コラム

フランスの2017年マルディ・グラはいつ?|クレープを食べる日

早いもので今年ももう2月に入りました。

2月になるとフランスでは、ビューニュという揚げ菓子がお菓子屋さんに並び始めます。それはマルディ・グラというイベントが始まるからです。

もうすでにリヨンのお菓子屋さんやパン屋さんにはビューニュという揚げ菓子がたくさん並んでいましたよ。

お菓子研修 bugne

2月にはビューニュが店頭に並びます

ビューニュってなに?という方は「マルディ・グラに食べるフランス・リヨンの地方菓子|ビューニュ Bugne」をみてね〜。

そして、マルディ・グラにはクレープを食べるっていう習慣もあるんだそうです。2月もお菓子を食べるのに忙しい月です。

ということで、今回はマルディ・グラってなに?っていうことと、今年のマルディ・グラの日程をおさえておきます。これで、たのしい2月を過ごせるはずです。

マルディ・グラってなに?

マルディ・グラ Mardi gras とは、フランス語で「肥沃な火曜日」といわれます。Mardi が火曜日、Gras は脂を指します。日本ではあまり聞き慣れない言葉で、キリスト教のイベントです。

マルディ・グラは毎年同じ日にちではなく、毎年違う日にちである移動祝日なんです。マルディなのでその言葉通り、火曜日に行われます。復活祭の日にちの47日前と決められていて、カーニバルの最終日であります。

このカーニバルが終わると、キリスト教では四旬節と呼ばれる40日間の禁欲生活が始まります。この期間は「1日1度だけの食事」「肉・卵・乳製品は食べてはいけない」という厳しいきまりがあります。でも、今では断食は一般的には行われていません。

食事制限をしないといけないため、その前にごちそうをたくさん食べて、この断食機関を乗り切ろう!っていうイベントです。

また、乳製品や卵などを使い切るために、クレープやビューニュといったお菓子を作って食べる習慣ができました。

 

今年2017年のマルディ・グラはいつ?

2月の月末ですので、2月いっぱいはビューニュがお菓子屋さんに並んでいると思います。でも、勢いのある最初のうちにビューニュを食べることをおすすめします。

  • 2016年2月9日
  • 2017年2月28日
  • 2018年2月13日

マルディ・グラに食べるお菓子は?

マルディ・グラでは昔の庶民にとってのおいしいものを食べるっていうところが特徴なんです。

フランスのマルディ・グラで食べるお菓子は、定番のビューニュのほかに、クレープを食べる習慣があります。クレープとビューニュはどちらも卵と砂糖をたくさんつかうし、卵を使い切るのに最適だからなのかもしれません。そして、断食期間前に栄養もつけれます。

現在では、断食もしないし、キリスト教の意味も薄れてしまっていますが、クレープやビューニュを食べるという習慣だけ残っています。イベントにのってフランスの2月を楽しみましょう♪

キリスト教でのきまりごとっていう大義名分をつけて、誰にも文句を言われずにお菓子を食べたいのかなぁってわたしは思ってます。

でもで〜も、わたしもしっかりとこのイベントに乗っかってます。ビューニュもクレープも食べるよ!

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ? 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  2. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅 フランス・ナンシーのお菓子をめぐる旅
  3. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い キャトルカールとパウンドケーキの違いとレシピ
  4. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille フランス人によるミルフィーユの美しい食べ方かた
  5. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた フランスのパティスリーのお菓子の包装4パターン|かわいい?雑?
  6. パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…? フランスのパン屋ポール PAUL|日本のと違いは…?
  7. フランスのバゲット食べ比べ バゲット食べ比べとおいしいバゲットの見分けかた
  8. ストラスブールのクグロフ フランス・アルザス地方のお菓子をめぐる3泊4日の旅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ
  2. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  3. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット

作りかた

  1. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges
  2. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  3. ババロアの作りかた La crème bavaroise

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. マドレーヌの名前の由来
リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli
  1. フランス・アルザス地方のクグロフ
  2. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  3. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  4. ストラスブールのクグロフ
  5. これがトップパティシエの実力なのね|SÈVE セーヴ
  6. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  7. フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?
  8. リヨンの伝統菓子クッション
  9. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子

Twitter

PAGE TOP