フランス語

フランス・リヨン大学付属語学学校を2校比較してみたよ|どっちがおすすめ?

フランス・リヨン大学付属語学学校を2校比較してみたよ|どっちがおすすめ?

リヨンはフランスで3番目に大きな街です。大学や語学学校の教育機関も多くあり、フランス人学生や留学生の多い街でもあります。

そのため、フランス・リヨンを留学先に検討している方も多いのではないでしょうか。

フランス語を学ぶ目的で留学する場合、私立の語学学校と大学付属の公立の語学学校を選ぶことができます。1年以上の長期で留学を考えている場合、大学付属語学学校に入学しようと考えている方も多いと思います。

今回は、リヨンにある2つの大学付属語学学校を比較して紹介します。

リヨンには、公立の大学付属語学学校のリヨン・リュミエール2、私立のリヨン・カトリックの2校があります。

リヨンカトリック l’Université de Catholique de Lyon(ILCF)

新学期のはじまりは毎年10月からスタートします。

※2016-2017年の場合

期間

  • 1er semestre (1学期) :  2016/10/03 ~ 2016/01/27
  • Vacances :  秋休み 2016/10/27 ~ 2016/11/02,  クリスマス休暇 2016/12/17 ~ 2017/01/02
  • 2er semestre (2学期) :  2017/02/01 ~ 2017/05/30
  • Vacances :  冬休み 2017/02/25 ~ 2017/03/05,  春休み 2017/04/15 ~ 2017/05/01

semestreとは1学期(4ヶ月)のことをいいます。

授業時間&授業料

  • Programme semi-intensif の場合:1 semestre :  208 時間(16時間/週)、1535ユーロ
  • Programme intensif の場合:1 semestre :  260 時間(20週/週)、2040ユーロ

場所

大学の所在地:23, place Carnot Lyon

キャンパスはペーラッシュ駅にある広場(プラスカルノ)の横にあります。ペーラッシュ駅の裏手にも新しくキャンパスができました。どちらのキャンパスを使うかはクラスによるとのこと。

公式サイト:リヨンカトリック(パンフレットもダウンロードできます)

リュミエール・リヨン2 Centre international d’études françaises de l’Université Lumière Lyon 2(CIEF)

 

続いて、公立の大学付属語学学校です。

新学期のはじまりは毎年9月からスタートします。

※2016-2017年の場合

期間

  • 1er semestre (1学期) :  2016/09/02 ~ 2016/12/21
  • Vacances :  秋休み 2016/10/27 ~ 2016/11/03,  クリスマス休暇 2016/12/22 ~ 2017/01/03
  • 2er semestre (2学期) :  2017/01/16 ~ 2017/05/20
  • Vacances :  冬休み 2017/02/19 ~ 2017/02/26,  春休み 2017/04/16 ~ 2017/05/01

授業時間&授業料

  • Cours semi-intensifs の場合:1 semestre 210 時間(12週)、1125ユーロ
  • Cours intensifs の場合:1 semestre 280 時間(12週)、1870ユーロ

授業内容例(B1レベル)

CONTENU DES COURS Tronc commun (168 h):基本の授業

  • Compréhension de l’écrit
  • Production écrite
  • Compréhension de l’oral
  • Production orale
  • Outils linguistiques
  • Civilisation

Deux modules au choix* (42 h):選択授業(以下のうち2科目を選択)

  • Mode
  • Enquête dans la ville
  • Ecriture créative
  • Français des entreprises
  • Art et créativité Validation de la formation

場所

大学所在地:16, quai Claude Bernard

CIEF の受付:ERATO 棟の日本式の2階にあります。受付時間は 13h30 à 16h30

公式サイト:リヨン2(パンフレットもダウンロードできます)

 

私立と公立の大学付属を比較

授業時間数

どちらも12週(バカンスを含めて4ヶ月)あり、1学期でリヨン・カトリックのほうが2時間少ないですが、まあ授業時間はほぼ同じといえるでしょう。

授業料

リヨン・カトリック(私立)のほうが400ユーロ高いです。私立なので高いのは当然と言えるでしょう。これでも私立の語学学校と比べると安いほうです。1ヶ月にすると100ユーロの差しかないのでさほど大きな差ではないと思います。

公立(リュミエール・リヨン2)は数年授業料が変わっていないそうですが、私立(リヨン・カトリック)は去年より90ユーロくらい上がってました。1年間でこの上昇はなかなかの強気です。

