フランス

悪魔の橋!フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

ラマローでの1日。
朝ごはん食べて、さんぽして公園でのんびりして、日が強くなる午後にはシエスタ、夕方からまた出かけてごはん食べて、また涼しくなる夜にさんぽ。こんな感じでなにもしないのが、フランスのバカンスみたい。

わたしも最初はなにもない町だから仕事でもしようと思ってたけど、こんなのんびりな町で仕事をするのは場違いっていうことに気づく。なにより暑い天気のせいでなにもする気が起きない。

日が低くなる夕方から、ラマローの近くにあるオラルジュ Olargues という小さな村に旅してきました。出発は16時過ぎ。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

バスで30分くらい。
きれいな山道を通っていきます。ぶどうの畑もたくさん。ワインがたくさん生産されるのが分かる風景。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

途中、少し大きめの町も通っていきます。山と山の間に町があります。

オラルジュ Olargues という小さな村は、「フランスの最も美しい村」に登録されています。

フランスの最も美しい村 Le plus beaux villages de France

1982年にフランスで設立された「質のよい遺産を多く持つ田舎の小さな村の観光を促進する」ために作られた協会。とても厳しい選考基準を設けていて、認定後にも基準が守られているかどうかの審査が続くそうです。

選考基準は、
・人口が2000人以下
・最低2つの遺産・遺跡(景観、芸術、科学、歴史の面で)があり土地利用計画で保護のための政策が行われていること
・コミューン議会で同意が得られていること

景観を壊すような建物の建設などは制限されるため、経済発展はできないけど、観光の面ではプラスになります。
2014年10月現在、157の村が認定されています。

村のひとつひとつは知らなくても「フランスの最も美しい村」っていうのがあるっていうことは聞いたことあるので、観光面ではかなりのプラスだと思います。この日も、バカンスの季節なので、夕方なのにもかかわらず観光客(わたしたちも)がいました。

そして、夕方なのでお店はあんまり開いていないけど、しっかりと観光案内所は開いていました!

この日は金曜日だったけど、翌日は土曜日でイベントが用意されているそうなので、もっとたくさんの人出になるんだろうなぁ。南フランスの小さな町のイベントって楽しそうなんですよね。ゆったりしてるし。

村に入っていきます。村の入口に「フランスの最も美しい村」に登録された看板があります。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

Le plus beaux villages de France

入口から小さな端を渡って丘の上にその村があります。村が、丘の上にあったり川に囲まれているということは昔繁栄した領域という証拠です。昔は敵が頻繁に攻撃しているので、領主が身を守るためには、敵が簡単に領主内に入ってこないようにするためには川や丘が必要なんです。そういう場所が選ばれます。

ヨーロッパでは、丘の上や川に挟まれた場所に昔の遺跡が残っていることが多いのです。

オラルジュ Olargues でも、3方向を川に挟まれていて城や教会は丘のいちばん上にあります。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

丘の上にあるのが12世紀に造られた教会のあと。残っているのはこの部分のみです。

村には2本の橋が架かっていて、そのひとつがとても古い橋。Pont Diable 悪魔の橋という意味の橋が架かっています。

Pont Diable 悪魔の橋

12世紀に造られた古い石造りの橋で、1916年に歴史的建造物(Historique Monument)に登録されました。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

Pont Diable 悪魔の橋

なんで、悪魔の橋っていう名前なのかの明確な記述は探してもなかったのですが、ヨーロッパでは昔から「悪魔の橋 Pont diable」という名前に名付けられた橋があり、悪魔が橋を造ったとか手助けをしたという言い伝えがあるんだそうです。

中世の頃には、アーチの形をした橋は建設が難しく、かなりの技術が必要だったんだそうです。そのため、完成したのは悪魔が造ったからだと言われているんだそうです。

ヨーロッパで最も悪魔の橋が多いのはフランスです。

橋を渡ると石造りのためか安定感があります。とても1000年以上もそのままとは思えないくらいに。中世の頃できたので、もちろん車が通れるサイズではありません。馬が通れる程度かな。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

Pont Diable 悪魔の橋

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

橋の下に降りてみます。透き通ってて冷たい川の水です。ここで足をつけたら生き返った!この日も35℃以上の猛暑日。

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

フランスの最も美しい村へ旅する*Olargues, Le plus beaux villages de France

Pont Diable 悪魔の橋

たびはもう少し続きます。

Olargues

アクセス:
エロー県 Hérault 内からだとバスで行けます。料金は距離にかかわらず1.60€。
バスのHP

-ベジエ Béziers からは30分〜45分
-モンペリエ Montepellier からは1時間15分
-トゥールーズ Toulouse からは2時間

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. ベトナム・ホーチミンの屋台 ホーチミンいろいろ*屋台の手作りお菓子
  2. ホーチミンのバインミー ホーチミンいろいろ*衝撃体験編
  3. シャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエル パリのシャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエル
  4. ベトナム・ホーチミンで料理教室 ベトナム・ホーチミンで料理教室|トムヤンクン
  5. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編 パリで有名パティスリーめぐり*サンジェルマンデプレ編
  6. gertwiller お菓子の家 メゾンパンデピス・リップス|アルザスお菓子の家を訪れる旅
  7. 昔のパン焼き釜 ノエド Nohèdes 200年前のパン焼き窯*60人の村ノエド Nohèdes
  8. フランスの小さな村でピクニック フランス夏の日曜日の過ごし方、ピクニックに行こう!|リヨン近郊の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子
  3. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ

作りかた

  1. フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère
  2. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  3. ラスクの作りかた*パンが乾燥したら

お菓子の歴史

  1. マドレーヌの名前の由来
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  3. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅
  4. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  5. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  6. リヨンのチョコレート ベルナション bernachon
  7. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  8. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン

Twitter

PAGE TOP