フランス

フランス冬のスキーバカンスの過ごしかた

フランス冬のスキーバカンスの過ごしかた

スキーバカンスからようやく帰ってまいりました。

学生さんの冬休みが2週間も!あって、それに合わせてバカンスを取る大人もいます。2月のバカンスではスキーをして過ごす方が多いので、スキーバカンスともいわれているんだそうです。うらやましいなぁ。

っていうか、フランスってバカンス多いです、ついさっきクリスマスバカンスがあったばかりなのに。

どこのスキー場?

リヨンから車で2時間くらいで到着するヴィラー・ド・ラン Villard-de-Lans というスキー場に行ってきました。リヨンと同じオーヴェルニュ・ローヌアルプ地方(Auvergne-Rhône-Alpes)に属している小さな村で、村全体がリゾート地になっています。

モンブランといった世界的に有名なスキー場ではなく、フランス人やイタリアからのバカンシエ(バカンスする人)が多いようなリゾート地でした。

  • 地方:オーヴェルニュ・ローヌアルプ Auvergne-Rhône-Alpes
  • 県:イゼール Isère
  • 県庁所在地:グルノーブル Grenoble

今回はフランス人の彼とわたしと何人かでスキー場に行ってきました。フランスでのスキーバカンスでのわたしたちの過ごしかたを紹介します。

スキーをする

フランス冬のスキーバカンスの過ごしかた

ヴィラー・ド・ラン Villard-de-Lans のゲレンデ

スキー場に来たんだからスキーをするのはそりゃ当然です、ふつうは。もちろん一緒に来たフランス人彼たちはスキーをしてました。

フランスのスキー場は、ケーブルカーで登って、ちょっと滑って降りて、さらにリフトに乗って別のゲレンデで滑って、さらに別のリフトに乗って…というのを繰り返して、高いゲレンデに行って滑るんだそう。3つ隣りの山まで行ったりするんだそうです。ダイナミックだなぁ。

一方のわたしは、日本で南国生まれで育ちなもので、雪とは無縁の生活。スキーをするっていう発想は全くなかったなぁ。とはいえ、せっかくフランスのスキー場に来たんだから、スキーを経験してみようかなぁってノリノリで考えてたんですが…。やっぱり遠慮しました。

理由は…、

フランス人がスキーを始める年齢が若すぎる

フランス人はたいてい3〜5歳でスキーを始めるんだそうです。

スキー場にはスキーレッスンもあって何歳でも参加はできるんですが、主な生徒は3〜4歳です。実際ゲレンデで小さい子供たちがインストラクターと一緒に列になって滑っているグループが何組もありました。もちろんその中に大人はいないです…。だから、その中に加われない…。

傾斜のついたゲレンデを躊躇なく滑れるって、やっぱり子どもの頃から始めてないとできないなぁって思う。大人になるとできなくなることがたくさんあるのね…。

骨折するんじゃないの?

もうひとつの理由は、スキーには怪我がつきもので、特にわたしは初心者だから怪我しやすいだろうと。で、怪我したらどうすんの?って話。前回、腎盂肝炎になったときも病院や検査所へ行くのに大変だったのに、骨折ってなったらさらにめんどくさそう(あたりまえ)。

フランスで骨折したら大変だっ!ってことで、今回はスキーするのをあきらめました。もういまさらスキーを始めることはないのかな。

 

スキー場に行ったらみんなスキーをして楽しんでいますが、スキーだけじゃないんです。ほかにも楽しめるところがあります。

山歩きをする

フランス冬のスキーバカンスの過ごしかた

今年は雪が少なかったそうです

いわゆる散歩です。ただ、上り下りの山道だったり雪道だったりするので、歩くのが大変です。そんな山道を2〜3時間歩きます。

こんな感じで山道・雪道を散歩している人は結構たくさんいるんですよね。フランス人ってほんとに散歩が好きなんだなぁ。

ちなみに、スキー場ではスキーだけではなく、スキー場になっているゲレンデの近くの雪山を歩くっていうランドネ Randonnée といいます。スノーシューという靴につける道具を履いて雪山を登っている人もたくさんいました。

スノーシューとは、踏み固められていないふかふかの雪で覆われた大地を自由に歩くための道具。

小さな村に行く

フランス冬のスキーバカンスの過ごしかた

Mairie 村役場

泊まっていたスキー場から近くにある村ヴィラー・ド・ラン Villard-de-Lans との村の中心にも行っていました。スキー場を含む全体がリゾート地なので、その村の中心も観光客用の町になっていました。

泊まっていたアパルトマンの近くにはレストランがなかったので、夕食に村のレストランまで行くことも多かったです。レストランでごはんを食べたり、カフェでビール飲んだり、パティスリーでショコラを飲みながらおしゃべりをしたり、雪山用の靴を買ったり、ビリヤードしたりっていうのんびりと過ごしてました。

ちなみに、宿泊したアパルトマンではWIFIもつながらず、ほんとうにのんびりと過ごしてきました。ほんと頭がからっぽになるまでのんびり♪

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. シャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエル パリのシャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエル
  2. ベトナム・ホーチミンで料理教室 世界の料理教室*ベトナム・ホーチミン編(バインセオ)
  3. フランスのスキー場はこんなところ|ローヌ・アルプ地方ヴィラー・ド…
  4. タイで見つけたスイーツとお菓子を紹介! タイの伝統菓子から定番と流行のスイーツたち|バンコクを旅して見つ…
  5. タイのバンコクとアユタヤで勝手に世界ねこ歩き 勝手に世界ねこ歩き@タイのバンコク編
  6. アルザスコルマールのマルシェ・ド・ノエル アルザス地方コルマールのマルシェ・ド・ノエル
  7. ベトナム・ホーチミンの屋台 ホーチミンいろいろ*屋台の手作りお菓子
  8. 南フランスの小さな町を旅する Lamalou-les-bain のんびりな町を一周_南仏の小さな温泉の町を旅する*Lamalou…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  2. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  3. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  4. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  5. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  6. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO
  7. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用 Foncer à tarte タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  8. 本場フランスのパン屋の味!ブリオッシュの作りかた Brioche キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  9. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  10. パン屋さんのレジ横の定番シュケットの作りかた Chouquettes シュケットの作りかた Chouquette

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  2. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  3. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット

作りかた

  1. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  2. プレゼントに最適!くまの型抜きクッキーの作りかた*Recette de Sablé

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  1. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  2. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ
  3. パンデピス博物館
  4. フランスのガレット・デ・ロワ
  5. フランス・リヨン旧市街のアイス屋さん|一番おいしいのはどこ?
  6. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  7. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  8. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  9. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子

Twitter

PAGE TOP