リヨン

がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le grill de solaize

がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le grill de solaize

またまたレストランに行ってきました。

最初は旧正月の時期だから中華をさくっと軽く食べたいねなんて言ってたら、旧正月の休暇のためか、中華レストランが軒並み休み…。探しているうちに2時近くになって、おなかが空きまくったので、またしてもがっつり系のレストランになってしまいました。

一応これでも相方はダイエット中ですよ。

がっつり系に行ってしまうわたしらも悪いけど、がっつり系しかないリヨンのレストランも同罪だと思う。

ただね、ここの肉はすんごくおいしいんです。薪を使ったグリルで肉を焼いているので、普通のレストランでは出せない香ばしさなんですよね。肉の外を焦げる直前までこんがり焼いてて、中まで熱が伝わってるんです。肉は外側をしっかり焼いててわたしの好みの焼きかたです。

肉嫌いな人もここの肉は好きになるかも。

そして、ここのデザートもまたおいしいんです!かなりのボリュームなんですが、デザートはどれも自家製なので余計なものが入っていないし、新鮮でおいしいです。正直、わたしは肉も好きだけど、デザートのためにこのレストランへ行きたいっ!

どんなレストラン?

リヨン郊外のローヌ河沿いで、1972年から営業してる肉のグリル料理専門のレストラン。グリル専門のレストランは Grill グリルと言います。

どんな料理が食べれる?

Fait maison フェ・メゾンというマークがメニューに載っています。このマークがあったら自家製料理っていう意味で、おすすめな料理なのでぜひ選んでみてください。このレストランのメニューにもFait maisonがたくさん載ってます。このマークがあったらテンションが上がります♥

Fait maison フェ・メゾンといって自家製料理のマーク

Fait maison フェ・メゾン

おすすめ料理

  • La Cuisse de Canard Confite Maison – 200 g:鴨のもも肉の自家製コンフィ

コンフィとは鴨もも肉を鴨の脂に漬けて低温で揚げ焼きした料理。そのコンフィをさらにグリルで焼くため香ばしくなっています。

がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le grill de solaize

La Cuisse de Canard Confite Maison – 200 g:鴨のもも肉の自家製コンフィ

  • Les Deux Demi-Pieds de Porc Garnis – 500 g:豚足のグリル

1972年からのこのレストランのスペシャリテ(おすすめ料理)。豚足を煮てやわらかくしたあとにグリルで焼いた料理で、500gとかなりのボリュームですが半分は骨です。日本の豚足料理は食べれないけど、ここでグリルした豚足はおいしすぎてびっくりしました。

がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le grill de solaize

Les Deux Demi-Pieds de Porc Garnis – 500 g:豚足のグリル

牛肉のグリルもいいですが、正直おいしい牛肉のステーキはほかのレストランでも食べれるので、ここではこの2品がおすすめです。

そのほかにもグリル肉(牛・豚・鶏・鴨)があり、フリットやグラタン・ドフィノワ(じゃがいものグラタン)などのじゃがいも系やトマトや野菜系の付け合わせからを2種類選べます。どの料理もだいたい20ユーロ程度。

20cm以上の大きなお皿に肉と付け合わせがど〜んとのってきます。ほんとうにおなかを空かせていかないと食べきれないくらいの量ですが、でもすごいおいしい。女性でも食べれそうです。

デザート

  • Tarte Tatin, Glace Vanille et Chantilly:タルトタタン、バニラアイスと生クリーム添え
がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le grill de solaize

Tarte Tatin, Glace Vanille et Chantilly:タルトタタン、バニラアイスと生クリーム添え

タルトタタンはりんごをカラメル状に煮たタルトです。このタルトタタン、写真では分かりにくいかもしれませんが、長さが15cm程度もあるんです。日本のケーキの大きさの3倍くらいはありそうです。でもね、あったかいりんごと冷たいバニラアイスがこれまた合ってすっごくおいしいです。

  • Crème Caramel:プリン
がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le grill de solaize

Crème Caramel:プリン

クレーム・キャラメルはプリンのことです。こちらもまた大きくって、直径10cmくらいはありそうです。わたしの好きな固めの生地で、プリンを食べてる感がして好きです。

デザートはほとんどが自家製のもので、どれもものすごくボリュームがあります。だいたい6ユーロ前後と良心的な価格です。

上記のように単品料理頼むこともできますが、21ユーロのコース(前菜・グリル・デザート)もあります。

店舗情報

  • 住所:Chemin Départemental 12, 69360 Sérézin-du-Rhôn
  • ホームページ:grilldesolaize.com ネットで予約できます。
  • 営業時間:毎日、ランチとディナー
  • 電話:04 78 02 85 13

リヨン市内から車で10分で、高速道路A7の通り沿い。

おいしい肉が食べたい!って思ったときにおすすめしたいレストランです。

リヨン市内から少し離れたところにありますが、車で10分程度で着きます。わざわざ車で行ってでも食べたいお肉です。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. リヨンの陶器市 tupiniers リヨンの秋のイベント陶器市へでかける*Tupiniers du …
  2. 唯一、奇跡的にチーズケーキだけがおいしい人気のカフェ|Slake Coffee House チーズケーキがおいしい人気のカフェ|Slake Coffee H…
  3. リヨン JEANNINE & SUZANNE|サラダランチのあるインテリアのすてきなカフェ リヨン JEANNINE & SUZANNE|サラダラ…
  4. ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L…
  5. 穴場カフェ!ガダーニュ美術館の屋上テラス|リヨン旧市街 穴場!ガダーニュ美術館の屋上テラスカフェ|リヨン旧市街 Musé…
  6. リヨン料理を食べるならおすすめしたいレストラン|ビストロ・ド・リヨン リヨン料理を食べるならおすすめしたいレストラン|ビストロ・ド・リ…
  7. フランス・リヨンで自転車に乗る リヨンのレンタル自転車の使いかた vélo’v
  8. フランスのキャトルジュイエの花火 14 juillet 7月14日リヨンの花火

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  2. フランスのエクレア eclair
  3. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ

作りかた

  1. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée
  2. シュー生地の作りかた Pâte à choux
  3. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた

お菓子の歴史

  1. マドレーヌの名前の由来
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli
  1. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  2. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  3. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  4. トロペジェンヌ
  5. ストラスブールのクグロフ
  6. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  7. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum
  8. パンデピス博物館
  9. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅

Twitter

PAGE TOP