フランス生活

フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

フランスでのパクス(PACS)の手続きの流れをくわしく解説します。

以前までは、パクスの手続きは裁判所でおこなわれていましたが、2017年11月1日より役所(Mairie)となりました。ですので、住んでいる管轄の役所で手続きをおこないます。

まず、パクス PACS とは「連帯市民協約」という意味で、同姓・異性同士の性別に関係なく,成年に達した二人の個人の間で、安定した持続的共同生活を営むために交わされる契約のことです。

難しいとか、複雑で時間がかかると聞いていたパクスの手続きですが、びっくりするほど簡単です。

パクス PACS についてはこちらの公式サイトで確認してください。

Service-Public

パクス PACS のための必要書類

まず、パクスPACSのために用意する必要書類は、住んでいる市役所(MAIRIE)で確認します。

ネットでもろもろ調べたり、人に聞いたりするよりも役所に行くと手続きがすべて分かるのでスムーズですよ。←コレ大切!

後に書きますが、アポスティーユの有無を知るためにもまずは市役所に行きましょう。

市役所に行き、パクスをする旨を伝えると契約書や必要書類などを教えてくれます。(ハズです)

すでにご存知だと思いますが、担当者によって知識の差があるので、知らない担当者に当たったら担当を変えて聞いてみましょう。ずうずうしく。

パクス PACS のための必要な書類は以下の通りです。

  1. パクスの契約書4セット
  2. 出生証明書 ACTE DE NAISSANCE
  3. 慣習証明書 CERTIFICAT DE COUTUME
  4. 身分証明書

詳しく説明します。

パクスの契約書4セット

パクスをするための契約書で、必要事項(住所、出身地等)を記入し、ふたりそれぞれのサインをします。

これは市役所でもらえます。また、サイトでもダウンロードできますが、市役所でもらうほうが確実です。

出生証明書 ACTE DE NAISSANCE

出生証明書という証明書は日本にないため、日本人の場合は「戸籍謄本」を取り寄せて提出します。

戸籍抄本ではなく「謄本」のほうなので注意しましょう。

慣習証明書 CERTIFICAT DE COUTUME

慣習証明書というものも日本には存在しないため、日本人の場合は「身分証明書」を取り寄せて提出します。

フランスの慣習証明書には「破産、禁治産、準禁治産の宣告、後見登記の通知を受けていない旨」が書かれており、その旨の証明が必要なのです。それらの証明は日本の「身分証明書」にかかれてあります。

戸籍謄本と身分証明書の提出のしかた

日本にいる家族などに依頼して、役所で「戸籍謄本」と「身分証明書」を発行してもらいます。

その原本をフランスまで送付してもらいます。

それらの書類はフランス語で示す必要があります。

在フランス日本国大使館や領事館にて、これらの書類をもとに証明書を発行してもらいます。翻訳というよりかは証明っていう感じです。

自分の証明書をもとに必要書類に記入して、それをもとに翻訳の証明書を作ってくれます。

そのために最寄りの大使館や領事館に問合せてください。郵送でも対応してくれます。

ちなみに、手数料は

  • 戸籍謄本:10ユーロ
  • 身分証明書:35ユーロ

また、市役所 Mairie によっては法定翻訳家(TRADUCTEUR ASSERMENTÉ)の翻訳を必要とするところもあります。この件も事前に市役所に確認してください。

アポスティーユ

アポスティーユとは、日本の官公署、自治体等が発行する公文書に対する外務省の証明のことです。

上記ような戸籍謄本や身分証明書などの日本で発行した書類を証明するためのもので、外務省にて証明をしてもらいます。

パクスの書類を提出する役所によっては、このアポスティーユが必要となってくる場合があります。必要かどうかは役所によって違うため、提出する役所に聞いてみるのが手っ取り早いです。

必要な場合は、日本で書類を取り寄せた後に、日本の外務省へ依頼する必要があります。

フランスに送付する前におこないましょう。ですので、まず市役所で問合せるっていうのは重要です。

特に、パリの役所ではアポスティーユを求められることが多いそうです。

ちなみに、リヨンの役所では「アポスティーユ???」って感じでした。不要です。

身分証明

本人を証明するものです。

日本人の場合は、パスポートや滞在許可書です。フランス人は身分証明のカードを持っています。

これらは提出するのではなく、提示するだけです。コピーは取られます。

パクス PACS の手続きの流れ

パクスの手続きをするための流れです。とてもシンプルです。

市役所に電話または訪問して、パクスをする日の予約をします。

直接役所に行ったほうが話がスムーズになります。もうご存知かと思いますが、電話でうまくいくことなんてないですー。あるけど。

念のために、市役所を訪問した際に必要書類が正しいかを確認してもらうことをおすすめします。

予約日当日に役所に行き、再度身分証明(パスポートや滞在許可書)を提示し、契約書にサインします。

パクスの契約は無料でおこなえます。

これで、完了です。

公証人に依頼する方法もある

上記で説明した市役所で手続きをする方法以外には、公証人 Notaire に依頼する方法があります。

その場合は、400ユーロ程度の費用がかかります。

一方が外国人の場合、パクスの手続きが複雑で時間がかかると聞いていたので、そのときには公証人に依頼しようと思っていましたが、実際には市役所での手続きも簡単だったので依頼することはなかったです。

日本での書類準備などからやってくれるんだったら、メリットは大きいとは思うんですがさすがにそこまではやってくれないです。

以上、フランスで日本人とフランス人がパクス PACS する際の必要書類と手続きの流れを紹介しました。

とにかく、まず最初に役所に行って問合せてみるっていうのが、手続きをスムーズにおこなうコツです。

必要な方は参考にしてみてください。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス語でなんて紹介されると恋人なのかの疑問を解消! フランス人彼氏になんて紹介されると彼女なの?
  2. フランスビジタービザ申請書類 【まとめ】フランスのビジタービザ申請の必要な書類と注意
  3. リヨンでバスケットボール観戦!*ASVEL Lyon-Villeurbanne チアのTバックがちらりっ!*リヨンでバスケットボール観戦!
  4. 一緒に暮らして分かったフランス人のキライな食べ物 フランス人の嫌いな食べ物|一緒に暮らして分かった3つのもの
  5. ビザ申請にフランス大使館へ行く フランス大使館に行く*フランスビジタービザ申請編
  6. 滞在許可書の手続きがおわったよ〜 @リヨン・OFII 移民局 フランス滞在許可書の手続きのしかた |リヨン・OFII 移民局
  7. フランスのカフェ フランスで働く日本人はいじわるなの?
  8. フランスの健康保険には無料で加入できるってホント?|Carte Vitale フランスの健康保険には無料で加入するしかた|Carte Vita…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. トロペジェンヌ
  2. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ
  3. フランスの中にあるスペインの町のお菓子

作りかた

  1. マンゴーヴェリーヌのレシピ Verrine à la mangue
  2. 濃厚なガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  1. これがトップパティシエの実力なのね|SÈVE セーヴ
  2. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  3. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  4. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  5. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  6. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  7. ガレットデロワ galette des rois
  8. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  9. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子

Twitter

PAGE TOP