フランス生活

SEPHORA セフォラのメイクサービスをおすすめする理由

セフォラ sephora フランス

フランス・リヨンに着いて数日が経ちました。

わたしの時差ぼけも徐々に解消されているようですが、夜になると睡魔が襲いまくりです。

彼は、化粧が濃いのが好みなんだそうです。

目の周りはアイシャドウ&アイラインが入ったはっきりとした目が好きだし、チークもグロスも大好きなんだそう。

わたしもこれをことあるごとにチクチクいわれるので、やや化粧が濃くなったような気がします。ていうか、ナチュラルじゃないメイクをするように心がけてはいます。

で、フランスに着いてから数日、時差ぼけもあって目の周りのアイシャドウ&アイラインを普通くらいにしかしてなかったのを目敏く指摘され、

再び…、

 

 

また…?

 

 

 

セフォラに連れて行かれる!

 

 

 

前回もわたし化粧がナチュラルすぎるっていうんでセフォラに連行されています(笑

前回のセフォラ連行:僕の彼女はセクシーだと思われたいんだ

 

 

SEPHORA セフォラ はフランスにある化粧品のショップです。ひとつのブランドだけでなく様々なブランドの化粧品が揃っているので、比較するときに便利な店です。

SEPHORA セフォラ

SEPHORA セフォラ (画像はお借りしました)

 

このセフォラでは美容部員の方からメイクをしてもらうことができるんです。有料で10分(10€)、20分(20€)とあり、ポイントメイクだったら10分、顔全体だったら20分っていう設定ぽいです。

メイクしてもらった後に商品を購入したらメイク代が無料になるっていうサービスです。たぶん60€以上だったかな。

 

このサービスを知っている彼は、セフォラにわたしを連れて行くのが好きなようです。頼む時も「目の周りをがっつりメイクしてください」って伝えてます。

 

前回のセフォラでのメイクは若干嫌々だったけど、今回はなんかいい感じに仕上げてくれました!

不器用と思われがちなフランス女子ですが、さすがは美容部員、細かい目の下のラインもすばやく入れてくれます。

 

肌の色にあうファンデーションは、肌の5か所くらいの色を機械に当てると肌にあったファンデーションを選んでくれるんです。iPadで。しかも、全部のブランドの。

これって、すごくよくないですか?フランスだと人種がたくさんいるので肌の色も様々なので、アジア人がどの色が合うのか自分では分かりにくいんですよね。しかも付けてみないと分からないし。

日本では単一人種なので色の幅ってあんまりないんです。わたしの肌に合うファンデーションは以外にも濃いめの肌で、日本じゃこの色のファンデーションってあんまり見ないものだったけど、すごく肌なじみのいい色でした。

 

そして、ファンデーションは筆で塗ってくれたんですけど、今さらながら筆で塗るファンデーションってすっごくきれいに着くのにびっくり。これはほんとによかった。

 

アイメイクのためにメイクしてもらったんだけど、結局購入したものは一目惚れしたファンデーションと筆、元々買う予定だったマスカラ、彼が好きらしいディオールのグロスの4点!買ってもらいました。ありがとう〜!

 

そして、最後には恒例の香水ふりましょうかサービス。好きな香水をばんばんかけてくれます。これってどこでもしてくれるんですよね〜。サービスなのかな。あと、いろんな試供品をもらえました。

 

セフォラのいいところはいろんなブランドの化粧品が入っているところだと思います。なので、自分にあった物をブランド関係なしにおすすめしてくれます。いろんなブランドのいい商品だけ使いたいミーハーなわたしにはぴったりでした。

 

最初はいやなイメージしかなかったセフォラ(失礼!)、今は大好きになりつつある…。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. うらやましすぎ!?フランスの小学校の先生という職業 うらやましすぎ!?フランスの小学校の先生という職業
  2. フランスでピルを処方してもらうまでの流れ フランスでピルを処方してもらうまでの流れ
  3. 南フランスのヌーディストビーチに行ってみた件 清楚系?女子が南フランスのヌーディストビーチに行ってみた
  4. フランス人の日曜日の過ごし方 地味すぎる?フランス人の日曜日の過ごしかたを調べてみたよ
  5. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  6. フランス人、2軒目の家を買う 2軒目の家を買うフランス人たち
  7. 南仏発!フランス人流ビーチでの過ごし方 南仏発!フランス人流ビーチでの過ごし方
  8. フランスのカフェ フランスで働く日本人はいじわるなの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. お菓子に関するフランス語の本おすすめの4冊を紹介するよ! お菓子に関するフランス語の本
  2. お菓子に関するフランス語単語をまとめたよ お菓子のフランス語
  3. フランス語のあいさつに関する単語と表現
  4. 【半年以上続けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  5. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  6. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  7. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  8. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  9. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  10. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】

フランス菓子

  1. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  2. LUチョコレートビスケット*フランスのスーパーにあるお菓子
  3. 餅みたいな懐かしい味!アラブ菓子ルクムをフランスで見つけた|Loukoum

作りかた

  1. チョコレートスコーンの作りかた
  2. 赤いフルーツのシャルロットの作りかた Charlotte aux fruits rouges
  3. 朝食用レーズンスコーンの作りかた

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. タルトタタン誕生の物語
フランスのバゲット食べ比べ
  1. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  2. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  3. リヨンの伝統菓子クッション
  4. 1日でパリのお菓子屋さんをめぐる旅サンジェルマンデプレ編
  5. パンデピスのレシピ pain d'epice
  6. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  7. フランスでぜんざいの作りかた
  8. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅
  9. パウンドケーキが実力よりおいしく焼ける絶対おすすめな型

Twitter

PAGE TOP