フランス生活

うらやましすぎ!?フランスの小学校の先生という職業

うらやましすぎ!?フランスの小学校の先生という職業

うらやましすぎ!?フランスの小学校の先生という職業

 

 

フランス人の彼のお姉さんは公立の小学校の先生です。

 

小学校の先生らしく、元気で明るい性格です。

この前いた彼氏は、家で本を読んだりおとなしく過ごすのが好きな人だったらしく、それがいやで振っちゃいました。そんなの付き合う前に気づかない??ってのはわたしも思ったけど、言わないで〜。それくらいアクティブな人なんです。

 

なんか話を聞く限り、かなりうらやましそうな職業に思えたので紹介します。

 


バカンスが多くって長い!

 

フランスのサラリーマン自体、バカンスって多くって長いんですが、小学校の先生はそれを遥かに上回る多さなんだそうです。

ずばり、小学生とほぼ一緒にバカンスが取れるらしい。

 

夏のバカンスは、7月上旬から9月上旬まであります。なんと2ヶ月!

小学生が夏のバカンスに入った数日後に先生達もバカンスに入ります。日本みたいに登校日もないので、まるっと2ヶ月も休み。

 

そのほかにも、秋(11月頃)とクリスマス時期と春(4月)にも2週間のバカンスがあります。

 

ちなみに、フツーのサラリーマン(フランス人の彼)の場合は、夏が1ヶ月、秋とクリスマスと春が1週間ずつあります。フツーの人よりも2倍は軽くバカンスがあるんだそうです。

 


 

一週間の労働時間も短い

 

フランスの普通のサラリーマンは一週間あたりの労働時間は35時間と法律で決まっています。

小学校の先生は、週26時間程度なんだそうです。

小学生は水曜日が昼までだったり休みだったりするので、それにあわせて先生も休むんだそうです。生徒がいない時は先生も休み。

とは言え、授業の準備とかがあるので、なんだかんだで残業はしているんだそうです。それでも、仕事したくない人か準備がない日は定時で帰っちゃうんでしょうね。

 


 

そんなわけで、毎日の労働時間も短いし、バカンスがたくさんあるのがフランスの小学校の先生。

おそらく、毎日早い時間に帰宅できて、その後の時間も好きなことをやったりできるし、買物や料理とかの家事も余裕を持ってできる、子供の相手するのも余裕がある。バカンスも長いので、旅行もできるし、家族や友達との時間も取れる。公務員なので、将来のお金の心配は一切ない。かなり余裕をもった人生が送れる。

 

小学校の先生は子供達の基本の部分を教える職業なので、その先生が日々の暮らしでへんなストレスを受けたりしないようにしているんじゃないかって思う。働きすぎたり金銭的な不安があると、人って変な方向に行ってしまいがちなので、そのストレスを子供に向けさせないために、この余裕を持ったシステムになっているのではないかと。

 

たしかに、彼のお姉さんは余裕があると言うか、好きなことを迷わずやっている感じです。

 


勤務先は全国で選べる

 

転勤もフランス全国で可能なんだそうです。日本はたぶん都道府県での採用ですよね。

なので、希望を出せば、欠員が出るまで1〜2年はかかるそうですが、希望の地域へ転勤できます。

彼のお姉さんもはじめはリヨンで先生をしていたけど、南フランス(カンヌ)へ引越して、また転勤願いを出して、今度は両親宅の近くに転勤する予定なんだそうです。

 

※一応、小学校の先生であるお姉さんから聞いた話ではあるのですが、わたしのヒアリングミスもあるし、間違っているよ!っていう場合があるかもしれませんが、その時はコメントください。

 

こんなに恵まれている小学校の先生っていう職業はたしかにフランスでも人気の職業らしいですが、やっぱり向き不向きの強い職業なので、バカンスの多さだけでは選べないようです。

彼のお姉さんを見る限り、明るくて積極的で、元気な人が小学生の先生に向いているんだなぁって思います。

 

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス人の日曜日の過ごし方 地味すぎる?フランス人の日曜日の過ごしかたを調べてみたよ
  2. フランス大統領選挙2017|第1回目投票までの各候補者の動向をまとめてみました。 フランス大統領選挙2017|第1回目投票までの各候補者の動向をま…
  3. フランス人、2軒目の家を買う 2軒目の家を買うフランス人たち
  4. 夏のバカンス中のフランスの街はどうなっているのか?@リヨン 夏のバカンス中のフランスの街はどうなっているのか?@リヨン
  5. イライラ!分かりにくい滞在許可書更新の予約のしかた|リヨン・ロー…
  6. フランス生活 僕の彼女はセクシーでいてほしいための条件
  7. フランスの健康保険には無料で加入できるってホント?|Carte Vitale フランスの健康保険には無料で加入するしかた|Carte Vita…
  8. 2017年フランス大統領選挙の仕組み 2017年フランス大統領選挙の仕組みを簡単に説明|今知らないと次…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  2. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  3. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  4. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  5. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  6. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  7. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  8. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  9. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux
  10. しっとり生のようなガトーショコラの作りかた Gâteau au chocolat とろけるガトーショコラの作りかた gâteau au chocolat

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス・アルザス地方のクグロフ
  2. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ
  3. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子

作りかた

  1. フォンダン・オ・ショコラのレシピ
  2. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた
  3. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. リヨンの伝統菓子クッション
これがトップパティシエの実力なのね|SÈVE セーヴ
  1. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  2. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  3. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  4. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  5. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  6. リヨンの伝統菓子クッション
  7. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  8. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  9. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型

Twitter

PAGE TOP