作りかた

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

パット・シュクレ Pâte sucrée とはタルト生地のひとつで、ほかのタルト生地と比べると生地がぎゅっとして密度が高く、割れにくいのが特徴です。

フランスのパティスリーの基本であるタルト生地であるパット・シュクレの作りかたを紹介します。本場フランスの作りかたと材料で説明していきます。

道具

  • ボウル Cul-de-poule ( Bol )
  • ヘラ Spatule exoglass
  • スケッパー Coupe – pâte / コルヌ Corne

Cul-de-poule とは「鶏のお尻」を意味するのですが、お菓子作りで使うようなステンレス製の大きめのボウルのことを指します。

材料

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

★直径22cmのタルト型1台分

バター 100g 100g de beurre
グラニュー糖 80g 80g de sucre
50g 50g d’oeuf
薄力粉 200g 200g de farine T55
ひとつまみ 1 pincée de sel

バターは冷蔵庫から出し、少しやわらかなポマード状 Pommade にしておきます。

シュクレ生地の作りかた

  • 作成時間:13分

1. ボウルにバターとグラニュー糖を入れ、白っぽくなるまで混ぜ合わせます。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

バターが固くてヘラでは混ぜにくい場合は、指を使って練るように混ぜます。手の熱も加わり、バターがやわらかくなります。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

このように砂糖がしっかりとバターに混ざり、白っぽくなるまで混ぜます。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

2. 卵を一気に加えます。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

ヘラで混ぜ合わせます。スクランブルエッグのようにバターのかたまりが出てきてもかまいません。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

卵を一気に加えるので分離しますが、後に粉としっかり混ぜ合わせます。

3. 作業台の上に小麦粉と塩をのせます。手の拳をつかってくぼみを作ります。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

そのくぼみの中に②で作った卵液を加えます。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

4. スケッパー Coupe – pâte をつかって粉類と卵液を混ぜ合わせていきます。卵液が粉の壁からこぼれないように気をつけます。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

混ぜ合わせる際は、切るように混ぜます。練ると柔軟性がつきすぎます。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

粉の部分が少なくなるまで混ぜ合わせます。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

ある程度、混ぜ合わさったら手を使って生地を集めます。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

5. 手のひらを使って、生地を台の上をこすらせます。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

この作業のことを Fraiser (フレゼ)といい、生地がなめらかで材料が均一になるようにする働きがあります。フレゼ Fraiser する前の生地に比べると、なめらかになっているのが分かります。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

6. 平たく伸ばしてラップに包み、冷蔵庫で冷やします。

タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

できあがりです。生地を伸ばしてタルト生地を敷きます。

タルトの基本

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 朝食用レーズンスコーンの作りかた 朝食用レーズンスコーンの作りかた|牛乳使用でざくざくした食感の素…
  2. ホットケーキの作りかた|甘さ控えめ・焼き色しっかり・弾力あるけど…
  3. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 タルト生地は3種類の「特徴」と「使いわけ」かた
  4. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche…
  5. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à …
  6. マンゴーヴェリーヌのレシピ Verrine à la mangue 夏のデザート、マンゴーヴェリーヌの作りかた*Verrine à …
  7. プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé ラガーマン!?だっこくまクッキーの作りかた
  8. ブランデーのフルーツケーキの作りかた ブランデーのドライフルーツ漬けパウンドケーキのレシピ|漬込み期間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. フランス・アルザス地方のクグロフ
  3. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子

作りかた

  1. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  2. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  3. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. リヨンの伝統菓子クッション
フランスのパティスリーのお菓子の包みかた
  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  3. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー
  4. ガレットデロワ galette des rois
  5. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  6. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  7. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  8. トロペジェンヌ
  9. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy

Twitter

PAGE TOP