タイ

バンコク本場トムヤンクンを料理教室で作る|自分で作ると激うまうま!

タイ・バンコクの料理教室でトムヤムクンを作る

バンコクでの料理教室、最後の一品はトムヤンクンです。

前日に食べたトムヤムクンは、日本で食べるものと違って、クリーム色でココナッツクリームがたっぷり入ったマイルドな辛さの料理だったので、どうやってつくるのか楽しみだったんです。

トムヤムクン TOM Yum Goong

トムヤンクンは日本でも有名なのでタイ語のまま「トムヤンクン」で通じますが、英語では「Hoy and sour prawn soup」問い生んだそうです。バンコクは国際的な街だから英語表記の料理名を結構見ました。トムヤンクンは海老入りのスープなんだね。

タイ・バンコクの料理教室でトムヤムクンを作る

材料。やっぱりスパイスがたくさん。

タイ特有のキノコと海老以外はスパイス。

料理教室で習って分かったことは、タイ料理は作るのはすごくカンタンだけど、材料を日本でそろえるのはとてもむずかしいなぁってこと。

タイ料理に使う食材は日本でもそろえれそうだけど、やっぱりスパイスは少し難しいかなぁ。そんなときには、瓶に入った市販品もスーパーに売ってるわよって先生が教えてくれました。確かに便利だわ。

だからこそ、料理教室で作れてよかった。

タイ・バンコクの料理教室でトムヤムクンを作る

先生のデモンストレーション

白濁しているのは、ココナッツクリームをいれたから。

ココナッツクリームを入れるとまろやかになって辛さはあまり感じなくなります。入れなくてもよいみたいで、その場合は赤みのかかったクリアなスープでライムの酸味が利いたさっぱりとしたスープになります。

わたしは入れたほうが気に入りました。わたしたちがバンコクで食べたトムヤムクンはこの白濁したココナッツクリーム入りのスープがほとんどでした。

日本で食べた時は、白濁はあまりしていなかったような。

トムヤンクンを作っていくよ!

実際に自分たちで作っていきます。

もう火を使うのも3品目なので慣れてきたかな。この中華鍋は薄いので(アルミかな)、すぐに火が通るので時間との勝負なんです。

タイ・バンコクの料理教室でトムヤムクンを作る

鍋にあらかじめスープを入れて火にかけます

スープは海老の殻で取った出汁、もしくはココナッツジュースを使います。

タイ・バンコクの料理教室でトムヤムクンを作る

スパイスを一気に入れれるようにスプーンに入れて準備

タイ・バンコクの料理教室でトムヤムクンを作る

まずスパイスを入れて沸騰させます。そのあとにキノコと海老を投入します

タイ・バンコクの料理教室でトムヤムクンを作る

できあがり♪ できあがりは地味ですね…

ココナッツジュースを入れるとかなりまろやかになってすごく美味しかった!この日の料理教室でマッサマンカレー、チャーハンを食べて最後にトムヤンクンだったけど、ぺろりと完食。美味しかったよ〜。どこのレストランよりもおいしい!

やっぱり自分で作るっていうのも美味しさの秘訣なのかも。

前に作っていたチキンチャーハンとトムヤムクン、デザートの米マンゴーを試食して、本日は終了。

市場に買物して、スパイスの説明があって、3品作るという結構ハードな内容でしたが、タイ料理ができるまでを知れたことはとてもよかった。

タイ料理は辛いっていうイメージだけど、それだけではなく、酸味と塩味もあって複雑な味のする料理なんどそう。それに加えて、パクチーやレモングラスといった香草で香りも付けています。

朝の9時30分〜昼2時過ぎまでの長丁場のレッスンですが、大満足です。

わたしたちが行ったタイ料理教室

今回行った料理教室は「SOMPONG THAI COOKING SCHOOL」という名前の教室です。

タイ・バンコクの料理教室

教室はスパイスでカラフル!

SOMPONG THAI COOKING SCHOOL

*ホームページの「course」を開くと「BOOK NOW」をクリックすると申込みフォームが開きます。

入力して送信するとメールアドレスに集合場所などの情報がメールで送られてきます。これで申込み完了。

支払いは、当日のレッスン終了後です。ホームページでの事前決済ではないので安心だと思います。

タイ・バンコクの料理教室

この赤い看板が目印

ぜひ、バンコクを訪れた際にはタイ料理教室に行ってみるのもアリだと思います。

タイ・バンコクの旅行記まとめ

おすすめ関連記事♥

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. クリスマスパリ クリスマスシーズンのパリ旅|到着編
  2. タイで見つけたスイーツとお菓子を紹介! タイの伝統菓子から定番と流行のスイーツたち|バンコクを旅して見つ…
  3. 昔のパン焼き釜 ノエド Nohèdes 200年前のパン焼き窯*60人の村ノエド Nohèdes
  4. パンデピス博物館 パンデピス博物館に行ってみたよ!アルザスにあるリアルお菓子の家
  5. ホーチミンの年末年始カウントダウン ホーチミンの年末のバイク大渋滞
  6. ホーチミンのスイティエン公園 スイティエン公園|ワニを釣りたくなるなる怪しすぎる遊園地@ホーチ…
  7. 黄色の電車に乗る*南仏ランドック・ルシヨン 幸せの黄色い電車*Le train jaune
  8. 勝手に世界ねこ歩き@南仏の最も美しい村 勝手に世界ねこ歩き@南仏の最も美しい村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート
  2. きょうのおやつ*ムースリーヌ
  3. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子

作りかた

  1. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  2. 濃厚なガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage
  3. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

お菓子の歴史

  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  1. パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?
  2. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  3. チョコレートスコーンの作りかた
  4. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  5. フランスLUのビスケット
  6. トロペジェンヌの包装
  7. リヨンの伝統菓子クッション
  8. パンデピス博物館
  9. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン

Twitter

PAGE TOP