お菓子の歴史

繭のお菓子 Cocon de Lyon

cocon de Lyon ココン・ド・リヨン

以前、クサン・ド・リヨン Coussin de Lyon というお菓子があることを紹介しましたが、もうひとつ、リヨンのスペシャリテなお菓子があるんです。

Cocon de Lyon ココン・ド・リヨン といい「リヨンの繭」という意味のお菓子です。

cocon de Lyon ココン・ド・リヨン

cocon de Lyon ココン・ド・リヨン リヨンの繭

リヨンの特産品のひとつは絹織物です。
昔から絹織物が作られていて、今でも多くの工房が残っています。

その伝統はルネサンスの頃にさかのぼります。
15世紀に入るとイタリアから絹商人や技術者たちがリヨンに引っ越して絹織物が作り始められました。

ルイ11世は絹織物を推進し、南フランスでも養蚕業の発展を指示しました。
16世紀に入るとフランソワ1世が貿易赤字解消のために、リヨンに特許を認め絹織物の中心としました。
ルイ14世はヴェルサイユを豪華に飾るために絹織物を大量に買い付けました。

その時の国王の後押しもあり大きく発展していきました。

しかし、19世紀の1855年、蚕の病気がヨーロッパ全土に広がっていき、フランスも大きな打撃を受けました。当時、リヨンは世界一の絹織物産業と発展していましたが、同じく大きな影響を受け、多くの失業者が出るなどパニックを起こすほどでした。

そこで、日本の上質で丈夫な生糸に注目しました。日本の開国にもちょうど時期が重なったこともあり、生糸を輸入することができ、リヨンの養蚕業と絹織物は復活を遂げました。

絹織物はリヨンの旧市街を中心とした地区で作られていました。
絹織物は非常に高価なものだったため、大切に扱われていました。

リヨン旧市街

夜のリヨン旧市街。細い路地が通っています。

そこで発展したのがトラブール Traboule と呼ばれる建物の中にある細い通り道です。
ラテン語でTrabouleとは「密集した建物の内部の通り」という意味。

リヨン市内に500のトラブールが今でも残っています。

  • Vieux Lyon ヴューリヨン:215
  • Croix Rousse クロワルス:163
  • Presqu’île プレスキル:130

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス・アルザス地方のクグロフ クグロフ|アルザスで見つけたフランスの地方菓子
  2. トロペジェンヌの包装 一度は食べたい!大きすぎるなタルト・トロッペジェンヌ
  3. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子 プラリン・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子 P…
  4. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  5. パリ・ベルティヨンのアイス ローストパイナップルと生バジルのアイス
  6. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子 リヨンの地方菓子ビューニュ Bugne|マルディ・グラに食べる揚…
  7. フランス LU ビスケット 一番大好き!フランスのスーパーにあるお菓子|LUのビスケット
  8. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy スーパーで買える本場コメルシーのレシピで作ったマドレーヌ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  3. きょうのおやつ*ムースリーヌ

作りかた

  1. りんごタルトのレシピ recette tarte aux pommes
  2. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  3. シナモンのクリスマスサブレの作りかた

お菓子の歴史

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子
  1. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  2. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  3. パリのお菓子屋さん
  4. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  5. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  6. ボール・ボキューズのブラッスリーで一番わくわくする店舗|L'ouest
  7. パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?
  8. 朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  9. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー

Twitter

PAGE TOP