黄色の電車に乗る*南仏ランドック・ルシヨン 幸せの黄色い電車*Le train jaune
  2. ベジエでおいしい料理が食べるなら|レストラン l'Ambassade アンバサッド ベジエでおいしい料理が食べるなら|レストラン l’A…
  3. パンデピス博物館 パンデピス博物館に行ってみたよ!アルザスにあるリアルお菓子の家
  4. 勝手に世界ねこ歩き@南仏の最も美しい村 勝手に世界ねこ歩き@南仏の最も美しい村
  5. バンコク旅行 ニューハーフショー バンコクでニューハーフショー!きれいなお姉さんとおじさんまで
  6. アユタヤ ゾウに乗る アユタヤでゾウに乗って車道逆走する!
  7. バンコクでタイ料理教室 アジア感満載!バンコクの市場に行く|タイ料理教室に行く前にまずは…
  8. エッフェル塔のマルシェ・ド・ノエル エッフェル塔のマルシェ・ド・ノエル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  2. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート
  3. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ

作りかた

  1. シャルロットレシピ
  2. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. マドレーヌの名前の由来
プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  1. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  2. パンデピス博物館
  3. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  4. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ
  5. さわやかオレンジのパウンドケーキのレシピ*Cake à l’orange fraîche
  6. オレンジコンフィのレシピ|丁寧に作る極上の作りかた
  7. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  8. ストラスブールのクグロフ
  9. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

Twitter

PAGE TOP