レシピ

外国で鍋を使ってごはんを炊く方法

外国で鍋を使ってごはんを炊く方法

今わたしはフランスに住んでいます。日本の白ごはんが時々食べたくなるのですが、フランスには炊飯器がほぼありません。ですので、鍋で米を炊くことになります。

難しそうに思えた米の炊き方だったんですが、何度か失敗しているうちにコツがつかめてきましたので、紹介したいと思います。

ごはんの炊き方

まずは、ごはんを炊くのに必要な道具から。

道具

  • 蓋付き鍋:直径20cmくらいのものが使いやすいです
  • 秤(デジタルスケール)

材料

  • 米(ジャポニカ米)

フランスには、ジャポニカ米以外にも細長い米や香りのついた米などが売られています。選ぶ際にはJaponica(ジャポニカ)と書かれたものが日本の米と同じ種類です。

配合

米を鍋で炊く場合の割合です。米用の計量カップの場合、一合は180ccとなりますが、重さは150gです。

フランスに日本の米用の計量カップを使って計りますが、フランスにはそんな便利なものがないので秤で計ります。

米2合の場合
  • 米:300g
  • 水 :450ml(45cl)
米3合の場合
  • 米:450g
  • 水:650ml(60cl)

日本産の米を使って炊飯器で炊く場合よりも少し水の量は多めにしています。フランスにあるジャポニカ米は少し乾燥していますし、鍋を使うため水の蒸発も多くなるためです。

ごはんの炊きかた

1. 米を洗います。

最初の水を入れたら、米を研がずそのまま水をこぼします。次は水を加えずに米を研ぎ、水を加え、水が透明になるまで水ですすぎます。

外国でごはんを炊く

水道水でも構いませんが、どうしても気になるという方はミネラルウォーターで洗ってください。ボルヴィックは軟水なので、日本の水と似ています。

2. 米を水に浸け、吸わせます。1時間くらいは置いておきます。

外国でごはんを炊く

日本の米と違って、米自体の水分量が少ないので、事前に水を吸収させたほうがうまく炊けます。

3. 水を切った米を鍋に入れ、分量の水を入れます。

4. 中火の火にかけ、沸騰まで待ちます。

5. 沸騰してきたら、火を極弱火にして、12分待ちます。

いちばん弱い火にしてください。強いと鍋底におこげができます。

外国でごはんを炊く

6. 12分経ったら、火を止め、蓋をしたまま10分置きます。

最後に10分置くことで、米の心まで火が通ります。蒸らさないと中まで火が通らず、心が残ったごはんになります。

外国で鍋を使ってごはんを炊く方法

できあがりです♪

意外に簡単なので、ぜひ試してみてください。

つぎは、炊いたごはんで寿司を作ってみましょう。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. ズッキーニのグラタンのレシピ recette gratin de courgettes ほくほくズッキーニのグラタンのレシピ*Recette Grati…
  2. 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう 日本とは違うフランス流のお米の食べかたをマスターしよう
  3. フランスでの寿司の作り方|海外で喜ばれる具材ってなに? 海外でも巻き寿司を簡単にできる3つのステップ
  4. フランスの料理レシピ検索サイト フランス生活初心者へおすすめ!料理レシピ検索サイト
  5. フランスで作る寿司の作りかた フランスで失敗しない!寿司のつくりかた【巻き寿司】
  6. パラパラなチャーハンが簡単に作れるコツ2つ
  7. フランス家庭料理、想像以上においしい米のサラダの作りかた 米サラダの作りかた|フランス家庭料理の定番
  8. ホワイトソースも手作り!簡単にできて満点なラザニアのレシピ 茹でずに作るラザニアのレシピ|手作りするとほんとに美味しくできる…

コメント

    • Coco
    • 2016年 12月 06日

    こんばんは♪私にもできそう!どんなレシピよりもわかりやすいです。フランスでやってみまーす♪

    • Cocoさん、こんにちは。
      ありがとうございます!!とてもうれしいです。
      ぜひ、次回のリヨン滞在で作ってみてください〜!もうすぐリヨンですね♡
      kico

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. パリ・ベルティヨンのアイス
  2. フランス LU ビスケット
  3. フランスのエクレア eclair

作りかた

  1. マンゴーヴェリーヌのレシピ Verrine à la mangue
  2. ババロアの作りかた La crème bavaroise
  3. タルトタタンの作りかた・レシピ Tarte tatin

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. リヨンの伝統菓子クッション
これがトップパティシエの実力なのね|SÈVE セーヴ
  1. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  2. トロペジェンヌ
  3. パリのお菓子屋さん
  4. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  5. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  6. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  7. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  8. さわやかオレンジのパウンドケーキのレシピ*Cake à l’orange fraîche
  9. フランスLUのビスケット

Twitter

PAGE TOP