フランス生活

SEPHORA セフォラのメイクサービスをおすすめする理由

セフォラ sephora フランス

フランス・リヨンに着いて数日が経ちました。

わたしの時差ぼけも徐々に解消されているようですが、夜になると睡魔が襲いまくりです。

彼は、化粧が濃いのが好みなんだそうです。

目の周りはアイシャドウ&アイラインが入ったはっきりとした目が好きだし、チークもグロスも大好きなんだそう。

わたしもこれをことあるごとにチクチクいわれるので、やや化粧が濃くなったような気がします。ていうか、ナチュラルじゃないメイクをするように心がけてはいます。

で、フランスに着いてから数日、時差ぼけもあって目の周りのアイシャドウ&アイラインを普通くらいにしかしてなかったのを目敏く指摘され、

再び…、

 

 

また…?

 

 

 

セフォラに連れて行かれる!

 

 

 

前回もわたし化粧がナチュラルすぎるっていうんでセフォラに連行されています(笑

前回のセフォラ連行:僕の彼女はセクシーだと思われたいんだ

 

 

SEPHORA セフォラ はフランスにある化粧品のショップです。ひとつのブランドだけでなく様々なブランドの化粧品が揃っているので、比較するときに便利な店です。

SEPHORA セフォラ

SEPHORA セフォラ (画像はお借りしました)

 

このセフォラでは美容部員の方からメイクをしてもらうことができるんです。有料で10分(10€)、20分(20€)とあり、ポイントメイクだったら10分、顔全体だったら20分っていう設定ぽいです。

メイクしてもらった後に商品を購入したらメイク代が無料になるっていうサービスです。たぶん60€以上だったかな。

 

このサービスを知っている彼は、セフォラにわたしを連れて行くのが好きなようです。頼む時も「目の周りをがっつりメイクしてください」って伝えてます。

 

前回のセフォラでのメイクは若干嫌々だったけど、今回はなんかいい感じに仕上げてくれました!

不器用と思われがちなフランス女子ですが、さすがは美容部員、細かい目の下のラインもすばやく入れてくれます。

 

肌の色にあうファンデーションは、肌の5か所くらいの色を機械に当てると肌にあったファンデーションを選んでくれるんです。iPadで。しかも、全部のブランドの。

これって、すごくよくないですか?フランスだと人種がたくさんいるので肌の色も様々なので、アジア人がどの色が合うのか自分では分かりにくいんですよね。しかも付けてみないと分からないし。

日本では単一人種なので色の幅ってあんまりないんです。わたしの肌に合うファンデーションは以外にも濃いめの肌で、日本じゃこの色のファンデーションってあんまり見ないものだったけど、すごく肌なじみのいい色でした。

 

そして、ファンデーションは筆で塗ってくれたんですけど、今さらながら筆で塗るファンデーションってすっごくきれいに着くのにびっくり。これはほんとによかった。

 

アイメイクのためにメイクしてもらったんだけど、結局購入したものは一目惚れしたファンデーションと筆、元々買う予定だったマスカラ、彼が好きらしいディオールのグロスの4点!買ってもらいました。ありがとう〜!

 

そして、最後には恒例の香水ふりましょうかサービス。好きな香水をばんばんかけてくれます。これってどこでもしてくれるんですよね〜。サービスなのかな。あと、いろんな試供品をもらえました。

 

セフォラのいいところはいろんなブランドの化粧品が入っているところだと思います。なので、自分にあった物をブランド関係なしにおすすめしてくれます。いろんなブランドのいい商品だけ使いたいミーハーなわたしにはぴったりでした。

 

最初はいやなイメージしかなかったセフォラ(失礼!)、今は大好きになりつつある…。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. シェンゲン協定オーバー シェンゲン協定に50日オーバーステイ!フランス出国できる?
  2. フランスの女性は何歳までも女性である。ビキニは何歳まで許されるのか? フランスの女性は何歳までも女性である。ビキニは何歳まで許されるの…
  3. 憧れる?過酷なフランスの伝統的な結婚式 フランスの結婚式|憧れる?教会から披露宴までの長い1日
  4. ココだけの話。フランスに住むなら脱毛をしといたほうがいい2つの理由 ココだけの話。フランスに住むなら脱毛をしといたほうがいい2つの理…
  5. フランス滞在許可書が2ヶ月遅れで手に入った|フランスで生きるなら海ほどに広い心を持つべし フランス滞在許可書が2ヶ月遅れで手に入った
  6. フランス人の日曜日の過ごし方 地味すぎる?フランス人の日曜日の過ごしかたを調べてみたよ
  7. フランス人へおすすめのお土産 フランス人が本当においしいっていうお土産菓子探し
  8. フランスのビール・モナコ Monaco フランス夏のビール モナコ*Monaco

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールのプロの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子
  2. LU ゲランドの塩をつかったサブレ|自分へのお土産におすすめ
  3. フランスのおやつボンヌママンのプチ・ブール|やさしい味のビスケット

作りかた

  1. ラスクの作りかた*パンが乾燥したら
  2. フランスにある材料でつくる和菓子どら焼きの作りかた
  3. 生チョコレートタルトの作りかた|フランス流タルト・オ・ショコラ

お菓子の歴史

  1. パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  1. フランスのバレンタイン限定ケーキ|パティスリーDélice des sens
  2. フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ
  3. ブランデーのフルーツケーキの作りかた
  4. ババ・オ・ラム|リヨンのパティスリー デリス・デ・サンス
  5. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い
  6. フランス・アルザス地方のクグロフ
  7. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  8. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  9. パティスリーのタルト・オ・シトロン|巨大だけどぺろりっと食べれる

Twitter

PAGE TOP