スイス

スイス・ジュネーヴに行ってきて物価の高さにびっくりした!

フランスの倍!?スイス・ジュネーブに行ってきて物価の高さにびっくりした!

昨日、日帰りでスイス・ジュネーブに行ってきました。

決めたのは前日の夕方。

なにも事前の計画を立てていってなかったので、スイスでびっくりしたのは物価の高さ!!

日本からフランスに来た時も為替の影響で若干割高感を感じてるから、まあヨーロッパに来たらだいたい感じる物価の高さなんだけど、スイスはそれを遥かに超えてた。

ジュネーブの湖の周りにある売店のサンドイッチに飲み物がついてが11フラン!

1スイスフラン=1ユーロ=113円!

フランス(リヨンの場合ね)だとサンドイッチに飲み物(500ml)にデザートがついて7ユーロ前後。サンドイッチのみだと5ユーロ以下なのに。

高い高いとは聞いてたけれど、あまりにも違いすぎる価格にびっくり!

びっくり仰天したついでにほかの値段も紹介しちゃいます。

1フラン=1ユーロ(→ほぼ同じ。正確には1,09ユーロ)複雑になるけど日本円だと1フラン=105円、1ユーロ=119円(2016年7月末)

バゲットは2フランくらい、フランスでは1ユーロ前後なのでほぼ倍。

レストランのplat du jour (本日のランチ)は20フランくらい、フランスでは10ユーロ前後なのでこちらも倍くらい。定番メニューのステーキフリットは23フラン、フランスだと15ユーロ程度。

カフェの飲み物は、エスプレッソが3,9ユーロ、フランスでは1,5~2ユーロなので倍以上。ソフトドリンクが5フラン、フランスは4ユーロ。ビールは50clで8ユーロ、フランスは5ユーロ。アイスはほぼ同じ3,5ユーロ。

外食系がフランスよりもかなり高め。日本と比較すると食べもの系がものすごく高い!

ちなみに全世界チェーンの値段はこんな感じ。

スタバのドリップコーヒー(Filtre coffee)のトールサイズは4,5フラン、フランスは3,5ユーロ。カフェラテ系は6フラン〜、フラペチーノ系は8フラン〜、フランスは5ユーロ〜。

マックのセット:11フラン、フランスだと8ユーロ前後。日本と比べるとどっちも高い!

スーパーマーケットだと食品系はフランスとだいたい同じ値段くらいだけど、量がフランスよりも少なめなので割高。ポテトチップスは3フラン台がほとんど。

ブーランジュリーも量が少なめで値段はフランスの1,5倍くらい。パンオショコラがフランスの半分くらいの大きさ(たぶん日本のと同じくらいの量)で3,5フラン、フランスでは1,2ユーロくらい。

フランス発の洋服のブランドでは、スイスの為替に合わせてフランスと同じくらいの値段設定になっていました。フランスでは160ユーロのスカートが、スイスでは150フランっていう感じ。

なので、フランスの倍以上するもののあれば、ちょっと高いだけのものもあります。ただフランスよりも安いものはわたしが見た中ではなかったかなぁ。

まぁ物価の高いスイスだからこんなものかなぁっていう感じはあったんですが、フランス人の彼は高い〜高い〜を連発してました。3回目のジュネーブなのに…爆。いちいち高い高いうるさいよっ。まぁ気持ちはなんとなく分かるんです。

だって、国が変わったとは言え、

話している言葉はフランス語。標識も情報もすべてフランス語。

カフェやレストランでメニューに載っているものはほぼフランスと同じ、カフェのスタイルも全部フランスと同じ。

スーパーに並んでいる商品も生鮮食品以外はフランスとほぼ同じ。

支払いもユーロOK。

ここがフランスって言われるとフランスな感じもする。フランスの外の外国に来たって言う感じがないんです。正直。

なので、ものは変わらないのにただ単に物価が上がっている感覚になっているらしい。

日本と同じ品揃えで同じシステムでただ単に値段だけ上がってたらイヤだね、たしかに。

最初のスイスの旅行記が物価の高さにびっくりって言う内容になってしまったけど、スイス・ジュネーブ楽しかったです。また次回紹介します。

わたし的には、日本円で換算するとフランスも結構物価の高い国なんだけどね。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. バンコク旅行 ニューハーフショー バンコクでニューハーフショー!きれいなお姉さんとおじさんまで
  2. フランスの小さな村でピクニック フランス夏の日曜日の過ごし方、ピクニックに行こう!|リヨン近郊の…
  3. クリスマスパリ クリスマスシーズンのパリ旅|到着編
  4. ストラスブールのクグロフ フランス・アルザス地方のお菓子たち
  5. 南フランスでのバカンスの過ごし方 遊ぶのが忙しい南フランスでのバカンスの過ごし方
  6. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編 パリで有名パティスリーめぐり*サンジェルマンデプレ編
  7. ホーチミンのバインミー ホーチミンいろいろ*衝撃体験編
  8. 南フランスのヌーディストビーチに行ってみた件 清楚系?女子が南フランスのヌーディストビーチに行ってみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  2. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  3. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  4. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  5. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  6. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  7. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  8. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  9. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  10. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

フランス菓子

  1. フランスのパン*pain cibattaパン・チャバタ
  2. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  3. フランス・アルザス地方のクグロフ

作りかた

  1. ベーキングパウダー不使用!ふわふわになるキャトルカールの作りかた
  2. キッチンエイドで本格的なブリオッシュの作りかた Brioche
  3. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた

お菓子の歴史

  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. リヨンの伝統菓子クッション
創業100年!和の素材・黒糖をつかったショコラティエ|リヨン
  1. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  2. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  3. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  4. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy
  5. パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?
  6. フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  7. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  8. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト

Twitter

PAGE TOP