作りかた

秘密にしたい!はちみつマドレーヌの混ぜるだけ簡単レシピ

マドレーヌのレシピ

わたしが愛してやまないのがマドレーヌです。 お菓子屋さんに売っているのも自分で作るのもすきです。 マドレーヌは自分で作るのがいちばんおいしいお菓子だと思います。 シンプルな材料を使うお菓子なので、自分の好みの配合や焼き方で作るのがいちばんです。

わたしが何度も何度も微妙な配合を変えたり、オーブンの温度を変えたりして作り上げたのがこのレシピです。

はちみつマドレーヌの材料

たまご2コ2 oeufs
砂糖70g70g de sucre
はちみつ30g30g de miel
薄力粉
*ドルチェ使用
100g100g de farine
発酵バター100g100g de beurre
ベーキングパウダー2g2g de levure chimique

道具

  • ボウル(24cm程度)
  • 泡立て器
  • ゴムベラ
  • マドレーヌ型

焼き色がちゃんとこんがりと焼けるマドレーヌ型。

わたしの愛してやまないマトファの型。熱伝導がいいプロ仕様の型なので、素人のわたしでもこんがりきれいな焼き色で焼き上がります。
MATFER(マトファ) マドレーヌ型(フッ素加工) 24個分

シリコン樹脂加工の型なので焼けたあとのマドレーヌの外れがよく、生地がくっつきません。お菓子作りのあとの片付けに時間をかけたくないときはこちらを使っています。
タイガークラウン マドレーヌシェル型15個分

準備

  • バターを湯煎で溶かす。50〜70℃くらいの中温でゆっくりと溶かす。
  • 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるう。
  • マドレーヌ型に溶かしたバター(分量外)をぬって冷蔵庫に入れておく。

はちみつマドレーヌの作りかた

ボールに以下の順番で材料を加え、都度泡立て器で混ぜ合わせるだけです。

  1. たまごをボウルに入れ、泡立て器で空気を含ませるように軽く混ぜる。
  2. グラニュー糖、はちみつを加え、砂糖が溶けるまで混ぜる。
  3. 薄力粉、ベーキングパウダーを一気に加え、ゴムベラで合わせる。
  4. バターを加え、艶が出るまで混ぜる。
  5. 冷蔵庫で2時間以上冷やす。
  6. 高温に予熱したオーブンで濃い茶色になるまで焼く。
イチオシ。はちみつマドレーヌのレシピ

生地を型に流し入れます。

目安: 210~220℃ 10~12分程度

オーブンの温度はオーブンによって熱の加わり方が異なります。200℃以上の高温で焼成し、濃い茶色になったら焼き上がりの目安にするといいです。

材料がとてもシンプルなお菓子ですので、材料は良いものを使います。発酵バターだと風味がふつうのバターに比べてぜんぜん香りと風味が違います。

イチオシ。はちみつマドレーヌのレシピ

焼き上がりです。

そして、シンプルだからこそ焼きかたにもコツがあります。 冷たくした生地を冷たいうちに型に入れ、高温で一気に焼き上げます。そうするとへそがべこっと出て、焦げ茶色のマドレーヌになったらおいしいマドレーヌのできあがります。 ぜひ試してみてください。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. さわやかオレンジのパウンドケーキのレシピ*Cake à l’orange fraîche さわやか生オレンジを使ったパウンドケーキの作りかた
  2. タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucr…
  3. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux…
  4. 固めが好き!材料3つだけの焼きカラメルプリンの作りかた 固めが好き!材料3つだけの焼きカラメルプリンの作りかた
  5. タルトタタンの作りかた・レシピ Tarte tatin タルトタタンの作りかた|本格的に生地から作る絶品のレシピ
  6. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた Tarte amandi…
  7. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト メレンゲがのったレモンタルトのレシピ
  8. ブランデーのフルーツケーキの作りかた ブランデーのドライフルーツ漬けパウンドケーキのレシピ|漬込み期間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  2. トロペジェンヌ
  3. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre

作りかた

  1. パンデピスのレシピ pain d'epice
  2. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた
  3. ババロアの作りかた La crème bavaroise

お菓子の歴史

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. タルトタタン誕生の物語
1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  1. 朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  2. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた
  3. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean
  4. フランスでぜんざいの作りかた
  5. パンデピス博物館
  6. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  7. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  8. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  9. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

Twitter

PAGE TOP