レシピ

ステーキがさらに美味しくなる焼きかた

ステーキが2倍美味しくなる焼きかた

ステーキがさらに美味しくなる焼きかた

夜ごはんと週末の昼と夜ごはん、しっかり作ってますよ〜。

フランス人彼氏は、やっぱり肉が好き。しかも、牛肉のステーキ。

手の込んだ料理よりも簡単にできるステーキのほうがテンションが高いのが明らかに分かるくらい。たしかに、日本の実家でもただ肉を自分たちで焼く焼肉の時のほうがみんなテンション上がってたっけ。母親ももやっとしてただろうなぁっていう気持ち分かるわ〜。

ステーキの日は早い時間から料理の手順を聞いてきたり、絶対ニンニクは忘れないでねっとかいちいちうるさくなります。そのくらいステーキの期待は大きい。

がっつり美味しいもの食べたいっていう日にはステーキ肉を買ってきます。男友達だけでごはんを食べにいく時は絶対にステーキを食べるらしい。日本人も肉好きな男性が多いけど、フランス人の男性でステーキの嫌いな人はいないんじゃないかっていうくらい肉好きが多いと思う。

ステーキがさらに美味しくなる焼きかた

このステーキ肉2kg!!厚さは3cmなのでフライパンで表面を焼いて、その後オーブンで30分焼きました。それでも中はミディアムレアでした。

一緒に住むようになってから何度も肉を焼いてきたけれど、おいしく焼くのって難しいんですよね。味付けは塩こしょうだけだし、シンプルに焼くだけなので、料理のテクニックよりも素材の力でしょって考えてました。

今回は、どんな肉でもちょっとの工夫で美味しくステーキを焼く方法を紹介します。この方法はマミーの焼きかたを盗み見て習得しました。

材料

※ステーキ肉1枚分

  • ステーキ肉(entrecôte) 1枚
  • 油(ひまわり油でもなんでも) 大さじ2くらい
  • バター 10〜20g
  • ニンニク 1〜2かけ(好きなだけ)
  • 塩・こしょう 適量

ステーキ肉は Entrecôte (肩ロース)がおすすめです。

焼きかた

  1. 調理する1時間ほど前に肉を常温に出しておく
  2. ニンニクを好みの大きさに切る
  3. 肉の両面に塩こしょうをまぶし、手でなじませる
  4. フライパンに油とバター、ニンニクを入れ、火にかける(弱火)
  5. バターが溶けたら、肉を入れ、表面を焼く(中火)
  6. 焦げ目が付いたら、裏面を焼く
  7. 同様に焦げ目が付いたら、できあがり

油にバターを加えるのがコツなんです。マミーが結構たっぷりのバターを加えてました。肉を焼いている途中でバターが焦げてきて、いい香りがしてくるんです。これをソースにして食べるとコクがあるし、香りが食欲をそそります。これが美味しんです。

ステーキ肉はミディアム(アポワン à point)が好みなので、表面だけをさっと焦げ目が付くまで焼くようにしています。1cmくらいの厚さの肉で片面2分くらい焼いています。強火だと中の肉が冷たいままで焼き上がるので、中火くらいがいいです。

ぜひ、ステーキを焼くときに試してみてくださいね。

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスのパン粉で作るささみのフライの作りかたタルタルソース添え 実はフランス料理?ささみフライとタルタルソースのレシピ
  2. フランスの料理レシピ検索サイト フランス生活初心者へおすすめ!料理レシピ検索サイト
  3. 野菜たっぷりラザニアの作りかた、ボリューム感があってお腹いっぱい! 野菜たっぷりラザニア|肉控えめでトマトとズッキーニで作る美味しい…
  4. フランス家庭料理付け合せの定番、にんじんグラッセの作りかた フランス家庭料理付け合せの定番、にんじんグラッセの作りかた
  5. フランスで作る豚の角煮のレシピ 豚の角煮のレシピ|フランスにある材料で作ってみる和食
  6. ホワイトソースも手作り!簡単にできて満点なラザニアのレシピ 茹でずに作るラザニアのレシピ|手作りするとほんとに美味しくできる…
  7. フランスで和食を作る!フランス人にも大好評な白菜みそ炒めの作りかた フランスで和食を作る!フランス人にも大好評な白菜みそ炒めの作りか…
  8. フランスの家庭料理ブッフブルギニョンの作りかた 意外に簡単にできた!フランス家庭料理ブッフブルギニョンの作りかた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ
  2. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  3. リヨン名物のピンクプラリネのアイス

作りかた

  1. りんごタルトのレシピ recette tarte aux pommes
  2. フランス菓子基本生地|ビスキュイ生地の作りかた Biscuit cuillère
  3. シナモンのクリスマスサブレの作りかた

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  1. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  2. フランスのガレット・デ・ロワ
  3. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  4. フランス LU ビスケット
  5. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  6. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  7. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  8. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  9. これがトップパティシエの実力なのね|SÈVE セーヴ

Twitter

PAGE TOP