フランス生活

フランス人の長過ぎるバカンスをどこに行くのか調査してみたよ

フランス人の長過ぎるバカンスをどこに行くのかな?*北極に行く女〜

フランス人の長過ぎるバカンスをどこに行くのか調査してみたよ


 

わたしたちのバカンスは7月中で終わってしまったので、8月に入った今は彼は仕事に行っています。

 

8月に入るとカフェやら洋服やらのお店がバカンスに入ってしまいます。わたしのお気に入りのカフェも8月下旬(だいたい23日前後が多い)までバカンスのため閉まっています。

自営業のお店を1ヶ月近くも閉めるって、日本では考えられないけどフランスでは普通に閉めてしまいます。

 

彼いわく、7月にバカンスを取ると南仏などの旅行先はバカンシエが少ないので過ごしやすいし、仕事が始まる8月はリヨンに人がいなくなるので仕事が少なくなって過ごしやすいんだそうです。7月よりも8月にバカンスに出発する人が多いです。

リヨンの街中も現地の人が少なくなって、観光客が増えた感じです。

 

わたしたちは今年、南フランスバカンスを過ごしたんですが、

ほかのフランス人はどうやって3週間近くあるバカンスをどこで過ごしているのか?

気になったので周りのフランス人達のバカンスの過ごし方を紹介したいと思います。

 


 

まずは、フランス以外に行く人たち。

 

彼の弟は家族でポルトガルに2週間旅行に行ってきました。2週間くらいポルトガルのいろんな街をまわりながら、アパルトマンに滞在していたそうです。

今のフランスのトレンドはスペインやポルトガルでバカンスを過ごすことらしいです。

理由は、安い・近い・安全。

たとえば、フランスのレストランでランチ(Plat du jour)が10ユーロちょいするのに対して、ポルトガルは5~6ユーロくらいとフランスに比べるとかなり安いらしい。そして、フランスではテロが起こりまくってるけど、スペインとポルトガルは起こってないので安全。陸でつながっているんで、ちょっとがんばって運転すれば外国に行けるんで手軽ですよね。うらやましいなぁ。

 

パリに住む学生の男の子は、学生なので2ヶ月以上バカンスがあるので、東欧に友達と旅行に行く予定なんだそうです。ユースホテルに泊まりながら、東欧の町をまわるんだって。その旅行の前後には母親の住む南フランス辺りを旅行したり。

若い学生なので、とにかくあちこちにアクティブに旅行してパリにはほとんどいないそうです。

 

 

パリで働いている女の子は、なんと、

 

2週間も 北極に行ってた!

 

ちなみに、フランス語で 北極 Pôle Nord といいます。なので、南極 Pôle Sud となりますね。

 

日本でも北極旅行はしようと思ったらもちろんできると思うけど、あんまりメジャーではないと思うんです。フランスでは調べてみたら、結構ツアーがあった!メジャーではないけど、冒険好きなフランス人が行く先ではあるみたい。

北極旅行

北極の旅行のイメージ(画像はお借りしました)

 

北極に行った感想は、料理が合わなくって痩せた!

 

ホッキョクグマが観れた話とかないんかい、って思うけど、それよりもなによりもごはんがまずかったらしい。氷しかない場所なので食べものってかなり制限されてたらしい。

 

でも、北極点に行けた経験はプライスレスなはず。

 

 

そして、彼のお姉さんは小学校の先生なので、夏のバカンスが2ヶ月もある!

今年は彼氏がいないので(爆)、カンヌの自宅でのんびり過ごしたり、両親の家に週末過ごしに行ったり、パリにいる子供のところに行ったり、新しく買ったアパルトマンのもろもろの準備をして過ごしているんだそうです。

 

バカンスの過ごし方より気になるのはバカンスの期間…、小学校の先生は2ヶ月も夏休みがあるんだね〜〜〜。長過ぎやしないか…。

 

 

 

学生が2ヶ月半、小学校の先生が最大2ヶ月くらい、フツーのサラリーマンが1ヶ月くらい、自営業のお店も2〜3週間くらいの夏休みがあるんだそうで、長い長い夏休みの過ごし方は様々なようです。

 

バカンス中の日々の過ごし方はなにもとくにしないって基本のようですが、

なにもしない時間が1ヶ月近くもあるってうらやましい話ですよ。

 

 

そして、そして、バカンスになると、絶対会話に出てくる

日本ってどのくらいバカンスあるの?

って言う質問。

 

もういい加減聞かないでほしい(笑)日本人が超働き者っていう話はもうずっと前から有名な話でしょうがに。

 

8月13日14日15日がお盆休みの3日間が夏のバカンス。その前後に有給をくっつけて、会社やクライアントに根回しをしてうまくいけば9連休は取れるかもしれないけど、その前には鬼のように働かないといけない。今年みたいにその3日間が週末と重なってたら3日間のみ。

以上。

 

って答えたら、日本って生きるのが大変な国なんだねって哀れみの目をするのはやめてほしい(笑)

kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスのカフェ フランスで働く日本人はいじわるなの?
  2. 憧れる?過酷なフランスの伝統的な結婚式 フランスの結婚式|憧れる?教会から披露宴までの長い1日
  3. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  4. 日本からフランスへAmazonで本を注文してみた|たったの3日で到着!! 日本からフランスへAmazonで本を注文してみた|たったの3日で…
  5. フランス生活 ミニスカートの年齢制限
  6. フランスの女性は何歳までも女性である。ビキニは何歳まで許されるのか? フランスの女性は何歳までも女性である。ビキニは何歳まで許されるの…
  7. フランスの香水 妄想ふくらむ香水のCM
  8. フランス流、最高の人生の送りかた フランス流、最高な人生の送りかた⁉︎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  2. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  3. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  4. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  5. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  6. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  7. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  8. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  9. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette
  10. 絶対にふくらむ!シュー生地の作りかたのコツ Pâte à choux シュー生地の作りかた Pâte à choux

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. パリ・ベルティヨンのアイス
  2. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  3. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い

作りかた

  1. シャルロットレシピ
  2. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  3. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた

お菓子の歴史

  1. マドレーヌの名前の由来
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
フランスでぜんざいの作りかた
  1. リヨン中心のパン屋さんの素朴なビューニュ|リヨン地方菓子
  2. 朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  3. 赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  4. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  5. リヨンの伝統菓子クッション
  6. フランス LU ビスケット
  7. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  8. パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?

Twitter

PAGE TOP