材料・道具

プロも使ってる!フランスにあるお菓子道具専門店|パリ・リヨン編

プロも使ってる!フランスにあるお菓子道具専門店|パリ・リヨン編

フランスに住んでてお菓子を作りたい、フランスで製菓道具を買いたいと考えている方も多いのではないでしょうか。でも、どこにお菓子の道具って売っているのか、どこで買うのがいいのかって思いませんか。

今回は、フランスのパリ&リヨンにあるお菓子の道具・材料・器具が買えるお店を紹介します。プロが使う道具もフランスだと日本よりも安く買うことができますよ。

パリにある製菓道具専門店

パリにはレアル(Les Halles)地区に料理・製菓道具の専門店が並んでいます。そこに行けば、プロ用や家庭用の道具が揃っています。

パリのレアルにある製菓専門店はガイドブックに載ってたりするので有名ですが、それらの有名店のほとんどはフランスの地方にも支店を持っていますので、地方在住の方も購入することができます。

MORA(モラ)

こちらもレアル地区にある製菓道具専門店です。プロが使う道具を一般の方向けに販売しているお店です。

料理や製菓・パンに関する道具や機器、シュガーケーキ・アイシングクッキーで使う道具や着色料、コックコート、ラッピング用品、専門本などを販売しています。製菓用の道具はかなり充実しているので、お菓子作りしたい方におすすめ。

日本で有名な Matfer(マトファー)社の商品もあり、日本に比べるとかなり安く買えます。為替にもよりますが半額以下になります。例えば、パウンドケーキ型は日本で買うと5,000円はしますが、フランスだと10€程度です。

日本人の店員さんもたまにいらっしゃるようです。

  • 住所:13, Rue Montmartre, 75001 Paris
  • WEB:http://www.mora.fr/fr/index.asp

A. Simon

料理と製菓の道具専門店です。プロも使っている道具が置いてあります。を購入することができます。向けではなく一般の人向けのラインナップです。1階には食器などがあり、2階には製菓道具があります。

スタンダードな型のほか、フランスの地方の型といったマニアックな型もあります。

リヨンにも支店があります(下記に詳細)。

  • 住所:48, Rue Montmartre, 75001 Paris
  • WEB:http://asimon.donpanchomexicanfood.club/

E. DEHILLERIN

プロ用の料理と製菓道具のお店で、中に入ると棚いっぱいに所狭しと商品が並べてあります。

なんの表示もまく、どの道具をどう使うのかよく分からないかもしれません。商品名や値段も書かれてないので、店員さんに聞かないといけません。あらかじめほしいものを決めて、お店に行くといいと思います。

型などは業務用の大きめサイズが多いようです。

  • 住所:18-20 Rue Coquilliere, 75001 Paris
  • WEB:https://www.edehillerin.fr/fr/

LA BOVIDA

料理・製菓用の道具専門店です。パリ以外にもフランス各地に28店舗あります。料理や製菓で必要な基本的ないい道具が揃っているっていう印象です。

  • 住所:36, rue Montmartre 75001 PARIS
  • WEB:https://www.labovida.com/

G. DETOU

こちらは道具ではなく、製菓用の材料を販売している店です。スーパーなどにも材料は置いていますが、量が少なく割高ですし、本格的な材料がほしいという方におすすめです。

  • 住所:58, rue Tiquetonne 75002 Paris

リヨンにも店舗があります。(下記に詳細あり)

リヨンにある製菓道具専門店

プロ仕様!パリ・リヨンにあるお菓子道具専門店

リヨンにはパリや東京のような道具が集まっているエリアはないのですが、料理・製菓専門店はいくつかあります。

LA BOVIDA

上記のパリにもあり、フランス各地に店舗を持っています。

リヨンの店舗はこじんまりとしているのですが、料理・製菓の道具、コックコート、キッチンエイドなどのマシンが揃っています。プロが使っている道具が販売されています。きちんと商品は並んでいて、値段も表示されています。

  • 住所:8 rue Ferrandière Lyon
  • WEB:https://www.labovida.com/

Thevenon cuisine Passion

ポールボキューズのマルシェの正面入口のすぐ目の前に位置している料理・製菓の道具を販売しています。こちらもプロが使う道具なのですが、高級品がそろっています。ポールボキューズ市場には高級な食材が集まる場所ですので、立地的にも高級路線なのかもしれません。

ちなみに、前の通りを渡った建物内(ポールボキューズ市場の横)に同じ名前の店舗がありますが、そこはプロ用の店で、業務価格のためかなり安いです。ただ、一般の人は購入できません。

