レシピ

ローストチキンを食べたあとは鶏がらからスープを取るのだ!|作りかた

フランスで鶏がらからスープを取ってみた!なんでも作るよ|作りかたを紹介

この前作ったチキンロースト(Poulet rôti)、とてもおいしかった〜!

フランスでも作れる鶏肉の丸焼きの作りかたは「フランス流ローストチキンのレシピ|オーブンで焼くだけ簡単!」を見てね。

チキンローストを食べて終わりでなく、丸鶏を食べたあとからがお楽しみです。

鶏の骨(鶏ガラ)をつかってスープを取ります。

フランスでは鶏を丸ごとのチキンローストを食べる機会も多いし、せっかくなので鶏ガラスープをとろうっていう魂胆です。近くに鶏ガラスープの基が売ってないので、自分で作ってしまいます。

ちなみに、フランス人の彼は鶏の骨でスープを取るのは恐ろしい…って言ってます。けど、そんなのは無視。そういえば前には鯛のあらで鯛飯を作ったときも恐ろしがられましたけど…。

参考記事:フランスでもおいしく作れる本格的な鯛飯の作りかた

フランス在住の女子はきっとサバイバル能力高いと思うから、鶏ガラからスープを取れるって思ってる。作っていきますよ♪

鶏ガラスープの作りかた

材料

  • 鶏ガラ(ローストチキンを食べたあとの骨):1羽分
  • ポワローの青い部分(緑の葉):1本分
  • にんにく:2片
  • 生姜:10g
  • 酒(日本酒・焼酎):30ml
  • 水:2リットル

鶏ガラはローストチキンを食べたあとの骨、酒はあればで結構です。ポワローの葉の代わりににんじんの皮や玉ねぎで代用してもOKです。

どの材料(酒以外)もフランスで簡単に手に入ります。

作る前の準備

  • 鶏ガラは水で洗って、血管の部分を取り除きます。皮や身の部分はそのままで。でも、一度焼いているのでそんなに気にしなくて大丈夫。テキトーに作ってもちゃんとおいしいから。
  • にんにくは皮をむきます。

フランスで鶏がらからスープを取ってみた!なんでも作るよ|作りかたを紹介

鶏ガラスープの作りかた

  1. 鍋に鶏ガラとほかの材料を入れ、水を注ぎます。
  2. 強火で沸騰させ、沸騰したら極弱火にしてそのまま煮込みます。2時間程度煮込みます。ぐつぐつと沸騰させずに、静かに煮込みます。
  3. 透き通ったスープになったらできあがりです。
  4. ザルで材料を漉します。

フランスで鶏がらからスープを取ってみた!なんでも作るよ|作りかたを紹介

わたしの場合は、コトコトと煮たら白湯(パイタンスープ)になってしまってましたが、濃厚なスープになっておいしいです。

保存方法

漉した鶏ガラスープはタッパーなどに入れて保存できます。冷蔵庫では1種間程度もちます。のこりは冷凍庫に保存できます。

鶏肉を丸ごとつかうときは、骨まで余さず食べたいですね。

フランス人も骨からスープを取るなんて怖い〜って言ってたけど、味はおいしいって。ほら見ろ〜。

ぜひ、ローストチキンを作ったあとにはスープを作ってみてください。

トリ3段活用!レシピ

鶏一羽を使って、3品を作りました。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう
  2. フランスの家庭料理の定番!ゆで卵とほうれん草のクリームソースのレシピ ゆで卵とほうれん草のクリームソースのレシピ|フランスの家庭料理の…
  3. パラパラなチャーハンが簡単に作れるコツ2つ
  4. フランスのクレープのレシピ 食事にもなるクレープ生地の作りかた
  5. 外国で鍋を使ってごはんを炊く方法 外国で鍋を使ってごはんを炊く方法
  6. フランスの家庭料理ブッフブルギニョンの作りかた 意外に簡単にできた!フランス家庭料理ブッフブルギニョンの作りかた…
  7. キッシュがべちゃっとならない簡単な焼きかた キッシュが生焼けしない焼きかたのコツ
  8. フランスのパン粉で作るささみのフライの作りかたタルタルソース添え 実はフランス料理?ささみフライとタルタルソースのレシピ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  2. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  3. リヨンの伝統菓子クッション

作りかた

  1. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  2. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  1. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  2. パンデピス博物館
  3. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  4. リヨンの伝統菓子クッション
  5. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  6. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy
  7. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  8. フランス LU ビスケット

Twitter

PAGE TOP