レシピ

鶏丸ごと!ローストチキン|オーブンで焼くだけ簡単にできるレシピ

フランス流ローストチキンのレシピ|オーブンで焼くだけ簡単!

ローストチキンをひさびさに作ってみました。

フランスの鶏肉のは鶏一羽ごとスーパーに売っているので、気軽に買うことができ、簡単に作ることができます。カロリーが高そうな豪華な料理なイメージがあるんですが、そのまま鶏をオーブンで焼くだけなので低カロリーで簡単に作れます。

今回は、オーブンに入れるだけで作れる簡単なローストチキンの作りかたを紹介します。

フランスのローストチキンは?

ローストチキンはフランス語で Poulet rôti プーレ・ロティと言います。Poulet が鶏肉、Rôti はオーブン焼きのことを指します。

日曜日に家族で食事をするときにマルシェで焼きたてのローストチキンを買ってきたり、鶏を買ってきてオーブンで焼いたりするんだそうです。オーブンに入れるだけなので簡単に作れて豪華にみえる料理だなって思います。

ローストチキンの付け合わせは?

付け合わせは鶏肉と一緒に焼くと鶏肉の脂と絡まっておいしくできるし。手間が省けて楽チンです。

定番の付け合わせはじゃがいもですが、にんじんや玉ねぎを加えてもいいです。

ローストチキンの作りかた

ローストチキンの材料

鶏一羽分

鶏一羽まるごとpoulet一羽
sel適量
こしょうpoivre適量
ハーブherbe de Province適量
皮付きにんにくail4個
オリーブオイルhuile d'olive適量
冷たいバターbeurre30g
皮付きじゃがいもpommes好きなだけ

鶏が一羽あれば、あとの材料は適当で大丈夫です。塩こしょうなどの味付けはできあがってからでも調整できるしテキトーでいいんです。ねー簡単でしょう。ローストチキンはとりあえず焼けばかなりおいしくできあがります。鶏ってすごい。

フランスでは鶏一羽(1,5kg前後)、日本では1kg程度のものが一般的のようで、フランスの鶏肉は日本のよりもちょっと大きめなサイズが多いです。キロ当たり4ユーロくらいでスーパーで売っています。足の部分を紐で縛ってあるので便利です。

フランス流ローストチキンのレシピ|オーブンで焼くだけ簡単!

じゃがいもとにんにくは皮付きのままオーブンに入れます。皮なしだと焦げてしまうので注意しましょう。

準備

  • 鶏肉は作る2時間以上前に冷蔵庫から出しておく。
  • じゃがいもを洗い、水分を取っておく。
  • オーブンを230度に温め始める。

ローストチキンの作りかた

鶏に味付けしてオーブンに入れるだけなのですごく簡単です。

1.鶏肉にオリーブオイルを塗る。手をつかって足の付け根などしっかりと塗りつける。

2.塩・こしょう・ハーブを手でこすりつけるようにつける。

フランス流ローストチキンのレシピ|オーブンで焼くだけ簡単!

3.オーブン皿(板)に鶏肉をのせ、足の付け根や鶏肉の下ににんにくを置く。バターを3〜4個に切り、足の付け根にくっつける。

フランス流ローストチキンのレシピ|オーブンで焼くだけ簡単!

鶏の足の間にバター、下ににんにく

4.鶏肉の周りに皮が付いたままのじゃがいもを並べ、オリーブオイルをかける。

フランス流ローストチキンのレシピ|オーブンで焼くだけ簡単!

5.オーブンに鶏肉を入れ、200〜230℃の温度で焼く。

フランス流ローストチキンのレシピ|オーブンで焼くだけ簡単!

鶏の大きさと焼き時間

こちらの計算式の時間を目安にしてください。

計算式:1時間+(鶏肉の重さ−1kg)×5分

例)1,7kgの鶏肉の場合

1時間+(1,7kg-1kg)×5分=1時間35分

ローストチキンの焼きかたは、オーブンの温度を200℃以上に設定すると鶏の皮がぱりっとします。

じゃがいもとにんにくは皮がついたまま焼きましょう。ほくほくとした焼き上がりになり、じゃがいもの皮はぱりっとして食べれるし、にんにくの臭みはなくなります。

ぜひ次の日曜日につくってみてはいかがでしょうか。

トリ3段活用!レシピ

鶏一羽を使って、3品を作りました。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスで鶏がらからスープを取ってみた!なんでも作るよ|作りかたを紹介 ローストチキンを食べたあとは鶏がらからスープを取るのだ!|作りか…
  2. フランスでもおいしく作れる本格的な鯛飯の作りかた フランスでもおいしく作れる本格的な鯛飯の作りかた
  3. フランスのパン粉で作るささみのフライの作りかたタルタルソース添え 実はフランス料理?ささみフライとタルタルソースのレシピ
  4. フランスのクレープのレシピ 食事にもなるクレープ生地の作りかた
  5. ホワイトソースも手作り!簡単にできて満点なラザニアのレシピ 茹でずに作るラザニアのレシピ|手作りするとほんとに美味しくできる…
  6. フランスで寿司を作る フランス人が好む、すし酢の配合と作りかた
  7. フランス家庭料理付け合せの定番、にんじんグラッセの作りかた フランス家庭料理付け合せの定番、にんじんグラッセの作りかた
  8. パラパラなチャーハンが簡単に作れるコツ2つ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  2. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  3. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  4. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  5. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  6. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  7. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  8. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  9. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  10. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

フランス菓子

  1. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い

作りかた

  1. 朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  2. カロリー控えめガトーフロマージュの作りかた Recette gateau fromage
  3. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges

お菓子の歴史

  1. マドレーヌの名前の由来
  2. リヨンの伝統菓子クッション
  3. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん
  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  3. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  4. リヨン・ジャコバン広場近くのおしゃれ系パン屋さん|Le pain des Jacobins
  5. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型
  6. 創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  7. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅
  8. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean
  9. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne

Twitter

PAGE TOP