お菓子の歴史

リヨンのクッション型のお菓子|クッサン・ド・リヨン Coussin de Lyon

リヨンの伝統菓子クッション

リヨンでいちばん有名なお土産お菓子であるクッサン・ド・リヨンというお菓子があります。今回はそのお土産菓子とその生まれた歴史を紹介します。

リヨンのクッションという名前のお菓子

リヨンには coussin de Lyon クッサン・ド・リヨンというお菓子があります。coussin de Lyon とは「リヨンのクッション」という意味です。

coussin de lyon クサン・ド・リヨン

中身はチョコレートのガナッシュ。とても濃厚。

ターコイズブルーの鮮やかな色のアーモンド生地(Pâte d’amande パート・ダマンド)の中にキュラソーで香りをつけたチョコレート生地を挟んでいるお菓子です。

小麦粉は使っていないので、コンフィズリー(砂糖菓子)にあたります。

甘みとお酒の強さが引き立っている濃厚なこのお菓子は、コーヒーとの相性が抜群に合うと思います。

リヨン市内にたくさん支店のあるVOISIN ヴォワザンでは、coussin de Lyon クッサン・ド・リヨン がきれいにディスプレイされています。パティスリーやお土産もの屋さんでも買うことができ、わたしが研修していたパティスリーでも売っていました。

リヨン市内ではよく見かける有名なお菓子で、リヨンを代表するお菓子のひとつです。

どうしてクッションの形をしたお菓子がリヨンを代表するのか?

それはリヨンの歴史に関係しているからなのです。クッサン・ド・リヨンができた経緯をみていきましょう。

クサン・ド・リヨンとフルヴィエールの丘の奇跡

リヨンの銘菓クッサン・ド・リヨンの由来にはフルヴィエールの丘と深い関係があります。

フルヴィエールの丘

Fourvière リヨン市街地から見上げるフルヴィエールの丘

14世紀にヨーロッパでペストが大流行しました。人口の1/3~2/3にあたる2,000万~3,000万人が死亡したと言われています。その後、17~18世紀にも何度か流行し、1643年にはリヨンにもペストが発生しました。

その頃、フルヴィエールの丘にはマリア像が捧げられていました。

ペストが広まり始めると、人々はそのマリア像に祈り、「7 libre リーブルのろうそく1本と1枚の金貨をのせた絹のクッション」を捧げました。

※リーブルとは:昔の重さの単位(1リーブル libre = 0.5kg 7 libre = 3.5kg)

時代や地域によって重さが微妙に違っていたらしいですが、libre リーブルが人が1日に必要な穀物の重さを基準にしていたそうです。その7日分ですので、とにかくとても大きなろうそくをささげたということですね。

リヨンフルヴィエールの丘

金のマリア像。修理のため地上で展示してました。

すると、祈りが通じてペストが治まり、人々は救われました。

この言い伝えにでてきた絹のクッションからクッサン・ド・リヨンが作られました。

作り始めたのはVoisin ヴォワザンという1897年に開店した老舗のコンフィズリーです。クッサン・ド・リヨンが作られたのは1960年のころでした。

それ以降、リヨンを代表するお菓子になり、お土産物としても有名になりました。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。

関連記事

  1. パリ・ベルティヨンのアイス ローストパイナップルと生バジルのアイス
  2. フランス LU ビスケット 誕生170周年!フランスのLUビスケットの紹介&日本で買える通販…
  3. プラリネってなに? Praline プラリネってなに? Praline
  4. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン 繭のお菓子 Cocon de Lyon
  5. スーパーで買えるマドレーヌ Madeleine Commercy スーパーで買える本場コメルシーのレシピで作ったマドレーヌ
  6. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne…
  7. フランス・アルザス地方のクグロフ クグロフ|アルザスで見つけたフランスの地方菓子
  8. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子 オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. リヨンのポールボキューズ本店に再来店してきたら最高すぎた
  4. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ
  5. レシピのフランス語講座
  6. お菓子に関するフランス語の本
  7. お菓子のフランス語
  8. 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  9. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest

プロフィール

こんにちは!kico キコです。
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
プロフィールの続きを読む…

フランス語単語

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ

見てほしい♥

プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné

お菓子

  1. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子

たび

昔のパン焼き釜 ノエド Nohèdes 200年前のパン焼き窯*60人の村ノエド Nohèdes

リヨン

  1. 日本食材を買うならビオBIOがおすすめ!|リヨンのビオショップ
  2. フランス・リヨンで自転車に乗る
  3. リヨンのポールボキューズ本店に再来店してきたら最高すぎた

レシピ

  1. フランスでもおいしく作れる本格的な鯛飯の作りかた
  2. 手抜き料理!トマトだけでも美味しくできるパスタのレシピ
  3. フランスで寿司を作る

おすすめ記事

  1. 酔っぱらいのクマさん?日本人パティシエのいるお菓子屋さん|L'Ourson qui boit
  2. シナモンのクリスマスサブレの作りかた
  3. フランスのクリームの種類

手続き

  1. 羽田空港へ向かう飛行機で
  2. ビザ申請〜許可までにかかるお金はどれくらい?*フランスビジタービザ編
  3. ビザの進捗状況とわたしの取得までの流れ*フランスビジタービザ申請編
  1. フランス家庭料理、じゃがいものガーリックソテーの作りかた
  2. シャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエル
  3. フランスで作る寿司の作りかた
  4. フランスの定番!洋梨のタルトの作りかた la tarte amandine aux poires Bourdalou
  5. フランス流ローストチキンのレシピ|オーブンで焼くだけ簡単!
  6. フランスビジタービザが届いたよ
PAGE TOP