レシピ

茹でずに作るラザニアのレシピ|手作りするとほんとに美味しくできるよ!

ホワイトソースも手作り!簡単にできて満点なラザニアのレシピ

これは彼からの100点満点が出たレシピです。フランス人にも大人気です。夜ごはんがラザニアだったらテンションが上がるようです。

ホワイトソースを手作りするとこんなにもおいしいものかとびっくりです。ホワイトソースから作るってすごく難しくて手間がかかりそうなイメージですが、意外に簡単に、しかも材料も家にあるようなもので作れるんですよ。

そして、ラザニアの生地は茹でずに作ります。下ゆでしなくてもボロネーズソースとホワイトソースの水分で茹でていきます。ラザニア生地を茹でるのはめんどくさいのでいつもこの方法でラザニアを作っています。下ゆでしなくてもちゃんと生地にがちょうどいい固さになります。

ちょっとの手間をかけただけで、すっごく美味しくできるし、喜ばれるしうれしい限りのレシピです。

さあ、作っていきましょう!

ラザニアの材料

6人分の分量です。

ボロネーズソース

ラザニア乾燥生地8枚
トマトピューレ600g
牛ひき肉400g
たまねぎ1個
にんじん1個
にんにく2かけ

※にんじんはなければ省略可。

調味料

オリーブオイル大さじ2
ハーブ(バジル・タイム等)大さじ1
砂糖小さじ2
小さじ1
胡椒小さじ1/2
エメンタルチーズ120g
パルメザンチーズ60g

※ハーブは乾燥で可。なければ省略も可。

※チーズも2種類ない場合は、とろけるチーズ(Fromage râpé)で代用してください。

※砂糖を加えるとトマトの酸味がやわらかくなります。

ホワイトソースの材料

ホワイトソースはフランス語でベシャメルソース(la sauce Béchamel)といいます。

バター70g
薄力粉70g
牛乳600g
胡椒少々
ナツメグ(仏:noix de muscade)小さじ1/3

調理器具

  • フライパン
  • 片手鍋
  • オーブン皿:あらかじめラザニア生地のサイズと合わせましょう
  • 泡立て器
  • 木べら、フォーク等の炒めるための器具

できあがりまでの時間

  • 準備 : 1時間以内
  • 焼成 : 200度で50分程度

作りかた

行程を細かく分け、丁寧に説明していきます。

ボロネーズソースの作りかた

  1. 野菜を切っていきます。にんにく、たまねぎ、にんじんはすべてみじん切りにします。
  2. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかけ、炒めます。
  3. にんにくの香りが出てきたら、たまねぎとにんじんを入れ、弱火で炒めます。
  4. 玉ねぎがしんなりしたら、牛ひき肉を入れ、炒めます。
  5. 牛ひき肉に焼き色がついたら、トマトピューレ、塩、こしょう、ハーブ類を加えます。
  6. 蓋をして弱火のまま15分程度煮込みます。

このくらいのタイミングでオーブンを余熱にかけます。

ホワイトソースの作りかた

ボロネーズソースを煮込んでいる間に、ホワイトソースを作っていきます。

  1. 片手鍋にバターを加え、弱火にかけます。
  2. バターが完全に溶けたら、小麦粉を一気に入れ、弱火のまま炒めていきます。
  3. バターと小麦粉が合わさり、かたまりができます。
  4. 牛乳を少しずつ加えて、泡立て器で混ぜていきます。
  5. ゆるいとろみがついたら、塩と胡椒、ナツメグを加え混ぜ合わせます。

仕上げ

オーブン皿に、ホワイトソース、ボロネーズソース、ラザニア乾燥生地、チーズを敷いていきます。

順番:ラザニア生地→ホワイトソース→ボロネーズソース→ラザニア生地→ホワイトソース→ボロネーズソース→エメンタルチーズ→ラザニア生地→(繰り返す)→ラザニア生地→ホワイトソース→パルメザンチーズ

ラザニア生地は4段(全部で8枚)使います。

200度のオーブンで50分ほど焼きます。

ホワイトソースも手作り!簡単にできて満点なラザニアのレシピ

ラザニアのできあがりです!

うまく作るコツ

  • ボロネーズソースとホワイトソースはあまり煮詰めすぎないようにしましょう。ラザニア生地は乾燥のまま入れるため、ソースの水分がないと十分に生地が柔らかくなりません。ソースの水分で生地をゆでるっていうイメージです。
  • ホワイトソースを作る際の小麦粉のかたまりは、牛乳を少しずつ加えていくことで溶けますので慌てなくても大丈夫です。
  • 食べる1時間半前にオーブンに入れ、焼き上がったらあら熱をとり、食べる前に再度温めると、ラザニアの切り口がきれいになり、崩れることがありません。

参考

ソースと生地の重ねかたはこちらを参考にしていただけると分かりやすいです。

ぜひお試しください!

野菜のラザニアのレシピ:野菜たっぷりラザニア|肉控えめでトマトとズッキーニで作る美味しいレシピ

おすすめ関連記事♥

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 鶏がらスープから作るチキンカレーのレシピ|フランスで作る家庭料理 鶏がらスープで作るチキンカレーのレシピ|コクがでてすごくおいしか…
  2. キッシュがべちゃっとならない簡単な焼きかた キッシュが生焼けしない焼きかたのコツ
  3. 寒い冬に食べたい。フランスのかぼちゃでグラタンのレシピ
  4. フランス冬野菜の定番ポワローで作るキッシュのレシピ 生クリーム不使用!牛乳だけどおいしいキッシュの作りかた|冬野菜の…
  5. 手抜き料理!野菜たっぷりでボリューム満点なトマトパスタの作りかた 手抜き料理!野菜たっぷりでボリューム満点なトマトパスタの作りかた…
  6. 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう
  7. フランスでもおいしく作れる本格的な鯛飯の作りかた フランスでもおいしく作れる本格的な鯛飯の作りかた
  8. フランスで作る豚の角煮のレシピ 豚の角煮のレシピ|フランスにある材料で作ってみる和食

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  2. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  3. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  4. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  5. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  6. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  7. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  8. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  9. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux
  10. しっとり生のようなガトーショコラの作りかた Gâteau au chocolat とろけるガトーショコラの作りかた gâteau au chocolat

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  2. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  3. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子

作りかた

  1. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた
  2. パンデピスのレシピ pain d'epice
  3. ラスクの作りかた*パンが乾燥したら

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. リヨンの伝統菓子クッション
お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト
  1. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  2. ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest
  3. フランスのガレット・デ・ロワ
  4. フランスのバゲット食べ比べ
  5. フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?
  6. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  7. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  8. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン

Twitter

PAGE TOP