レポート

スイーツ好き女子が1日でパリのお菓子屋さんを10軒まわってみた

パリのお菓子屋さん

1日でパリのパティスリーを何軒まわれるか挑戦!

今回は「焼き菓子」がテーマ。

朝9時にスタートです。

パリのお菓子屋さんを集めたガイド本です。こちらで予習もできますよ。

9時 Arnaud DELMONTEL

1軒目は Arnaud DELMONTEL(アルノー・デルモンテル)に行きます。

このブーランジュリーは毎年パリで開催されている「バゲットコンクール」で2007年に1位に輝いたことのある有名店です。

フランスではパン屋さんがケーキなどのお菓子を作っている店が多いのですが、この店もケーキ類がたくさん並べてあります。パン屋さんのケーキは少し大きめの大雑把な店も多いのですが、この店はすごく繊細で美しいケーキばかりです。

パリのお菓子屋さん

Arnaud DELMONTEL アルノーデルモンテル のお菓子たち。パン屋さんだけどアントルメもあります。

次は、Arnaud DELMONTELの真向かいにあるローズベーカリーにいきます。

9時30分 Rose Bakery

2軒目はローズベーカリーです。東京・丸の内や羽田空港にもあるローズベーカリーのパリ本店です。

日本のと違うのはケーキの大きさです。

スペシャリテのにんじんケーキは高さ10cm以上あって、手に取るとずっしりと重く感じます。にんじんケーキを入れている箱は紙コップを逆さにしたようなデザインでとてもかわいいし、いいアイデア!

ローズベーカリーのキャロットケーキ

ローズベーカリーのキャロットケーキ。大きさ10cm以上!

ここでは、キャロットケーキと赤いフルーツのケイクを購入。

ROSE BEKERY ローズベーカリーのケイク

Cake aux fruits roses 赤いフルーツのケイク

パウンドケーキはショーケースに並んでいるのは長さ50cmくらいと長い!それを量り売りで売っています。

「1個ください」で一人分の大きさに切ってくれます。2人分でもちゃんと2つに切ってくれます。

次に向かいます。

徒歩だと7分程度でつくはずですが、ちゃんと地図を確認していなくってメトロに乗ってしまった…。大回りで30分程度もかかってしまいました。こんなこともあるさ。

11時5分 Aurore Capucine

3軒目は Aurore Capucine オノール・キャプシヌに行くつもりでしたが…。

なんと!休み!残念…。

ちゃんと調べて定休日を外してきたはずなんだけど…これがフランス!HPの情報は当てになりません。確実にいきたい時は電話をおすすめします。

お菓子屋さん、閉まってます

シャッタが閉まってます…とほほほ

ここは、一番行きたかったところなのに〜残念。

さあ、気を取り直して次です!

Cadet → Palais Royal-Musée du Louvre

メトロで移動。20分

12時15分 ANGELINA

ご存知、アンジェリーナです。

銀座プランタンにありますね。こちらもケーキの大きさが日本と違います。

ANGELINA アンジェリーナ

ANGELINA アンジェリーナに着いた!お客さん多い〜

スペシャリテのモンブランはパリのはげんこつ大のずっしりとした重さがあります。

1日でめぐるパリのお菓子屋さんめぐり

アンジェリーナのモンブラン

サントノレ通りに向かって歩いていきます。

 

12時55分 Chocolat MICHEL CLUIZEL

5軒目は、Chocolat MICHEL CLUIZEL ショコラティエ・ミシェル・クリュイゼルです。

ここはまだあまり知られていないかもしれませんが、おいしいショコラティエです。

一般のショコラティエは、クーベルチュールチョコレートをブレンドしてチョコレートを作るのですが、ここはカカオから作るのです。フランスでもこの方法をとっている本物のショコラティエは数店しかありません。