  • 住所:05- 107 Cours Lafayette Lyon
  • WEB:http://www.cuisineetpassion.com/

A. Simon

パリにも店舗のある製菓・料理道具専門店です。フランス製の道具が揃っています。製菓に必要な道具はひと通り揃っていて、値段は上の2店舗よりも価格の安い商品が揃っています。問屋みたいな雰囲気もあります。

ベルクール広場のすぐ近くにあり、下の G. DETOU と同じ通りにあります。

  • 住所:6 rue du Plat 69002 Lyon

G. DETOU

G. DETOU とは J’ai de tout. を文字って名付けたそうです。製菓用の材料を販売しています。小麦粉や砂糖やバターというお菓子の基本材料の業務用サイズはなく、クーヴェルチュールチョコレートやナッツ系、ナパージュなどの専門的な製菓材料を取り扱っています。リヨン名物のピンクのプラリネも置いてあります。

専門的な材料にもかかわらず、午後はマダムがたくさん訪れています。

以前は、A. Simon の隣りにありましたが、今は同じ通りを100mほど南に行ったところへ移転しています。

  • 住所:12 Rue du Plat, 69002 Lyon

Déco’ Relief

製菓道具の専門店で、シュガーケーキやアイシングクッキーなどのデコレーション系、チョコレートの型などが豊富に揃っています。シュガーペースト、ナパージュや着色料などデコレーションの食品もたくさんあります。パリやボルドーなどにも店舗があります。

製菓を学ぶ学生やプロであれば、割引してくれます。

  • 住所:70, rue Auguste-Comte 69002 Lyon
  • WEB:https://www.deco-relief.fr/

La cuisine D’émilie

家庭用のキッチン用品の売り場です。ココット鍋や包丁などの高級な商品が揃っています。

住所:18 Rue de Brest, 69002 Lyon

Scrap cooking

シュガーケーキ、マジパン、アイシングクッキーを作るための道具が揃っています。女子や子供ウケしそうな商品が置いてあります。

  • 住所:4 Rue de Brest, 69002 Lyon
  • WEB:http://www.scrapcooking.fr/

Alice Délice

家庭用の料理・製菓の道具、キッチン用品などが揃っています。

  • 住所:80 Rue du Président Edouard Herriot, 69002 Lyon
  • WEB:https://www.alicedelice.com/

リヨンで製菓道具を買うなら、A. Simon が安くていいものが揃っているし、本格的でプロっぽいものを目指したいのであれば LA BOVIDA をおすすめします。

ひとつの店に全部すべての製菓道具が揃っている訳ではないみたいですので、いろいろな店舗で値段や製造国やメーカーを確認して、ひとつずつ見極めて選んでいくといいと思います。製菓道具は長くもちますので、使いやすくていいものを選びましょう。

いかがでしたか。今回は、パリ&リヨンにある製菓材料・道具の専門店を紹介しました。フランスでお菓子を作りたい、フランスで製菓道具を買いたいという際には、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスのバターの種類 フランスのバターの基礎知識
  2. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型 パウンドケーキおすすめの型マトファー社ケイクドロワ|実力よりおい…
  3. フランスの砂糖の種類と使い方 フランスの砂糖|甜菜から作るヴェルジョワーズとは?
  4. カカオ豆はたったの3種類!希少すぎるクリオロ種ってなに? カカオ豆はたったの3種類!希少すぎるクリオロ種ってなに?
  5. フランスの牛乳の種類 フランスの牛乳はなんで常温なのか?ギモンを解消!
  6. もう迷わない!お菓子作りに使えるフランスのたまごのサイズと選び方 もう迷わない!お菓子作りに使えるフランスのたまごのサイズと選び方…
  7. フランスの小麦粉の種類 お菓子とパンにあう!フランスの小麦粉の選びかたのまとめ
  8. カカオ豆の「産地」とその違いによるチョコレートの「特徴」 カカオ豆の「産地」とその違いによるチョコレートの「特徴」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. きょうのおやつ*ムースリーヌ
  2. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  3. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子

作りかた

  1. マンゴーヴェリーヌのレシピ Verrine à la mangue
  2. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  3. フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. マドレーヌの名前の由来
わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん
  1. フランス LU ビスケット
  2. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  3. フランスLUのビスケット
  4. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト
  5. チョコレートスコーンの作りかた
  6. リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli
  7. パリのお菓子屋さん
  8. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  9. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman

Twitter

PAGE TOP