スイス

スイス・ジュネーヴに行ってきて物価の高さにびっくりした!

フランスの倍!?スイス・ジュネーブに行ってきて物価の高さにびっくりした!
本ページはプロモーションが含まれています。

昨日、日帰りでスイス・ジュネーブに行ってきました。

決めたのは前日の夕方。

なにも事前の計画を立てていってなかったので、スイスでびっくりしたのは物価の高さ!!

日本からフランスに来た時も為替の影響で若干割高感を感じてるから、まあヨーロッパに来たらだいたい感じる物価の高さなんだけど、スイスはそれを遥かに超えてた。

ジュネーブの湖の周りにある売店のサンドイッチに飲み物がついてが11フラン!

1スイスフラン=1ユーロ=113円!

フランス(リヨンの場合ね)だとサンドイッチに飲み物(500ml)にデザートがついて7ユーロ前後。サンドイッチのみだと5ユーロ以下なのに。

高い高いとは聞いてたけれど、あまりにも違いすぎる価格にびっくり!

びっくり仰天したついでにほかの値段も紹介しちゃいます。

1フラン=1ユーロ(→ほぼ同じ。正確には1,09ユーロ)複雑になるけど日本円だと1フラン=105円、1ユーロ=119円(2016年7月末)

バゲットは2フランくらい、フランスでは1ユーロ前後なのでほぼ倍。

レストランのplat du jour (本日のランチ)は20フランくらい、フランスでは10ユーロ前後なのでこちらも倍くらい。定番メニューのステーキフリットは23フラン、フランスだと15ユーロ程度。

カフェの飲み物は、エスプレッソが3,9ユーロ、フランスでは1,5~2ユーロなので倍以上。ソフトドリンクが5フラン、フランスは4ユーロ。ビールは50clで8ユーロ、フランスは5ユーロ。アイスはほぼ同じ3,5ユーロ。

外食系がフランスよりもかなり高め。日本と比較すると食べもの系がものすごく高い!

ちなみに全世界チェーンの値段はこんな感じ。

スタバのドリップコーヒー(Filtre coffee)のトールサイズは4,5フラン、フランスは3,5ユーロ。カフェラテ系は6フラン〜、フラペチーノ系は8フラン〜、フランスは5ユーロ〜。

マックのセット:11フラン、フランスだと8ユーロ前後。日本と比べるとどっちも高い!

スーパーマーケットだと食品系はフランスとだいたい同じ値段くらいだけど、量がフランスよりも少なめなので割高。ポテトチップスは3フラン台がほとんど。

ブーランジュリーも量が少なめで値段はフランスの1,5倍くらい。パンオショコラがフランスの半分くらいの大きさ(たぶん日本のと同じくらいの量)で3,5フラン、フランスでは1,2ユーロくらい。

フランス発の洋服のブランドでは、スイスの為替に合わせてフランスと同じくらいの値段設定になっていました。フランスでは160ユーロのスカートが、スイスでは150フランっていう感じ。

なので、フランスの倍以上するもののあれば、ちょっと高いだけのものもあります。ただフランスよりも安いものはわたしが見た中ではなかったかなぁ。

まぁ物価の高いスイスだからこんなものかなぁっていう感じはあったんですが、フランス人の彼は高い〜高い〜を連発してました。3回目のジュネーブなのに…爆。いちいち高い高いうるさいよっ。まぁ気持ちはなんとなく分かるんです。

だって、国が変わったとは言え、

話している言葉はフランス語。標識も情報もすべてフランス語。

カフェやレストランでメニューに載っているものはほぼフランスと同じ、カフェのスタイルも全部フランスと同じ。

スーパーに並んでいる商品も生鮮食品以外はフランスとほぼ同じ。

支払いもユーロOK。

ここがフランスって言われるとフランスな感じもする。フランスの外の外国に来たって言う感じがないんです。正直。

なので、ものは変わらないのにただ単に物価が上がっている感覚になっているらしい。

日本と同じ品揃えで同じシステムでただ単に値段だけ上がってたらイヤだね、たしかに。

最初のスイスの旅行記が物価の高さにびっくりって言う内容になってしまったけど、スイス・ジュネーブ楽しかったです。また次回紹介します。

わたし的には、日本円で換算するとフランスも結構物価の高い国なんだけどね。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。

関連記事

  1. 南フランスのヌーディストビーチに行ってみた件 清楚系?女子が南フランスのヌーディストビーチに行ってみた
  2. バンコクのタイ料理教室でチャーハンを作る タイの料理教室で本場チャーハンを作ったよ!箸休めにネギをかじる
  3. ストラスブールのクグロフ フランス・アルザス地方のお菓子たち
  4. フランスの中のスペイン領の町リヴィア Llivia フランスの中のスペイン領の町リヴィアに行ってきたよ*Llivia…
  5. 南フランスでのバカンスの過ごし方 遊ぶのが忙しい南フランスでのバカンスの過ごし方
  6. かわいい!ストラスブールの看板たち ぜひ見てほしい!ストラスブールの看板たち
  7. gertwiller お菓子の家 メゾンパンデピス・リップス|アルザスお菓子の家を訪れる旅
  8. ベジエでおいしい料理が食べるなら|レストラン l'Ambassade アンバサッド ベジエでおいしい料理が食べるなら|レストラン l’A…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. リヨンのポールボキューズ本店に再来店してきたら最高すぎた
  4. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ
  5. レシピのフランス語講座
  6. お菓子に関するフランス語の本
  7. お菓子のフランス語
  8. 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  9. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest

プロフィール

こんにちは!kico キコです。
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
プロフィールの続きを読む…

フランス語単語

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ

見てほしい♥

フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ

お菓子

  1. リヨンの伝統菓子クッション
  2. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  3. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子

たび

丸い虹フランスモンペリエの丸い虹 南仏の小さな温泉の町を旅する*Lamalou-les-bain

リヨン

  1. フランス・リヨン最大の見本市 Foire de Lyon に行ってきたよ|
  2. がっつり肉を食べるならリヨン郊外のグリル料理レストラン|Le grill de solaize
  3. フランス・リヨンのマルシェ

レシピ

  1. ステーキが2倍美味しくなる焼きかた
  2. 手抜き料理!トマトだけでも美味しくできるパスタのレシピ
  3. サーモンとほうれん草のキッシュのレシピ recette quiche

おすすめ記事

  1. シャモニー|エギーユ・デュ・ミディの展望台3842mからのまっ白な絶景を見る旅
  2. フランス家庭料理、じゃがいものガーリックソテーの作りかた
  3. これがトップパティシエの実力なのね|SÈVE セーヴ

手続き

  1. 羽田空港へ向かう飛行機で
  2. フランスの健康保険には無料で加入できるってホント?|Carte Vitale
  3. ビザ申請〜許可までにかかるお金はどれくらい?*フランスビジタービザ編
フランス語の読解の勉強法|
  1. もう迷わない!お菓子作りに使えるフランスのたまごのサイズと選び方
  2. アルザスコルマールのマルシェ・ド・ノエル
  3. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  4. 朝ごはんにもぴったり!素朴なおやつ りんごのパウンドケーキ
  5. リヨン料理を食べるならおすすめしたいレストラン|ビストロ・ド・リヨン
PAGE TOP