フランス生活

フランス滞在許可書が2ヶ月遅れで手に入った

フランス滞在許可書が2ヶ月遅れで手に入った|フランスで生きるなら海ほどに広い心を持つべし

フランスではすでにバカンスが始まっています。

わたしたちは7月の始めにバカンスを取ったので、すでにバカンスも終盤です。

今年の夏はバルセロナと南仏に行ってきましたが、7月いっぱい2回も風邪をもらって鼻水ずるずるのバカンスでした。結構とほほな感じです。

そんなバカンスが終わる直前に滞在許可書を手に入れることができたので、その辺の悶着を書きたいと思います。

 

だいぶ前にフランス滞在許可証を申請したのですが、

それからなかなか滞在許可証がもらえずやきもきしてました。

申請自体はかなりかんたんにスムーズにいって、

フランスの滞在許可証、楽勝じゃん!

 

って思った私が、アホでした。

 

どうりで県庁の窓口でぐずってたりする人が多いはずです。

では、わたしが2年目の滞在許可証を受けとるまでももろもろをどうぞ。

ちなみに、わたしのビザの種類はビジタービザです。

フランス滞在許可証を受け取るまでのすったもんだ

1月上旬:県庁に申請の予約を入れる。予約が取れた日は3月の上旬。

ローヌアルプ地方の予約の入れかた:イライラ!分かりにくい滞在許可書更新の予約のしかた|リヨン・ローヌアルプ地方

 

3月上旬:申請日当日、ある書類のフランス語の時制が単純未来形だったので、申請のやり直しをくらう。

1回目の申請のときの話:フランス滞在許可証の更新!こんな細かいダメだしアリ?|リヨンの場合

 

3月末:再申請日、書類はすべてパーフェクトと言われ、6月の上旬に受取に来いと言われる。

書類さえ完璧に提出したら滞在許可書の更新なんて楽勝じゃんか〜、6月上旬には滞在許可書がもらえるわってのんきに思ってました。

 

6月上旬:滞在許可証を受取に行くが、

あなたのは書類が足りなかったからまだできてないと言われる。

前回パーフェクトっつたやんけーーーーーー!!!

足りなかったのは「フランスでは労働しません」っていう契約書です。

その書類は作成していったけど、言われなかったので提出しなかっただけ。

言わんかったやん、言ってよ!

 

 

でも、でも…、いや、逆にわたしのほうこそ言わなければいかんかったのだ。

 

だって、ここはフランス。

 

ここで過去のことをあーだこーだいってもしょうがないので、

わたしのレセピセの期限は6月末までだけど、それまでに滞在許可証は取れるのか?って、未来のことを尋ねるが、

6月末までにはできてるからと言われる。

 

あと3週間くらいでできあがるの?

そんなに仕事早くできますっけ?

 

あなたに対する信頼はゼロだからねー、

 

と思うけどムリヤリ何かはできませぬ。信頼できないけどいうこと聞くしかない。

 

6月中旬:県庁と名乗る女性から電話がかかってくる。

言ってることが全く意味がわからないから、もう一度詳しく説明して下さいと言ったら、一方的に切られる。

こーらー。ありえんだろー。

 

ちなみに、わたしのフランス語力がイマイチだったからではなく、話したのはフランス人の彼でした。だから、フランス語力の問題ではない。

内容を理解してない人が言われた通りに言ったけど、突っ込まれたから困った、っていう感じだと思う。

 

とりあえず、全く分からないけど、

どーせ期間内に滞在許可証ができないから延期をしろってことなんだろうなーと想像して、

その日のうちに県庁に行き、レセピセの延長をしてもらう。

 

7月末:滞在許可証が降りたから、収入印紙もって取りに来いって連絡が来る。

さっそく翌日に県庁に行き、滞在許可証を無事に受け取る。

 

通常でいったら、6月には滞在許可証が手に入ったはずなのですが、2ヶ月延びて7月末に受け取ることができました。

2ヶ月延びたからかどうかは分からないけど、来年の期限が6月末になってました。1年後の更新じゃなくて、1年2ヶ月後の更新です。

 

カオス状態なリヨンの県庁

滞在許可書を手に入れるまで県庁に4回も足を運んでいます。

県庁に行くっていうことは、

県庁の外まで続く長い列に並んで、県庁内に入ってからも長い列で待ち、

ブースで自分の番号札をもらってから、待合室でまた待ち、

番号札には自分の前に30人いますって書いてあるし、

ようやく自分の番号がコールされて、ブースに行き、申請云々の話ができます。

 

