お菓子の由来

パピヨットの歴史と由来| Papillote

パピヨットPapillotte

パピヨットの誕生物語

18世紀末、フランスの南東部にあるリヨンという町の北に位置するクロワルッス地区付近(le quartier des Terreaux)に、コンフィズリー店で見習いをしている若い男の子がいました。

地図 リヨンのクワルッス地区の位置


クロワルッス地区とは、リヨン市役所横のテロー広場から北に丘を登ったところで、昔から絹織物が盛んな地区です。

コンフィズリーとは、チョコレートやキャンディなど小麦粉を使わない小さくて甘いお菓子のことです。

その見習いの男の子は上の階で働いている美しい女性が気になっていました。

彼は彼女の気を引くために、コンフィズリーを作って贈ろうと考えました。コンフィズリーに短い愛の言葉を書いた紙を巻き、彼女に贈ろうと考えました。

この話の続きは、不幸な結末と幸せな結末の2つあると言われています。

不幸な結末

ひとつめは、見習いの男の子は、コンフィズリーの店主に相談したが、店主はそのアイデアを却下しました。でも、店主はそのアイデア自体はおもしろいと考え、メッセージを書いた紙を巻いたコンフィズリーを販売することにしました。

そのイジワルな店主の名前がパピヨット氏だったから、パピヨットというお菓子が誕生した説。こちらは、アイデアだけ盗られて、男の子の恋愛はうまくいかなかったんですね。

幸せな結末

ふたつめは、店主に相談せずに、見習いの男の子は愛のメッセージを書いた紙に巻いたコンフィズリーを彼女に贈り、その後ふたりは結婚したという幸せな結末。

彼女の甥がパピヨット氏だったというとこから、パピヨットと名付けられた説。

甥の名前をコンフィズリーの名前に付けるのか…というところに若干の強引さはありますが、後者の幸せ説が本当であってほしいです。

その後の1898年、トーマスとペレンの家族によって、チョコレート店(Révillon)が創業され、ほんの数年のうちに、リヨンでは最大のチョコレート店に発展していきます。

Révillon は今でもパピヨットで有名なブランドです。

1965年までに、パピヨットは今の形となり、1971年にリヨン市内から、隣りのロワール県(Loire)に移転し、リヨンだけでなく、フランス全土に広まっていきました。

パピヨットってどんなお菓子なの? フランス菓子の情報 GO!

関連記事

  1. ガレット・ド・ペルージュの歴史と由来|Galette de Pérouges ガレット・ド・ペルージュの歴史と由来|Galette de Pé…
  2. サントノレの歴史と由来|Saint-Honoré サントノレの歴史と由来|Saint-Honoré
  3. ブリオッシュ・ド・サン=ジュニの歴史と由来|Brioche de Saint-Genix ブリオッシュ・ド・サン=ジュニの歴史と由来|Brioche de…
  4. モンブラン Mont-blanc モンブランの歴史と由来|Mont-blanc
  5. タルトタタンの歴史と由来|Tarte TATIN
  6. ビューニュの歴史と由来|Bugne
  7. ブリオッシュの歴史と由来|Brioche ブリオッシュの歴史と由来|Brioche
  8. コック らくだこぶパンの歴史と由来|Coque

フランス菓子

  1. Macaron d’Amiens マカロン・ダミアン – アミアンの町のマカロン
  2. Canistrelli カニストレニ – コルシカ島のビスケット Canistrelli カニストレニ - コルシカ島のビスケット
  3. Bugne ビューニュ – 断食前のごちそうだった揚げ菓子 ビューニュ Bugne
  4. Meringue メレンゲ – ポーランド生まれの伝統菓子 メランゲ Meringue
  5. タルト・ブルダル Tarte Bourdaloue|アマンディン タルト・ブルダル Tarte Bourdaloue
  6. Tourte トゥルト – 中世時代に人気のあったタルト Tourte トゥルト - 中世時代に人気のあったタルト
  7. フランスでパティシエという職業ができるまでの歴史 フランスでパティシエという職業ができるまでの歴史
  8. シャルロット Charlotte シャルロット Charlotte
  9. Kouglof クグロフ – アルザス地方の王冠形の菓子パン クグロフ Kouglof
  10. Cramique クラミーク – フランスの干しぶどうパン Cramique クラミーク - フランスの干しぶどうパン
PAGE TOP