レシピ

生クリーム不使用!牛乳だけどおいしいキッシュの作りかた|冬野菜の定番ポワローのキッシュ

フランス冬野菜の定番ポワローで作るキッシュのレシピ

フランスはもうすっかり寒くなってきました。フランスの冬にはポワローという野菜が出回り始めます。今回は、ポワローを使ったキッシュを紹介します。

ポワローとは?

ポワロー Pireau とは、日本の長ネギを少し太らせたような見た目で、種類はネギとは違うので辛みがなくまろやかな味がします。火を通すとやわらかく、素材の甘味が出てきます。強い味はないので、他の食材と合わせても邪魔をしません。なので、キッシュの具としてどの食材とも相性はいいです。

ポワロー Poireau

ポワロー Poireau

では、作っていきます。

キッシュの材料

6人分(ホール1台分)

市販のパイ生地(Feuilletée)1枚
ポワロー Poireau2本
ベーコン Lardons100g
コーン缶半分(150g程度)
バター10g
3個
牛乳300cl (=300ml)
小さじ1/2程度
胡椒適量(好み)
ナツメグ適量(好み)
チーズ100g

今回は食感に変化が出るようにコーンも一緒に加えました。

  • ベーコンはフランスでは、ラルドン(Lardon)を使うことが多いです。スーパーにはすでに細かく切ったものが売られています。
  • チーズはコンテ(Conté)やエマンタル(Emmental)などのラペ(Râpé)を使うのがおすすめです。

牛乳でもおいしくつくるコツ

  • 具だくさんにして、キッシュ液を少なめにする
  • ベーコンを入れてコクを出す

準備

  • コーンの汁を切っておく。
  • オーブンを180度に温め始める。
  • 型に生地を敷き、底にフォークで穴をあけておく。

キッシュの作りかた

  1. 長ネギを5ミリ幅程度の輪切りにする。葉に近い部分を使う際には、葉の間に土が入っていないか注意してください。
  2. フライパンにバターを入れ、弱火にかける。バターが溶けたら、ポワローとベーコンを入れ、蓋をして蒸し焼きにする。
  3. アパレイユ生地を作る。ボウルに卵と牛乳を加えて混ぜ、塩・胡椒とナツメグで味を調える。ラルドンには強い塩気がついているのであまり強めに味付けしないように。
  4. ポワローがしんなりとしたら、コーンと一緒に型に敷き詰める。アパレイユ生地を型に流す。最後にチーズを敷き詰める。
  5. 180度のオーブンで30分程度焼く。
フランス冬野菜の定番ポワローで作るキッシュのレシピ

生地いっぱいにポワローとチーズを敷き詰めます

フランス冬野菜の定番ポワローで作るキッシュのレシピ

焼き上がりです!

キッシュ生地がきれいに取り出すポイント

キッシュは食べる30分〜1時間程度前に焼き上がるようにします。食べる直前に再度軽く温めます。そうすると、切り分ける際にキッシュがきれいに切れて型から取り出せます。焼きたてを切ると生地がまだ安定していないので、崩れてしまうんです。

ぜひ試してみてください。

Bon appétit ! ボナペティ!

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 手抜き料理だけど絶品!やみつきサモーンクリームパスタのレシピ 手抜き料理だけど絶品!やみつきサモーンクリームパスタのレシピ
  2. フランスで寿司を作る フランス人が好む、すし酢の配合と作りかた
  3. フランスのクレープのレシピ 食事にもなるクレープ生地の作りかた
  4. フランスのパン粉で作るささみのフライの作りかたタルタルソース添え 実はフランス料理?ささみフライとタルタルソースのレシピ
  5. ズッキーニのグラタンのレシピ recette gratin de courgettes ほくほくズッキーニのグラタンのレシピ*Recette Grati…
  6. 外国で鍋を使ってごはんを炊く方法 外国で鍋を使ってごはんを炊く方法
  7. 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう
  8. 鶏がらスープから作るチキンカレーのレシピ|フランスで作る家庭料理 鶏がらスープで作るチキンカレーのレシピ|コクがでてすごくおいしか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  2. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  3. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  4. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  5. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  6. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  7. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  8. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  9. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  10. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

フランス菓子

  1. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  2. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  3. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne

作りかた

  1. フォンダン・オ・ショコラのレシピ
  2. キャラメリゼしたりんごとトマトのパウンドケーキの作りかた
  3. カロリー控えめガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  3. マドレーヌの名前の由来
朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  1. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins
  2. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  3. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  4. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  5. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  6. パンデピス博物館
  7. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  8. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた
  9. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean

Twitter

PAGE TOP