翌年はまた差が開くかもしれません。

授業内容

リュミエール・リヨン2には授業内容がきちんと示してありました。基本科目+選択科目(B1レベル以上)があります。選択科目があるっていうのがいいところだと思います。基本科目だけだと飽きますもんね。

一方のリヨン・カトリックは授業内容は正確には示されてなかったです。フランス語の授業であることはそうなんでしょうが、選択科目があるのか、基本科目は何があるのかは知りたいところですが、情報は載っていませんでした。

パンフレットや公式サイトを見ても、リュミエール・リヨン2のほうが内容を詳しく書いてあります。公立なのにものすごく充実している情報量です。

大学付属の特徴

大学付属と私立語学学校との違いは、大学付属は1学期(4ヶ月)という期間で授業を受け、私立のように毎週や毎月入学することができません。

1学期で12週ありますが、学期の途中でバカンスが2回ずつ入ってくるため、1学期が12週で4ヶ月かかってしまいます。短期間でフランス語を集中して習いたいって言う人にはちょっと不向きななのかな。

立地

リヨン・カトリックはペーラッシュ駅の近くで、街の中心にあり便利な場所にあります。バスやメトロ、トラムが多く停まる場所でもあるので公共交通機関を使って通学する方には便利な立地です。

一方のリュミエール・リヨン2は、ギヨチエール(Guillotière)の南側のローヌ川沿いに位置していて、街の中心から少しだけ離れています。Guillotière のエリアって浮浪者みたいな人が多くって、昼間っから道路で寝てたりふらふらしてる人がいるところなのであんまり雰囲気は良くないです。

トラムが最寄りの公共交通機関で、メトロは少し歩くとあります。リヨン・カトリックに比べると便利ではない立地です。

立地については、住む場所や交通機関によるので、留学前ではあまり参考にしようがないかもしれません。

まとめ

リヨンにある大学付属語学学校の私立と公立の2校をパンフレットを元に比較してみました。

ぜひ、大学付属の語学学校を決める際の参考にしてみてください。

パンフレットや公式サイトだけの情報だと情報量や費用の観点から見ても、公立のリュミエール・リヨン2に軍配が上がりそうです。

また、パンフレットだけでは分からない実際に「公立大学付属語学学校に通った経験談と対策」という記事もご覧ください。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス語おすすめ文法テキスト おすすめフランス語文法テキスト|Grammaire Progre…
  2. フランスの書店fnac フランス語テキストが豊富な本屋さん@リヨン
  3. 無料のディクテ教材でフランス語の基本からおさえよう!*Dictées Audio @Bescherelle 無料のディクテ教材でフランス語の基本からおさえよう!
  4. 大統領選でフランス語のヒアリング力を上げてやる!|討論 débat 大統領選でフランス語のヒアリング力を上げる勉強法|討論 déba…
  5. フランス語の文章が口から出てくるようになったおすすめテキスト フランス語が話せるようになるおすすめしたいテキスト本
  6. フランス語を100回音読した効果 フランス語100回音読を1ヶ月やってみた効果と感想
  7. フランス留学する方必見!公立大学付属語学学校の経験談と対策 フランス留学する方必見!公立大学付属語学学校の経験談と対策
  8. フランス語の発音をきれいに正しく発音するために フランス語の発音|きれいに正しく発音するために実践したこと3つ

コメント

    • みかん
    • 2016年 8月 03日

    こんにちは。
    フランス語の勉強をしています。
    リヨンに留学したく語学学校を調べていますが、なかなかわかりません。
    kicoさんのオススメの語学学校はどこですか?
    kicoさんが通ってた学校の名前を教えて下さい。
    お願いします。

      • kico
      • 2016年 8月 04日

      みかんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
      語学学校をわたしも全部知っているわけではないのですが、結局のところ学校の優劣よりも自分が学校以外でどのくらい勉強するかっていうところがポイントな気がします。語学学校はどこもさほど変わらないような気がします。アリアンスフランセーズはいいと思います。
      フランス留学、がんばってください!! kico

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  2. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  3. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  4. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  5. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  6. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  7. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  8. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  9. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  10. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

フランス菓子

  1. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  2. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  3. フランスの中にあるスペインの町のお菓子

作りかた

  1. 濃厚なガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage
  2. マドレーヌのレシピ
  3. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  1. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  2. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  3. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた
  4. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  5. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  6. パンデピスのレシピ pain d'epice
  7. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  8. フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ
  9. フランスでぜんざいの作りかた

Twitter

PAGE TOP