フランス

丘の上の廃墟 フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

悪魔の橋から丘の上にある鐘の塔まで歩いて行きます。

悪魔の橋の記事はこちら

丘を登る途中には家があって、その間にある細い通りを歩いて上がります。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

もちろん人が住んでいるんですけど、車も通らない狭い道で丘の上にあるからやっぱり不便。上に行けば行くほど空き家(売出中・貸出中)になってました。頂上のいちばん塔に近い家も売出中。とても古い家だけど、買うならすごく高いって言ってました。フランスでは不便でも古い家のほうが価値があるんだそうです。なので当然高くなります。

暑い中ようやく登りきって、丘の上に到着です。丘の上には城の跡と鐘の塔が建っています。中世の頃にはこの丘の上の部分に領主たちが住んでいたんですね。

Castrum et Clocher

この古い塔は12世紀に鐘の塔に建て替えられたそうです。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

Clocher

この塔の周りにある廃墟は17世紀にリシュリューの命令により破壊されました。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

Castrum

破壊されたのは200年以上前だけど、その跡も残っているなんてすごいなぁって思います。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

Castrum

CUSTRUM という言葉は、フランス語でもなくラテン語なんだそうですが、砦や要塞を意味しているんだそうです。

上から下をみてみると、川に囲まれた丘の上にあるっていうことがよく分かります。この立地だと確かに敵は攻めにくいなぁって思います。昔は車ももちろんないし、便利なものもなかったから、この丘まで攻めるのは難しかったんだろうなぁって。その頃は、この悪魔の橋しかかかってなかったから、そこを守れば要塞は守れるので。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

頂上に登ると風も吹いてて気持ちいい!ほんとに森に囲まれているのが分かります。現代の今でも。

手前にはさっき渡った悪魔の橋も見えます。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

Pont Diable 悪魔の橋

ここにもこんな時間だけど観光客がいました。やっぱり人気みたい。

丘から降りる途中にも狭いけどかわいいお店や家が並んでいます。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

仕事があるなら、こんなゆっくりとした町で生活するのもいいなぁって思います。仕事があればね。

「フランスの最も美しい村」の探しかた

① サイトから探す。サイトの右端にある選択バーから選べます。
Le plus velles villages de France
圧倒的にフランス中部から南部にかけてが多いみたい。

② 観光案内所で探す。その町の周辺の町のパンフもあるし、行き方もちゃんと教えてくれますよ。小さな村なので日帰りや半日あればまわれますよ。

Olargues

アクセス:
エロー県 Hérault 内からだとバスで行けます。料金は距離にかかわらず1.60€。
バスのHP

-ベジエ Béziers からは30分〜45分
-モンペリエ Montepellier からは1時間15分
-トゥールーズ Toulouse からは2時間

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. シャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエル パリのシャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエル
  2. タイのバンコクとアユタヤで勝手に世界ねこ歩き 勝手に世界ねこ歩き@タイのバンコク編
  3. ストラスブールのクグロフ フランス・アルザス地方のお菓子たち
  4. バンコクの渋滞 バンコクって想像以上に大都会!バイヨークスカイ84階からの夜景
  5. フランスの小さな村でピクニック フランス夏の日曜日の過ごし方、ピクニックに行こう!|リヨン近郊の…
  6. バンコクのタイ料理教室でマッサマンカレーを作る タイで本場マッサマンカレーを作る料理教室に行ってきたよ!
  7. アルザスコルマールのマルシェ・ド・ノエル アルザス地方コルマールのマルシェ・ド・ノエル
  8. タイ・バンコク 脳みそが溶けそうなくらい暑い国タイから帰ってきました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子

作りかた

  1. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou
  2. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  3. シナモンのクリスマスサブレの作りかた

お菓子の歴史

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  1. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  2. ブリオッシュ・オ・ショコラ Brioche au chocolat*今日のおやつ
  3. トロペジェンヌの包装
  4. パンデピス博物館
  5. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  6. 朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  7. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  8. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  9. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス

Twitter

PAGE TOP