リヨン

フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン AGUTTES

フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン AGUTTES

先週末に人生初!のオークションへ行ってきました。

オークション(競売)はフランス語で enchère といいます。

わたしは新車だろうがヴィンテージカーだろうが車には興味ないのですが、彼が車が大好きっていうことで行ってみました。同じように車好きがたくさん集まってました。

今回は、ヴィンテージカーのオークション会場をレポートします。

どんな会場?

想像してたオークションはかなり敷居の高い場所で行われるんだろうか…って思ってたのですが、意外にも倉庫みたいな場所にステージと簡易椅子を置いたカジュアルな場所でした(笑)天井や壁は豪華そうにみえるんですけどね。

おそらくヴィンテージカーを展示しなければいけないので、そういう場所だったんだと思います。

ただ、競り落とされる金額はまったくカジュアルなものではなかったんですけどね。

フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン AGUTTES

オークション会場

オークション会場はパールデュー駅から北へ歩いて10分程度にある昔のパールデュー駅の跡地です。隣りはポールボキューズのブラッスリーL’Est ですので、そのほうが分かりやすいかも。

お客さんどんな人?

来ているお客さんはただ車好きな人が大半で、真剣に競り落とす予定の人はほんの少しでした。が、いることはいらっしゃいました。

または、電話やインターネットなどで競り落とす方も多かったです。

オークションの流れ

オークションは土曜日の14時30分から始まりました。その週は競売にかける車を展示して、気になる車をチェックします。状態の良いヴィンテージカーで珍しい車ばかりなので、車好きがたくさん見に来ています。

フランスでヴィンテージ車のオークションへ行ってみた!|リヨン AGUTTES

会場前

ヴィンテージカーのオークションですが、まずは車に関係するグッズから始まります。1960年代のF1やル・マンといった国際大会のポスターや雑誌、フェラーリの写真集、おもちゃや車のボンネットにつけるマスコットなど小さなものです。

これらのオークションが昼の14時30分から17時30分くらいまで続きます。

その後、休憩をはさんで18時から本番、ヴィンテージカーのオークションが始まります。前半戦とは違って、観客にも緊張が走っています。

あらかじめサイトで情報を公開していて、買い手はその情報を元にして購入を考えるんだそうです。また、カタログでも販売していました。

出展されたヴィンテージカーは1950年代のクラシックカーだったり、わたしたちが知っている車の初期のころのブランド車だったり、大会に出た車だったりとさまざまでした。

買い手はこのリヨンの会場に実際に来るか、競売する側へ電話したり、ネット上で競り落とすこともできます。電話やネットの場合は競売する側の担当が値段をコールしていました。電話やネットではフランス以外の外国人が購入する場合も多いため、ユーロ以外にもドルや日本円、中国元などでも表示されていました。

今の車の相場よりも2〜3倍くらいの値段でばんばん売れていくし、10,000€単位で値上がりしたり、あっという間にウン千万や億がつく金額まで値が上がり、さらっと売れていく高級車に会場も興奮状態でした。会場内で競り落とされたり、競いかたが熱いと会場内から拍手がおこってました。

競売人 Commissaire prisseur が金額をあおる場面も。

コールをするか迷っている買い手側に「小切手にサインするだけです、ムッシュ」とか、

ネットでのコールが止まったら「ネットからももう一声どうぞ」

競売人は落札金額を決定する際に「J’adjuge ? J’adjuge ?」と声をかけます。これは Adjuger (競売で)競り落とすっていう意味です。

なかなか白熱したオークションで楽しかった!

車だけでなく、ほかの商品のオークションもこちらで頻繁で行っているようです。気になる方はぜひ行ってみてください。

リヨンのオークション会場の情報

HÔTEL DES VENTES DE NEUILLY(AGUTTES)

住所:13 Bis Place Jules Ferry, 69006 Lyon

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. リヨンの陶器市 tupiniers リヨンの秋のイベント陶器市へでかける*Tupiniers du …
  2. リヨンでバスケットボール観戦!*ASVEL Lyon-Villeurbanne チアのTバックがちらりっ!*リヨンでバスケットボール観戦!
  3. フランスの書店fnac フランス語テキストが豊富な本屋さん@リヨン
  4. リヨンを船で散歩してみた!|ソーヌ河クルージング シティボート LYON CITY BOAT リヨンを船で散歩してみた!|ソーヌ河クルージング シティボート …
  5. リヨンシティボート Lyon City Baot リヨンで観光!ソーヌ河クルージング|リヨンシティボート Lyon…
  6. リヨン JEANNINE & SUZANNE|サラダランチのあるインテリアのすてきなカフェ リヨン JEANNINE & SUZANNE|サラダラ…
  7. カオスの館。リヨンで一番いいね!の多い美術館*La Demeure du Chaos カオスの館。リヨンで一番いいね!の多い美術館*La Demeur…
  8. 日本食材を買うならビオBIOがおすすめ!|リヨンのビオショップ 日本食材を買うならビオBIOがおすすめ!|リヨンのビオショップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum
  2. きょうのおやつ*ムースリーヌ
  3. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子

作りかた

  1. フランスでぜんざいの作りかた
  2. クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  3. タルト生地の基本|パット・シュクレの作りかた Pâte sucrée

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. タルトタタン誕生の物語
  3. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
赤いプチ・ナンテール?|リヨンのプラリネ・ルージュを発見!petit nanterre
  1. いまやパティスリーの定番菓子?リヨン版イスパハンを試してみたよ!
  2. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  3. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  4. ディジョンのパンデピス Mulot et Petitjean
  5. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  6. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子
  7. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる
  8. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子

Twitter

PAGE TOP