フランス生活

フランスでピラティスレッスンやってみたらこんなだった

フランスでピラティスを習う

前回の格安でピラティスが習えるレッスンにひきつづき、

今回は、フランスでピラティスを習ってみた感想です。

前回の記事はこちら
フランスで1回4.3ユーロのピラティスに通う

 

レッスン内容は?

まぁピラティスはピラティスですので、国が変わってもピラティスの定義は変わりません。日本とさほど変わらないレッスンでした。

わたしのクラスは、お年寄り方が多かったのでダイナミックに動くのはなかったです。横になって足やおなかの筋肉を鍛えるっていうものがメインでした。

 

ピラティス用具は?

マットはセンターにあるので、それを借ります。日本のレッスンみたいに一回一回スプレーで拭いたりするのがないのが気になるところです。いつ拭いているのかなぁ、拭いていないのかなぁ…。まぁ気にしないようにします。

会場は、日本のスポーツジムにあるような会場と同じようなところです。前方にガラスがあって、床がフローリングで。後方には大きな窓と暖房があります。

わたしは暖房の前に陣取ってました。部屋の中は暖房が効いててあったかいです。でも暖房も時々壊れて極寒のなかピラティスやったこともあります。だれもしゃべらないっていう、過酷さ。

枕は使うみたい。ピラティス用のじゃなくって、IKEAに売ってる格安の小さなクッションみたいなのでOKでした。枕がない場合は、マットの端を折り曲げて枕にしてって先生言ってました。

 

服装は?

 

ピラティスだからっていうわけではないですが、蛍光色のザ・スポーツしてます的なスポーツウエアを着てました。わたしみたいにTシャツにジャージっていう人のほうが少なかったです。普段着の人もいました(笑

あと、なんでしょうね、先生も含めてみんな靴下はいてるんです。わたしも履いてましたけど。ピラティスやヨガでは履かないですよね。

 

先生はどんな人?

ばりばりのピラティスをしてるっていうのが一発で分かるほど筋肉のついてた先生でした。女性で40代後半でしょうか、筋肉質で細身の体型でクラスで先生だけ、異常な体型です。ほかの生徒はぽっちゃりタイプが多いです(笑

おなかの筋肉を鍛えるときには、自分のおなかの筋肉を惜しげもなく見せてくれます。すんごいバリバリに鍛え上げられてます。

そんなプロ意識が高そうな先生なんですが、

一点だけ欠点が…。

 

時間にルーズ。

 

そして、体調管理も若干甘い(笑

 

 

最初のレッスンの日には20分遅れで到着、時間通りにレッスン終了してました。20分遅れはすごいけど、それを文句も言わず、待つ生徒も偉い。

ほかの日もほとんど、5分遅れで到着して、5分後にレッスン開始、時間通りに終わるっていうパターン。

まぁ、生徒も時間ちょうどにしか来ないんですけど、それでも先生が遅れてくるのはフランスだからなのか、彼女だからなのか…。

 

そして、よ〜く風邪引いてます。

鼻声で声が大きく出せない日がたまにあるっていう…。

自己管理〜!

 

日本だったらプロ失格と言われそうですが、ここはフランス、みんなも怒らず、やさしい目で見ています。高齢者だからかなぁ。

 

そんな先生ですが、なぜだか憎めないチャーミングな先生なんです。

 

フランスでのピラティスレッスンは、授業の内容はしっかりしているけれども、時間や服装、周辺のものはみんなてきとーでした。こんなもんですね、フランスはきっと。ストレスがたまらなくっていいと思う。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランス人、2軒目の家を買う 2軒目の家を買うフランス人たち
  2. フランスで病気になったらどうする?病院の行き方|元気なうちに知っておこう! フランスで病気になったらどうする?病院の行き方|元気なうちに知っ…
  3. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  4. ココだけの話。フランスに住むなら脱毛をしといたほうがいい2つの理由 ココだけの話。フランスに住むなら脱毛をしといたほうがいい2つの理…
  5. フランス語でなんて紹介されると恋人なのかの疑問を解消! フランス人彼氏になんて紹介されると彼女なの?
  6. フランス・リヨンに住んでみて分かった!良いところ3つ、悪いところも フランスに住んで良いところ3つ、悪いところも|リヨン編
  7. うらやましすぎ!?フランスの小学校の先生という職業 うらやましすぎ!?フランスの小学校の先生という職業
  8. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. フランス語で「香港のデモ」に関するニュースを読んでみる[RFI:Forte mobilisation à Hong Kong] フランス語
  2. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  3. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  4. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  5. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  6. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  7. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  8. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  9. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  10. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. トロペジェンヌ
  2. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  3. ミルカ|一番おいしいスーパーで買える濃厚ミルクチョコレート

作りかた

  1. シナモンのクリスマスサブレの作りかた
  2. クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  3. とろけるガトーショコラの作りかた gâteau au chocolat

お菓子の歴史

  1. タルトタタン誕生の物語
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. リヨンの伝統菓子クッション
フランス・アルザス地方のクリスマスクッキー
  1. 昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
  2. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  3. わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん
  4. セバスチャン・ブイエsébastien BOUILLET|リヨンの有名パティスリー
  5. パンデピスのレシピ pain d'epice
  6. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  7. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  8. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  9. フランス・アルザス地方のクグロフ

Twitter

PAGE TOP