なので、1時間〜3時間半くらい待たないといけません。

 

リヨンにある県庁では、午前中が申請する人、午後が滞在許可書を受け取る人の時間になっています。

午前中は予約が要りますが、午後は不要です。

午前中は予約していってもだいたい3時間程度はかかります。

 

っていうのを5回もやってしまった、わたし。

 

県庁のなかってまさにカオスな状態なので、あまり長居はしたくない。

 

やっぱりフランスの滞在許可書の更新もろもろの手続きはたいへんです。

 

ちなみに、午後の受取りの時間は13時〜15時30分なので、15時くらいに行くと人が少ないのでスムーズです。それでも1時間弱だけど。

 

フランスで生きていくために

この申請のもろもろの中で、

日本じゃ絶対にあり得ないようなことが何回かあってます。

例えば、

必要書類を把握してない、

足りない書類があることを連絡しない

電話を一方的に切る

そもそも嘘つき。

 

まぁ、隣りにいるフランス男はこの件でぶち切れていましたが…、フランスでももちろんあり得ない行動です。

 

わたしは、フランスってこんな国だって思っているので、怒らないようにしてます。

 

もし、日本だったらカンペキに申請ができるだろうなぁとか、

もし、わたしだったら絶対にこんなことはしないとか、

いろいろ比較したいことはありますが、

いかんせんここはフランス。

 

数年前に自営業をしているときに、

 

命に関わること意外では怒らない

 

っていうことを決めました。

 

自営業をしていると、自分の生活のほとんどが仕事になってしまうので、怒ることが時間の無駄だと思ったんです。

会社員時代は、仕事で怒っていてもその時間はしっかり労働時間になるし、お給料は発生します。

でも、自営業のときに小さいことで怒っていると、その時間仕事ができなかったりして時間の無駄になるんですよね。

怒っている時間に売上は発生しないし、パフォーマンスもよくないので、怒ることをやめました。

 

お金や時間で解決できることなら、むしろよかったって思うようにしています。

今回の件もわたしが何度か県庁に足を運ぶことで解決できる、つまり時間で解決できるので、それならOKっていうように考えています。

例えば、電車に乗り遅れそうになっても、お金で解決できるからまぁいいかっていう感じです。

生命にかかわることでなかったらまぁ大丈夫かって思うようにしています。

そしたら、あまり怒らないようになりました。

 

フランスは日本と違って、なかなかスムーズにすすまないし、

フランスでは日本のようにちゃんとした人が少ない、

でも、相手は変えることはできないので自分が変わるしかないです。

だから、フランスでは海ほどに広い心を持っていこうって思ってます。

おすすめ関連記事



 

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスの健康保険には無料で加入できるってホント?|Carte Vitale フランスの健康保険には無料で加入するしかた|Carte Vita…
  2. フランスの香水 フランス人の香水のつけかた
  3. 羽田空港へ向かう飛行機で 羽田に行くはずが成田に行ってしまった!どうする?フランス大使館の…
  4. 一緒に暮らして分かったフランス人のキライな食べ物 フランス人の嫌いな食べ物|一緒に暮らして分かった3つのもの
  5. フランス人彼氏に早めに言ったほうがいいこと フランス人と付き合ったら、絶対早めに言ったほうがいい2つのこと
  6. ビザの進捗状況とわたしの取得までの流れ*フランスビジタービザ申請編 ビザの進捗状況とわたしの取得までの流れ*フランスビジタービザ申請…
  7. 南仏でねこ歩き@人口60人の村 住居証明の書類とは?*フランス・ビジタービザ申請編
  8. 滞在許可書の手続きがおわったよ〜 @リヨン・OFII 移民局 フランス滞在許可書の手続きのしかた |リヨン・OFII 移民局

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  2. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  3. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne

作りかた

  1. フランスでぜんざいの作りかた
  2. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  3. シナモンのクリスマスサブレの作りかた

お菓子の歴史

  1. マドレーヌの名前の由来
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  1. フランスLUのビスケット
  2. ストラスブールのクグロフ
  3. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート
  4. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  5. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  6. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  7. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  8. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  9. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子

Twitter

PAGE TOP