レポート

リヨンのサロン・デュ・ショコラは実力派が揃い踏み!に行ってみた

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

2017年11月10日(金)〜12日(日)に開催されたサロン・デュ・ショコラ・リヨンの様子を紹介します。テットドール公園の北側にある CITÉ INTERNATIONALE でおこなわれました。

超満員!サロン・デュ・ショコラの会場の様子

世界中で開催されているサロン・デュ・ショコラですが、フランス国内ではパリとマルセイユ、そしてリヨンでおこなわれています。リヨンは会場は、パリや東京に比べると小さいですが、その分内容が濃くなっています。リヨンとその近辺のすごいショコラティエが集まっています。

クーヴェルチュールチョコレートで世界的に有名なヴァローナ Valrhona やヴェイス Weiss 、カカオからチョコレートを作っているベルナション(Bernachon)とセーヴ(SÈVE)、MOFを持ったショコラティエもあります。そういう有名どころのショコラティエによって、全体的なレベルが上がっているのではないかと思います。

実際、デリス・デ・サンスのシェフもピュレなどすべてを手作りして差別化していると言っていましたし。リヨンはショコラトリーの激戦区です。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

もともと人気のあるイベントですが、開催期間中は寒くて天気が悪かったせいか、会場は超満員でまっすぐ歩けないくらいの来場者数でした。

もし、来年リヨンのサロン・デュ・ショコラに行くなら、平日の金曜日か午前中に行くことをおすすめします。

注目!リヨンの実力派ショコラティエ

いわゆるパリや東京で知られているショコラトリーは少ないものの、実力のあるショコラティエが揃っています。出展していたリヨンのショコラティエを紹介します。

  • PRALUS(プラリュス):ピンクのプラリネの入ったブリオッシュが超絶おいしいところ
  • BEL PHILIPPE MOF CHOCOLATIER:MOF取得のショコラティエで、工房はサンテティエンヌにあり、店舗はリヨン市内にあります
  • BERNACHON(ベルナション):カカオからチョコレートを作っている世界的に有名なショコラティエ
  • CHOCOLATS VOISIN:クッサン・ド・リヨンで有名ですが、創業120年のリヨンの老舗ショコラトリー
  • DÉLICES DES SENS:素材はすべて手作りしている今大注目のパティシエ
  • FLORENT THEVENON CHOCOLATIER:レーズンや生フルーツをくるんだチョコレートが悶絶するほどおいしいショコラティエ
  • PÂTISSERIE BOUILLET:東京にも店舗があるリヨンで有名なパティスリー
  • JOËL PATOUILLARD MOF:リヨン近郊の町プリヴァ Priva にあるMOFのショコラティエ

Pralus(プラリュス)が出展していました。ほんとはショコラティエなんですが、チョコレートよりもピンクのプラリネの入ったブリオッシュが人気なんです。それを買い求める人たちの長い行列で、午後には大量に用意していたブリオッシュも完売してました。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

ほかのブースの写真も撮りたかったんですが、すごい人人人の群れで撮れませんでしたー。

一流シェフのテクニックが見れる!ルセットライブ

1時間おきに、ショコラティエがチョコレートを使ったデザートを作るライブが開かれています。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

Cédric Vaujany, Le Vraincourt – Hôtel La Maison d’Anthouard – Le pain perdu de la Maison

こちらはリヨンの近くにある4つ星ホテル Hôtel La Maison d’Anthouard のシェフがチョコレートのパンペルデュを作っています。真ん中がシェフの Cédric Vaujany 氏で、その右側がシェフの右腕の韓国人のヲンさんです。

そのライブを俯瞰してみることもできます。むちゃくちゃ美味しそうな香りが漂ってきます。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

その後、試食もあったんですが、チョコレートのしみ込んだパンに甘いオレンジに甘いキャラメルのパンペルデュは当然甘味が強くて、顔がよじれるほど甘すぎたことはヒミツにしておきます。シェフも普段はチョコレートなしで作るけど、今日はサロン・デュ・ショコラだからチョコレートを入れるって言ってたのでイレギュラーなメニューなんでしょう。

大興奮!チョコレートで作ったドレスショー

チョコレートで作ったドレスのショーも毎日開催されています。これはサロン・デュ・ショコラではおなじみのイベントですね。リヨン近郊のショコラティエが作製したチョコレートのドレスが見れます。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

