フランス生活

フランス流、最高な人生の送りかた⁉︎

フランス流、最高の人生の送りかた

日本では不倫、絶対にダメらしい…。

仕事を奪われるくらいヤバイことらしい。おそろしや。

そりゃ悪いことなんだけど、そりゃ知ってるけど、やってる人多いよね。会社員の頃、たしかにスキャンダラスな話題にはなるけど、不倫してる人は少なくなかった。まぁ、それは置いといて。

フランスには結婚しなくても結婚に近しくみなされる制度があるらしい。事実婚とか言われてる制度で、パクスと呼ばれています。

パクスをしなくても、恋人のまま子供が産まれても結婚もパクスもせずに一緒に暮らし続けているカップルもたくさんいます。

詳しいところになると、結婚と事実婚って違う部分はありますが、カップルが一緒に暮らして、子供がいたら一緒に育てるっていうことには変わりありません。はたから見たら、どっちでも変わりない感じ。

わたしの周りのフランス人カップルもパクスすらしてない事実婚カップルが多いです。

なんで、不倫になっちゃうのかって言うと結婚しているからなんですけど、じゃあ結婚しなけりゃいいじゃんてことなんです。フランスのシステムでいうとそれは可能です。

わたしの近くにいる、この人楽しそうな人生送ってるなぁっていう人たちを紹介。

彼(彼女)らは、適齢期と呼ばれる時期くらいに、そのとき付き合ってた人と子どもをもうけます。でも,結婚はしてないんです。結婚したら離婚が大変だし、まだ当時の自分は一生この人と添い遂げるっていう覚悟ができてなかったので、結婚はせず事実婚状態。

いずれもっとほかの異性が気になってきます。だって、まだまだ若いから。カップルは別れます。結婚してないのでカップル解消は比較的簡単。子どもの面倒はどうするのかをきっちり決める。

交代で子どもを育てながら、恋愛をして彼女(彼)を作る。付き合って別れ手を繰り返したりする。若いし、体力はあるし、まだまだ遊びたい時期。

子どももちょっと大きくなったし、体力も落ちてきたし、そろそろじっくりひとりの相手と恋愛したい、できれば結婚もしたいなぁ。若い時期の好奇心おう盛な時期は終わったし。

で、真剣に付き合える相手を捜して、見つけて、一生一緒に暮らしていく。

なんで不倫になっちゃうのかって言うのは理由はいろいろあるけれども、ある程度適齢期で結婚したとして、適齢期くらいってまだまだ若くって体力もあるからほかの異性も見たくなっちゃうし、この人だけを一生大切にするっていう覚悟ができてないっていうのもあるのかも。

今年に入って不倫のニュース多いねってなったときに、身近にいる彼らのことを思い出しました。

まぁ彼らだって、最初っから子どもをもうけた相手と別れようとは思ってないし、たくさんの異性と付き合おうとは思ってないわけで、いつもいつも真剣だったわけで、こうなったのは結果論なんですが、今から振り返るといい人生じゃなかったの?とは思います。

ただね、落ち着いた頃に真剣に付き合う相手を捜すって言うところで難航している人は多いです(笑)

何歳になっても恋愛できそうな相手はいるけれども(ここがフランスはすごいところだけど)、経験値が上がっている分、なかなか理想的な相手に巡り会えていないみたい。そして、年齢が上がっているから勢いっていうものがない!

なので、これが理想的がどうかは分かんないけど、こんな生き方ができるよ、フランスは。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス人、2軒目の家を買う 2軒目の家を買うフランス人たち
  2. フランス人彼氏に早めに言ったほうがいいこと フランス人と付き合ったら、絶対早めに言ったほうがいい2つのこと
  3. フランス人の長過ぎるバカンスをどこに行くのかな?*北極に行く女〜 フランス人の長過ぎるバカンスをどこに行くのか調査してみたよ
  4. シェンゲン協定オーバー シェンゲン協定に50日オーバーステイ!フランス出国できる?
  5. フランス滞在許可書が2ヶ月遅れで手に入った|フランスで生きるなら海ほどに広い心を持つべし フランス滞在許可書が2ヶ月遅れで手に入った
  6. 2017年フランス大統領選挙の仕組み フランス大統領選挙の仕組みを簡単に説明するよ!
  7. 南仏発!フランス人流ビーチでの過ごし方 南仏発!フランス人流ビーチでの過ごし方
  8. フランスのマンションを内装リフォームすると高く売れる? フランスのマンションを内装リフォームすると高く売れる?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  2. トロペジェンヌ
  3. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子

作りかた

  1. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた
  2. マドレーヌのレシピ
  3. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  1. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー
  2. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean
  3. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子
  4. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  5. リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli
  6. リヨンの伝統菓子クッション
  7. わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん
  8. ブランデーのフルーツケーキの作りかた

Twitter

PAGE TOP