レシピ

アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスの家庭料理

アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスで作る夜ごはん

日本でもスーパーでよく見かけるアンディーブ Endives(日本名ではチコリ)ですが、サラダ以外の食べかたがあんまりないような気がします。わたしも日本で買った記憶はあんまりないです。あのクックパッドでさえ400品しかレシピ投稿がなかった…。なかなかバリエーションの効かない野菜です。

アンディーブは生で食べるとシャキシャキとして歯ごたえがあるけどやわらかく、少し苦みがあるのが特徴です。フランスでも生のサラダとして食べることが多いです。

ベルギーにはアンディーブをグラタンにする料理があるんです。わたしも一度ベルギーで食べたことあります。そのアンディーブとハムのグラタンはフランスでも食べられる家庭料理です。

さっそくわたしも挑戦!

例のごとく、カンタンに作れて、しかもオーブンに入れておけば知らぬ間にできあがってて、さらに豪華に見えておいしいっていうレシピです(笑

アンディーブとハムのグラタンの材料

  • アンディーブ(チコリ) 4つ
  • 薄切りの大きめのハム 4枚
  • とろけるチーズ 100g
  • 塩・こしょう 少々

フランスのハムは大きめで長さが15cmくらいあります。日本のサイズの薄切りハムだったら倍の量は必要です。

ベシャメルソース

ベシャメルソース Sauce béchamel とはホワイトソースのことです。

  • 小麦粉 40g
  • バター 40g
  • 牛乳 400ml
  • 塩・こしょう 少々
  • ナツメグ 少々

できあがりまでの時間

  • 準備:30分
  • オーブンでの焼成時間:200℃で30分

アンディーブとハムのグラタンの作りかた

1. お湯を沸騰させ、塩(大さじ1)加え、アンディーブを入れゆでる。25分〜30分程度ゆで、芯までしっかりとやわらかくなるまでゆでる。

アンディーブのグラタンのレシピ recette endives au jambon

2. ゆでている間にベシャメルソースを作ります。(ベシャメルソースの作りかたは下記)

3. ゆであがったアンディーブをハムで巻きます。

アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスで作る夜ごはん

アンディーブにハムを巻きます

オーブン皿に並べます。

アンディーブのグラタンのレシピ recette endives au jambon

オーブン皿に並べます

4. ベシャメルソース、チーズの順にかけてオーブンで焼く(200℃で30分)

アンディーブとハムのグラタンのレシピ|フランスで作る夜ごはん

できあがり♪

ベシャメルソール(ホワイトソース)の作りかた

  1. 片手鍋にバターを加え、弱火にかけます。
  2. バターが完全に溶けたら、小麦粉を一気に入れ、弱火のまま炒めていきます。
  3. バターと小麦粉が合わさり、かたまりができます。
  4. 牛乳を少しずつ加えて、泡立て器で混ぜていきます。
  5. ゆるいとろみがついたら、塩と胡椒、ナツメグを加え混ぜ合わせます。

作りときのポイント

  • アンディーブは30分程度ゆっくりとゆでます。日本人だとこのくらいの歯ごたえが残る感じが好きだと思うのですが、しっかりと中まで火を通します
  • ベシャメルソースには少し控えめの塩味を付けておきます。ハムとチーズは塩味が効いてて、アンディーブも塩ゆでするので、塩味はあらかじめついています。

ぜひ作ってみてください!

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. トマトファルシのレシピ recette tomates farcies トマトファルシのレシピ*Tomates farcies【フランス…
  2. フランス人にも好評だった和風ソースのポークソテーのレシピ フランス人にも好評だった和風ソースのポークステーキのレシピ
  3. 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう
  4. フランス家庭料理、じゃがいものガーリックソテーの作りかた じゃがいものガーリックソテーの作りかた|フランス家庭料理
  5. フランスのビール・モナコ Monaco フランス夏のビール モナコ*Monaco
  6. 外国で鍋を使ってごはんを炊く方法 外国で鍋を使ってごはんを炊く方法
  7. フランス家庭料理、想像以上においしい米のサラダの作りかた 米サラダの作りかた|フランス家庭料理の定番
  8. フランスの料理レシピ検索サイト フランス生活初心者へおすすめ!料理レシピ検索サイト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  2. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  3. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  4. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  5. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  6. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  7. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  8. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  9. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  10. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

フランス菓子

  1. フランス LU ビスケット
  2. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  3. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|

作りかた

  1. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  2. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中
  3. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée

お菓子の歴史

  1. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー
  1. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  2. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  3. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  4. リヨンの伝統菓子クッション
  5. パリのお菓子屋さん
  6. リヨンの中心にあるMOFのいるパン屋さん|Boulangerie Pozzoli
  7. ガレットデロワ galette des rois
  8. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  9. ドライフルーツの洋酒漬けの作りかた|最適な漬ける期間を比較中

Twitter

PAGE TOP