リヨン

フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン AGUTTES

フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン AGUTTES

先週末に人生初!のオークションへ行ってきました。

オークション(競売)はフランス語で enchère といいます。

わたしは新車だろうがヴィンテージカーだろうが車には興味ないのですが、彼が車が大好きっていうことで行ってみました。同じように車好きがたくさん集まってました。

今回は、ヴィンテージカーのオークション会場をレポートします。

どんな会場?

想像してたオークションはかなり敷居の高い場所で行われるんだろうか…って思ってたのですが、意外にも倉庫みたいな場所にステージと簡易椅子を置いたカジュアルな場所でした(笑)天井や壁は豪華そうにみえるんですけどね。

おそらくヴィンテージカーを展示しなければいけないので、そういう場所だったんだと思います。

ただ、競り落とされる金額はまったくカジュアルなものではなかったんですけどね。

フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン AGUTTES

オークション会場

オークション会場はパールデュー駅から北へ歩いて10分程度にある昔のパールデュー駅の跡地です。隣りはポールボキューズのブラッスリーL’Est ですので、そのほうが分かりやすいかも。

お客さんどんな人?

来ているお客さんはただ車好きな人が大半で、真剣に競り落とす予定の人はほんの少しでした。が、いることはいらっしゃいました。

または、電話やインターネットなどで競り落とす方も多かったです。

オークションの流れ

オークションは土曜日の14時30分から始まりました。その週は競売にかける車を展示して、気になる車をチェックします。状態の良いヴィンテージカーで珍しい車ばかりなので、車好きがたくさん見に来ています。

フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン AGUTTES

会場前

ヴィンテージカーのオークションですが、まずは車に関係するグッズから始まります。1960年代のF1やル・マンといった国際大会のポスターや雑誌、フェラーリの写真集、おもちゃや車のボンネットにつけるマスコットなど小さなものです。

これらのオークションが昼の14時30分から17時30分くらいまで続きます。

その後、休憩をはさんで18時から本番、ヴィンテージカーのオークションが始まります。前半戦とは違って、観客にも緊張が走っています。

あらかじめサイトで情報を公開していて、買い手はその情報を元にして購入を考えるんだそうです。また、カタログでも販売していました。

出展されたヴィンテージカーは1950年代のクラシックカーだったり、わたしたちが知っている車の初期のころのブランド車だったり、大会に出た車だったりとさまざまでした。

買い手はこのリヨンの会場に実際に来るか、競売する側へ電話したり、ネット上で競り落とすこともできます。電話やネットの場合は競売する側の担当が値段をコールしていました。電話やネットではフランス以外の外国人が購入する場合も多いため、ユーロ以外にもドルや日本円、中国元などでも表示されていました。

今の車の相場よりも2〜3倍くらいの値段でばんばん売れていくし、10,000€単位で値上がりしたり、あっという間にウン千万や億がつく金額まで値が上がり、さらっと売れていく高級車に会場も興奮状態でした。会場内で競り落とされたり、競いかたが熱いと会場内から拍手がおこってました。

競売人 Commissaire prisseur が金額をあおる場面も。

コールをするか迷っている買い手側に「小切手にサインするだけです、ムッシュ」とか、

ネットでのコールが止まったら「ネットからももう一声どうぞ」

競売人は落札金額を決定する際に「J’adjuge ? J’adjuge ?」と声をかけます。これは Adjuger (競売で)競り落とすっていう意味です。

なかなか白熱したオークションで楽しかった!

車だけでなく、ほかの商品のオークションもこちらで頻繁で行っているようです。気になる方はぜひ行ってみてください。

リヨンのオークション会場の情報

HÔTEL DES VENTES DE NEUILLY(AGUTTES)

住所:13 Bis Place Jules Ferry, 69006 Lyon

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。

関連記事

  1. リヨンのポールボキューズ本店に再来店してきたら最高すぎた ポールボキューズ本店に再来店してきたら最高すぎた
  2. フランスのキャトルジュイエの花火 14 juillet 7月14日リヨンの花火
  3. 日本食材を買うならビオBIOがおすすめ!|リヨンのビオショップ 日本食材を買うならビオBIOがおすすめ!|リヨンのビオショップ
  4. リヨンを船で散歩してみた!|ソーヌ河クルージング シティボート LYON CITY BOAT リヨンを船で散歩してみた!|ソーヌ河クルージング シティボート …
  5. リヨンでおいしい魚料理を食べるなら|6区のレストラン LA RÉGATE RESTAURANT リヨンでおいしい魚料理を食べるなら|6区のレストラン LA RÉ…
  6. 唯一、奇跡的にチーズケーキだけがおいしい人気のカフェ|Slake Coffee House チーズケーキがおいしい人気のカフェ|Slake Coffee H…
  7. カオスの館。リヨンで一番いいね!の多い美術館*La Demeure du Chaos カオスの館。リヨンで一番いいね!の多い美術館*La Demeur…
  8. 穴場カフェ!ガダーニュ美術館の屋上テラス|リヨン旧市街 穴場!ガダーニュ美術館の屋上テラスカフェ|リヨン旧市街 Musé…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. リヨンのポールボキューズ本店に再来店してきたら最高すぎた
  4. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ
  5. レシピのフランス語講座
  6. お菓子に関するフランス語の本
  7. お菓子のフランス語
  8. 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  9. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest

プロフィール

こんにちは!kico キコです。
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
プロフィールの続きを読む…

フランス語単語

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ

見てほしい♥

カカオ豆からチョコレートができるまでの製造行程 カカオ豆からチョコレートができるまでの長ーい製造工程

お菓子

  1. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート
  2. 今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  3. タルト・ノルマンド|ノルマンディ地方のおいしいものがつまったお菓子

たび

ストラスブールのクグロフ フランス・アルザス地方のお菓子たち

リヨン

  1. 小さな路地にある隠れ家レストランでリヨン郷土料理|La Chimère
  2. フランス・リヨンのマルシェ
  3. 穴場カフェ!ガダーニュ美術館の屋上テラス|リヨン旧市街

レシピ

  1. 鶏がらスープから作るチキンカレーのレシピ|フランスで作る家庭料理
  2. 簡単に作れるトマトチキンカレーの作りかた
  3. フランスでもおいしく作れる本格的な鯛飯の作りかた

おすすめ記事

  1. フランスの書店fnac
  2. ビザ申請〜許可までにかかるお金はどれくらい?*フランスビジタービザ編
  3. アルザスコルマールのマルシェ・ド・ノエル

手続き

  1. ビザ申請にフランス大使館へ行く
  2. フランスの健康保険には無料で加入できるってホント?|Carte Vitale
  3. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ
  1. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. フランス冬のスキーバカンスの過ごしかた
  4. 滞在許可書の手続きがおわったよ〜 @リヨン・OFII 移民局
  5. ありえない〜!マンションリフォームが大変すぎること4つ!
  6. フランスのパン粉で作るささみのフライの作りかたタルタルソース添え
PAGE TOP