リヨン

リヨン旧市街の小さな路地にある隠れ家レストランでフランス郷土料理|La Chimère

小さな路地にある隠れ家レストランでリヨン郷土料理|La Chimère

今回はリヨンの旧市街にある隠れ家的レストランを紹介します。旧市街のメイン通りから一本入った路地にあって、窓からのぞくとあたたかな照明の中、アンティーク調の内装が素敵でこじんまりとしたレストランです。

リヨンの名物料理が食べれるブションではないのですが、リヨンやフランスの郷土料理ががメニューに並んでいます。サービスとシェフが1人ずつの小さなレストランですが、ほとんどが自家製(fait maison)の料理とデザートなんだそうです。

小さな路地にある隠れ家レストランでリヨン郷土料理|La Chimère

店内の雰囲気

おすすめする理由

自家製の料理とデザート

リヨンの郷土料理は内臓を使ったものが多いのですが、ちゃんとしてないレストランで食べると下処理や味付けがイマイチでおいしくないんですが、こういう自家製のレストランで食べるとぜんぜん違っておいしいです。わたしも内臓系は苦手なんですが、自家製だとおいしく感じます。既製品とはぜんぜん別ものです。

量が日本人にちょうどいい

リヨンのブションなどのレストランでは一皿がかなりの量が盛られて、かなりおなかがいっぱいになるんですが、ここのレストランではちょうどいい量です。フランス人にとっては量が少ないようですが、小食な日本人にはちょうどいい量で、デザートまでおいしく食べれます。

ほかのリヨンの郷土料理が食べれる自家製のレストランは「リヨンで一番おいしい自家製クネルのあるブション|アベル」をご覧ください。これがリヨンの普通サイズの量です。

リヨン郷土料理

前菜

わたしたちが頼んだのは、リヨン風サラダ Salade lyonnaiseポーチドエッグの赤ワインソース Œufs en meurette です。

リヨン風サラダはラルドン(ベーコン)とクルトン、ポーチドエッグが入っているのが特徴で、ほかの地方のサラダに比べるとボリュームのあるサラダです。

小さな路地にある隠れ家レストランでリヨン郷土料理|La Chimère

リヨン風サラダ Salade lyonnaise

ポーチドエッグの赤ワインソースはブルゴーニュ地方の名物料理らしく、赤ワインソースのなかにポーチドエッグが入っている料理で前菜です。

小さな路地にある隠れ家レストランでリヨン郷土料理|La Chimère

ポーチドエッグの赤ワインソース Œufs en meurette

メイン料理

リヨン名物のクネル Quenelle と内臓料理のアンドゥイエット Andouillette を頼みました。

クネルはリヨン名物のひとつで、川魚のカワカマスをすりつぶして、小麦粉・牛乳・たまごを加えて、仔牛肉と鶏などの肉と合わせたもので、見た目はかまぼこみたいな練り物のようで、クネルにベシャメルソースをかけオーブンで焼いた料理です。

魚のすり身なので、新鮮で自家製でないものは本当にまずいので、絶対に自家製レストランで食べたほうがいい料理です。

小さな路地にある隠れ家レストランでリヨン郷土料理|La Chimère

クネル Quenelle

アンドゥイエットとは、豚の腸に豚の腸や胃、喉肉、バラ肉などを詰めた太いウィンナーのようなもので、リヨンでも有名ですがフランス各地で食べることができる料理です。

これも新鮮で丁寧な下処理が必要なので、自家製のレストランでぜひ食べてほしい。アンドゥイエットはほんとにキライだったんですが、ここのはおいしくって、わたしが今まで食べたのはまずい店のものだったんだなって思いました。

小さな路地にある隠れ家レストランでリヨン郷土料理|La Chimère

アンドゥイエット Andouillette

デザート

赤いプラリネのデザートと書かれていたもので、赤いプラリネのシュークリームです。

小さな路地にある隠れ家レストランでリヨン郷土料理|La Chimère

プラリネのシュークリーム

ヴァシュラン Vacherin とは、焼いたメレンゲに生クリームやアイスクリームを挟んで、フルーツなどで飾ったデザートです。日本のショートケーキの生地の部分をメレンゲに代えたような感じです。

小さな路地にある隠れ家レストランでリヨン郷土料理|La Chimère

ヴァシュラン Vacherin

リヨンの観光地である旧市街にあるレストランなので、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

La Chimère ラ・シメール

  • 住所:14 Rue du Bœuf, 69005 Lyon 05
  • 電話:04 78 37 01 87

おすすめ関連記事♥

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスのキャトルジュイエの花火 14 juillet 7月14日リヨンの花火
  2. 穴場カフェ!ガダーニュ美術館の屋上テラス|リヨン旧市街 穴場!ガダーニュ美術館の屋上テラスカフェ|リヨン旧市街 Musé…
  3. リヨンを船で散歩してみた!|ソーヌ河クルージング シティボート LYON CITY BOAT リヨンを船で散歩してみた!|ソーヌ河クルージング シティボート …
  4. フランス・リヨン最大の見本市 Foire de Lyon に行ってきたよ| リヨン最大の見本市 Foire de Lyon に行ってきたよ|…
  5. フランス・リヨンの公園で丸1日楽しむ3つのこと|テットドール公園 リヨン・テットドール公園で丸1日楽しめる3つのこと
  6. わたしが作るのよりおいしい焼き菓子のあるカフェ|リヨン 日本女子におすすめしたい!おいしい焼き菓子のあるカフェ|リヨン
  7. 日本食材を買うならビオBIOがおすすめ!|リヨンのビオショップ 日本食材を買うならビオBIOがおすすめ!|リヨンのビオショップ
  8. フランス・リヨンのマルシェ リヨンのマルシェ|観光客が行きやすい8か所を厳選しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. フランス LU ビスケット
  2. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  3. プラリネってなに? Praline

作りかた

  1. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges
  2. フランスでぜんざいの作りかた
  3. マンゴーヴェリーヌのレシピ Verrine à la mangue

お菓子の歴史

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
赤いプラリネのブリオッシュの行列ができる店|プラリュ Pralus
  1. フランスLUのビスケット
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  4. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  5. プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé
  6. トロペジェンヌ
  7. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  8. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  9. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた

Twitter

PAGE TOP