Chocolat MICHEL CLUIZEL

Chocolat MICHEL CLUIZEL ミシェル・クルィゼル

またまた歩いて向かいます。

寄り道しながら休憩しながら到着。

14時35分 STOHRER

6軒目はこれまた有名なお菓子屋さんンストレーにやってきました。

老舗中の老舗、1730年、ルイ15世の時代に開店しました。

マドレーヌやババなどを考案したお菓子好きで食いしん坊な王様、スタニスラス王のお抱えシェフのお店なのでおいしくないはずがないというお墨付きだと思います。

STOHRER ストレー

STOHRER ストレー

そのまま歩いて

15時45分 Pain du sucre

疲れも見え始めた7軒目は、日本の製菓専門誌によく載っているパン・デュ・スクルです。

ポンピドゥーセンタの真裏にあります。同じ通りはおいしいお店が多いので要チェックです。

このパティスリーはアントルメもとても美しくておいしいのですが、焼き菓子も形がかわいらしくておいしいのです。

PAIN DE SUCRE パン・ドゥ・シュクル

PAIN DE SUCRE パン・ドゥ・シュクル

こちらでは、ケイクとギモーブをいくつか購入。

歩いた道のりはこちら。

サントノレ通り→ストレー→ポンピドゥーセンター

次はメトロに乗って移動します。

M4 Réaumur Sébastopol : St-Sulpice

16時35分 Pierre Hermé

おなじみですね。8軒目はピエール・エルメです。

ここのイスパハンを初めて見たときに、こんなに美しいケーキがあるんだととても感動して、お菓子を作ることに興味をもったパティスリーです。

PIERRE HERMÉ ピエール・エルメ

PIERRE HERMÉ ピエール・エルメに着いた

ここでは、マカロンの大きいのと小さいのをいくつか、はまっているレモンタルトを購入。

ピエールエルメのレモンタルト

Tarte au citron タルト・オ・シトロン

タルト生地の敷き込みがきっちりと直角になっていてとても美しかった。形がきれいだと生地がちゃんと焼けてるからサクサク。

ピエールエルメのマカロン

Macaron 大きめのマカロン

ピエールエルメのレシピで焼き菓子を作りたい場合は、この本がいちばんおすすめです。いつもの焼き菓子よりぐんと大人な味になります。

小走りでつぎに向かいます。

買った焼き菓子をもって歩いているので結構大変です。

17時15分 LADUREE

なんだかんだで有名店なラデュレですが、ディスプレイなどやっぱり流行の発信地なのでチェック。

最後はこちらへ。歩いて向かいます。

18時 Gerard Mulot

最後のオオトリはジェラール・ミュロです。

こちらはパティスリーだけではなく、チョコレートやパンや総菜など食品総合店というようなお店です。お昼や夕方にいくと長い列が並んでいるほどの人気店です。オーナーのミュロ氏はよく店頭にたって注文を取ったり働いていらっしゃいます。

伝統菓子ももちろんあるんですが、伝統菓子をアレンジしたものもあるので楽しみなお店です。たくさん種類があるので迷いに迷ってしまいます。

ここでは珍しいかたちの正方体のクレモンティーヌのケイクとマカロンなどいくつか購入。

4cmくらいの真四角って言うのがめずらしいでしょ。なかには生のみかんがごろっと入っていました。焼き菓子なのにジューシー。

Gerard Mulot ジェラール・ミュロ

Gerard Mulot ジェラール・ミュロ クレモンティーヌの四角のケーキ

ちょうど10店舗まわったところで弾丸旅終了です!

パン屋さんとお菓子屋さんは朝早くから開いています。夕方になるとお菓子が売り切れることもあるので、朝早くにはじめるのがポイント。

途中寄り道したり、道に迷ったり、間違ったりしても1日で10店舗はまわれました。

焼き菓子をテーマにしてパティスリーを見て回ると、お店の特徴が見えてきておもしろい。

ぜひ、パリでお気に入りのお菓子をさがしてみてください!

パリでお菓子屋さんをたくさんまわりたいときは、スマホの地図(Google Map)があるとかなり便利です。旅行中も使えるWifiを持っていくことをおすすめします。わたしみたいに迷わないように〜。

ユーロデータのレンタルWifiはヨーロッパ専門なので最安値です。

パリのお菓子屋さんのおすすめ記事

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. リヨンのチョコレート博物館 MUSCO カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO…
  2. フランスのパン 15歳でパティシエになる決断をする国*フランスお菓子研修日記
  3. フランスお菓子屋さんで働く Stage スタージュ 事件です!パティスリーが開きません!*フランスお菓子研修日記
  4. リヨンのパティスリー SEVE セーヴ 運命の出会い*フランスお菓子研修日記
  5. パティスリー紹介 フランスのパティスリーで一緒に働いてるメンバー
  6. 第4のチョコ?ブロンド・チョコレートを試してみた! 第4のチョコ!ブロンド・チョコレートを試してみた
  7. パティスリー研フランス・パティスリー研修1日のスケジュール|実際に働いた経験を元に修 フランス・パティスリー研修1日実際のスケジュール
  8. フェーブ フランスパティスリーのガレットデロワのフェーブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. トロペジェンヌ
  2. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  3. フランスの中にあるスペインの町のお菓子

作りかた

  1. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  2. シュー生地の作りかた Pâte à choux
  3. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. タルトタタン誕生の物語
パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  1. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  2. ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest
  3. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy
  4. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  5. トロペジェンヌの包装
  6. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた
  7. 赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus
  8. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  9. わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん

Twitter

PAGE TOP