フランス語

フランスの大学付属語学学校のクラス分けが重要な訳

フランスの大学付属語学学校のクラス分けが重要な訳

先日、語学学校のクラス分けテストが行われました。1日目に筆記(test d’expression écrite)、2日目にオーラル(test d’expression orale)が行われました。

大学付属語学学校の学生はクラス分けが重要だと言われています。初心者以上の微妙な位置(B1/B2)にいるレベルの学生は特にのようです。わたしの前にオーラルのテストを受けていた学生も今後の予定が変わってくるからB2クラスにしてほしいと先生にお願いしてました。

 

なぜ大学付属語学学校でレベル分けテストが重要かについて紹介します。

まずは、フランスの大学付属語学学校の仕組みについて。特徴は3つです。

 

 

入学時期は年に2回だけ

まず、フランスの大学付属語学学校は学期制です。9月(10月)〜12月(1月)が前期(1er semestre)、1月〜5月が後期(2ème semestre)となるのが一般的です。日本とは違い、フランスでは秋が1学期目(前期)となります。大学付属へ入るのには年に2回しかチャンスがないんです。

 

 

学期中はずっと同じクラスに在籍する

最初のクラス分けでクラスが決まると、学期中はクラスを上がることができません。そして、学期終了し後半の学期に入ると、すぐ上のクラスに上がるのが一般的です。例えば、前期にB1のクラスに入ると学期終了までB1で、後期にはB2クラスに上がります。

もちろん、在学中は勉強すること、試験もパスすることが前提です。

 

 

学期が終了したらディプロムが取得できる

試験に合格して学期が終わると、そのレベルのディプロム(Diplôme universitaire d’études françaises)が授与されます。例えば、B2クラスを卒業するとB2のディプロム(Diplôme universitaire d’études françaises B2)がもらえます。DELF, DALFと同様にそのレベルの語学力があることを証明できます。

 

 

そして、フランスで大学などの学校に入学する際には語学のレベルを示すディプロムが必要です。

 

B2以上のディプロムが重要

B2レベルのディプロムは、大学や大学院、専門学校へ入学するために必要な目安です。働く際にもB2レベルがいったんの目安となっています。学校によってはC1が必要な場合もあり、学生はB2以上のディプロム取得が重要となってきます。もちろん、DELFの試験に合格するという方法ももちろんあります。前のクラスメイトのヨーロッパ人達もB2がどうしても重要って話してました。

 

そのため、B2以上のディプロムを取ることが重要で、大学付属語学学校では学期中にクラスのレベルを上げることは難しいため、最初のクラスが重要なのです。

例えば、翌年の9月に大学に入学したい場合は、今年の9月には最低でもB1クラスに入りたいという訳です。1学期目にB1、2学期目にB2、翌9月からは大学入学という流れにしたい訳です。もし、A2クラスに入ってしまうと、卒業時にはB1なので大学入学できる語学力がないことになります。もちろん、DELFの試験を受けるという手段はありますよ。

 

わたし自身もクラスのレベルによっては今後の予定が変わってくるので重要でした。夏の間の勉強はこのクラス分けのために勉強したと言っても過言ではないくらいです。

 

初心者以上のレベルにいて、フランスで学校に行きたい、働きたいという人には重要なんです。とは言え、初心者の人も多いのであんまり関係ないー!っていう学生さんも多いですけどね。

フランスの大学付属語学学校に留学したい、フランスで学校に通いたいっていう方はぜひ参考にしてください。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. フランスの調理用語|日本にないから覚えにくいっを解消! フランス料理の調理用語|日本語にないから覚えにくいっを解消する方…
  2. 下手くそな絵でも大丈夫!?フランス語単語の覚えかた イラストにすると覚えやすい!フランス語単語の覚えかた
  3. 大統領選でフランス語のヒアリング力を上げてやる!|討論 débat 大統領選でフランス語のヒアリング力を上げる勉強法|討論 déba…
  4. フランス語の文章が口から出てくるようになったおすすめテキスト フランス語が話せるようになるおすすめしたいテキスト本
  5. ナンパというフランス語を覚えてみよう!
  6. フランス語の勉強ドラマ フランス語の勉強になるドラマ*Extra french
  7. 小学生みたいなフランス語計画表作ったよ〜!夏休みの宿題計画*第1弾 小学生みたいなフランス語計画表作ったよ〜!夏休みの宿題計画*第1…
  8. フランス語基本単語集|覚えたその日に使えるおすすめな本 コスパ最強!フランス語単語集|現地ですぐに使える日常単語

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. プラリーヌ・ルージュ|真っ赤な色したフランス・リヨンの伝統菓子
  2. シンプルなのが一番おいしい素朴な砂糖のタルト|フランス地方菓子
  3. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン

作りかた

  1. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用
  2. クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  3. タルト生地の敷き込みかた|底のないタルト型用

お菓子の歴史

  1. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン
  2. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
  3. リヨンの伝統菓子クッション
パティスリー・デリスデサンスのビューニュを食べてみたよ|リヨン郷土菓子
  1. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー
  2. 爽やかなレモンの風味が残るふんわりレモンケーキの作りかた
  3. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト
  4. フランス地方発!バターと砂糖だけの素朴なお菓子*タルト・ブレッサン
  5. フランス定番菓子サントノレ St Honoré|パティスリーのケーキ
  6. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  7. フランスのガレット・デ・ロワ
  8. リヨンの伝統菓子クッション
  9. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた

Twitter

PAGE TOP