では、チョコレートで作った衣装とショコラティエを紹介します。

今年120周年を迎えるリヨンのショコラティエ、ヴォワザン Voisin のドレスです。クサン・ド・リヨンというクッションの形をしたお菓子で有名なのですが、実はショコラティエなんです。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

Romain Boucaud Maitre pour les Chocolats Voisin & Angel Sewing

関連記事:リヨンのクッション型のお菓子*クサン・ド・リヨン Coussin de Lyon

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

こちらは、わたしが好きなパティスリー、デリス・デ・サンス Délices des Sens(デリス・デ・サンス)が作製したドレスです。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

Yoann Gaget pour Délices des Sens & Dephine Delamain pour “Voilà Voilà”

 

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

最後は、IMT Grenoble というグルノーブルにある専門学校の生徒さんが作製した衣装です。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

この男性モデルさんが登場した時は会場がざわつきました。モデルさんもチョコレートのようにワイルドで濃いし、衣装にもぴったりです。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

羽のデコレーションをチョコレートで作っているっていうのがすごいですね。チョコレートは25℃になると溶けはじめて、33℃で完全に溶ける性質を持っていますので、チョコレートを本来衣装にすることは不可能なのです。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

今回のドレスショーはモデルさんがノリノリに踊ってました。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

最後には、ドレスを作製したショコラティエとクリエイターが一緒に登場。

こちらはリヨン市内に店舗があり、MOFのショコラティエ Philippe Bel 氏です。モデルさんにうれしそうです。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

Philippe Bel & Mathilde Vaulot

ドレスのスカート部分はこんな感じの丸いタブレットをグラデーションで並べています。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

どの作品も繊細なチョコレートを衣装にしているってすごい技術だなって思って、圧倒されていたんですけれども、そんな中で唯一違った意味で異彩を放っていたのが、こちらのドレス…。

フランス・リヨンのサロン・デュ・ショコラ2017

Sébastien Bouillet & Angélique Godey

ペラペラなピンクの衣装にただチョコレートを貼っただけの作品。このショコラティエでは唇の形をしたチョコレートが販売されているんですけど、それを貼っただけ。

観客が一瞬「えっ!?」ってなりました。これだけ手抜きすぎて…。

という感じのリヨンのサロン・デュ・ショコラ2017でした。無性にチョコレートが食べたくなってきます。

いかがでしたか。今回はリヨンで開催されたサロン・デュ・ショコラ2017の様子を紹介しました。ぜひ、来年はリヨンのサロン・デュ・ショコラにも行ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. リヨンのチョコレート博物館 MUSCO カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO…
  2. フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ? フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?
  3. パティスリー紹介 フランスのパティスリーで一緒に働いてるメンバー
  4. フランスでのパティシエ研修 フランス人の寝坊の謝りかた、いや謝らない。それがフランス人*フラ…
  5. coup du monde de la pâtisserie 2017 パティシエの世界大会2017決勝の結果|日本チームの結果は?クー…
  6. フランスのパン 15歳でパティシエになる決断をする国*フランスお菓子研修日記
  7. フランスでBIOのフランボワーズを摘む フランスの小さな村ノエド|BIOなフランボワーズ摘み
  8. フランスお菓子研修 働いてたリヨンのお菓子屋さんの紹介*フランスパティスリー研修日記…

コメント

    • 伊藤 咲貴
    • 2017年 11月 17日

    こんにちは!いつも楽しみに読ませていただいています!☺️サロンドゥショコラに行けなかったので、とても参考になりました!ありがとうございます。そして、差し出がましいのですが、一つだけ気になったところが…多分Plalusの発音なのですが、プラリュが正しいのではないかと思いますがいかがでしょうか

      • kico
      • 2017年 11月 18日

      伊藤さん、こんにちは。
      ご指摘ありがとうございます。

      そうですねー、プラリュですよね。訂正しておきます。

      これからも間違いがあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします!kico

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  2. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート
  3. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre

作りかた

  1. カロリー控えめガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage
  2. 固めが好き!材料3つだけの焼きカラメルプリンの作りかた
  3. 濃厚なガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  3. リヨンの伝統菓子クッション
朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  1. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  2. チョコレートスコーンの作りかた
  3. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  4. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  5. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  6. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  7. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス

Twitter

PAGE TOP