フランス菓子

ナンシー生まれのマカロン|フランスの地方菓子を見つけた!

ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy

フランスのマカロンには、わたしたちがよく見るカラフルでガナッシュが入っているものが有名ですが、各地方にも様々なマカロンがあるんです。

その中のひとつ、ナンシーという町で生まれたマカロンを紹介します。

ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy

Macaron de nancy ナンシーのマカロン

ナンシーのマカロンの由来

マカロンはルネサンス期にイタリア・フィレツェのCathérine de Médicis がアンリ2世と1533年に結婚した際に、パティシエ Florentin のレシピをフランスに持ち込んでマカロンが広まりました。

Cathérine de Médicis の孫であり、シャルル3世の娘である Catherin de Vaudémont がナンシーに修道院を建て、そこではは肉を食べるのは禁止と言った厳しい規律があったそうです。

フランス革命時の1772年4月5日、ふたりのベネディクト会の修道女が追われていたところを信者である医者 Docteur Gormand の家にかくまってもらった。お礼として、彼女らはマカロンのレシピと伝え、売り出すことを手伝いました。瞬く間にそのマカロンは評判となり広まっていき、そのマカロンは les sours Macarons と呼ばれました。200年以上、そのレシピは秘密にされたままなんだそうです。

1952年、ナンシー市(la ville de Nancy)は les sours macarons に敬意を表してその名前をマカロンが産まれた通り(10, rue de la Hache)に与えました。

ナンシーのマカロンの特徴

マカロン生地をシートの上に絞り、そのままオーブンで焼き、シートがついたまま販売しているのが特徴です。なので、食べるときに剥がして食べます。7cmくらいの大きさで、つるりとした表面ですが全体的にひび割れしています。アーモンドと砂糖、卵白とシンプルな材料を使ったナンシーのマカロンは、パリ生まれのカラフルなマカロンと違ってもっちりとしてて素朴な食感です。

ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy

Macaron de Nancy ナンシーのマカロン

作っているシェフによると、紙の下から湯気を当てたり、マカロンをコーヒーの湯気で数秒温めるとマカロンのやわらかさが復活するんだそうです。

ナンシーマカロンのお店

修道院で作っていたマカロンのレシピを今でも引き継いでいて、その本物のマカロンに会うことができるんです。スタニスラス広場の近くのナンシーの町の中心にある Maison des soeurs macarons(メドン・デ・スール・マカロン) という名前のお店です。姉妹のマカロンっていう意味です。

Maison des soeurs macarons(メドン・デ・スール・マカロン)

Maison des soeurs macarons(メドン・デ・スール・マカロン)

ふたりの修道女からマカロンの作りかたが始まって以来、いくつかの家族が引き継ぎ、現在のシェフの父親が1991年に、ニコラ氏 Nicolas GÉNOT が2000年11月に引き継ぎ、現在まで続いているとのこと。

彼はほかの職人にも奥さんにさえ、レシピは秘密にしているんだそうで、作る時もラボにこもってひとりで作るんだそうです。1日200~250ダース(2400個以上!)のマカロンを毎日生み出しています。

材料は、プロバンス地方で採れたアーモンド、砂糖、卵白と非常にシンプルなものですが、配合と作りかたは彼だけの秘密です。

Maison des soeurs macarons の紹介動画↓

ナンシーマカロンのパティスリー

MAISON DES SOEURS MACARONS
21 RUE GAMBETTA 54000 NANCY

  • 月曜  :14h〜19h
  • 火〜金曜:9h30~12h30, 14h~19h
  • 土曜  :9h~19h

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. パリ・ベルティヨンのアイス ローストパイナップルと生バジルのアイス
  2. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子 ノルマンディ地方のおいしいものがつまったタルト|タルト・ノルマン…
  3. フランスの中にあるスペインの町のお菓子 フランスの中にあるカタルーニャの町のお菓子*リヴィア Llivi…
  4. プラリネってなに? Praline プラリネってなに? Praline
  5. トロペジェンヌの包装 一度は食べたい!大きすぎるなタルト・トロッペジェンヌ
  6. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子 ラ・コック|日本初公開なフランス地方菓子を全力で紹介!
  7. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille 定番お菓子フランスのミルフィーユとは?|Mille feuill…
  8. トロペジェンヌ タルト・トロペジェンヌ|サントロペの女の子という南仏の伝統菓子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  2. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ
  3. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre

作りかた

  1. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  2. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  3. フォンダン・オ・ショコラのレシピ

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  1. フランスでぜんざいの作りかた
  2. トロペジェンヌの包装
  3. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  4. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  5. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  6. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  7. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum
  8. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  9. フランス・アルザス地方のクグロフ

Twitter

PAGE TOP