おやつ

誕生170周年!フランスのLUビスケットの紹介&日本で買える通販サイト

フランス LU ビスケット

こちらのブログでよく紹介したLUのビスケットですが、今回はLUの有名なビスケットの秘密をお話しします。

関連記事:一番大好き!スーパーにあるお菓子*LUビスケット

LU ビスケットの歴史

1846年に開業した人気のパティスリーで、1886年に Le petit beurre(ル・プチ・ブール)は生まれました。このプチ・ブールは小麦粉、バター、砂糖と牛乳で作られたシンプルなビスケットで、端がギザギザになっています。

1846年、ふたりのビスケット職人である Jean-Romain LefèvrePauline-Isabelle Utile が一緒にビスケットのレシピを作り上げました。ふたりの名前の頭文字を取って LU と名付けました。

1889年には、ルイ・ルフェヴルの工場で1日300kgのビスケットを生産し、その3分の1がプチ・ブールでした。1900年には le petit beurre の製造会社LUはパリで開催した万国博覧会でグランプリを獲得し、このビスケットのおいしさが世界中に広まりました。

今では、どのスーパーマーケットでもLUマークのビスケットが置いてあるほど、フランス国内で26%が消費されているそうです。

1846年にLUができてから、今年で170周年となりました。
 

ル・プチ・ブールの誕生のひみつ Le petit beurre

1886年、Jean-Romain Lefèvre と Pauline-Isabelle Utile のふたりがお茶の時間にテーブルセンターの刺繍にインスパイアされて、このギザギザの形を思いつきました。

LU ビスケット

イメージ:刺繍のテーブルクロス

ビスケットの四つ角にあるのは耳で4つの季節を表しています。耳と耳の間にある小さなギザギザは歯で全部で52個あり、1年の週の数を表しています。内側にある小さな点は24個あり、1日の24時間を表しているんだそうです。

お菓子ができた背景を知るともっとお菓子が愛着がわいて好きになるんですが、LU はわたし好みのかわいらしさです。おいしいしかわいいし、最高です。

LUのビスケットたち

定番のビスケットです。本物のバターの香りがしっかりしててさくさくでおいしい。

プチブールの記事:一番大好き!フランスのスーパーにあるお菓子|LUのビスケット

ミルクチョコレート好きにおすすめしたい。止まらないおいしさなミルクチョコレートのビスケットです。ミルクチョコレート好きにおすすめです。

Petit Ecolier Milk Chocolate Biscuits 150g(ミルクチョコレートビスケット)

ミルクチョコレートの記事:LUチョコレートビスケット|フランスのスーパーにあるお菓子

ちゃんとしたフランボワーズのジャムが船の形のクッキーの上に乗ったお菓子です。甘酸っぱくってこれもおいしい。

Bramboise Barquette 120g(フランボワーズバルケット)

見かけたらぜひ食べてみてください!

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子 プラリン・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子 P…
  2. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ ブリオッシュ・オ・ショコラ|フランスのパン屋さんのおやつ
  3. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  4. トロペジェンヌ タルト・トロペジェンヌ|サントロペの女の子という南仏の伝統菓子
  5. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  6. プラリネってなに? Praline プラリネってなに? Praline
  7. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne…
  8. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子 リヨンの地方菓子ビューニュ Bugne|マルディ・グラに食べる揚…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. きょうのおやつ*ムースリーヌ
  2. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  3. トロペジェンヌの包装

作りかた

  1. プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé
  2. りんごタルトのレシピ recette tarte aux pommes
  3. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

お菓子の歴史

  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. タルトタタン誕生の物語
リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  1. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  2. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  3. パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?
  4. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins
  5. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  6. ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest
  7. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  8. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  9. 朝食用レーズンスコーンの作りかた

Twitter

PAGE TOP