コラム

フランスのパン屋ポール PAUL|日本のと違いは…?

パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?

日本にいるとフランスっていうだけで、なんだかキラキラとした上品なものっていうイメージがあるのはなんででしょうね。フランスっていうと高級で美しいっていうイメージってありますよね。美しいところも多いんですが、でも、実際のものはイメージとギャップがあります。

例えば、日本のイメージとフランスの現実にギャップがあるもののひとつにパン屋さんのポール PAUL があります。

今回は、フランスにあるポール PAUL のお菓子の日本との違いを紹介します。

フランスのポールPAUL ?

ポール PAULは、1889年、パン職人シャルマーニュ・マイヨによって、フランス北部の街リールで生まれたブーランジュリーです。

フランスには町の中心地や駅構内に数店舗あったりと立地のよい場所にあるチェーン店で、日曜日にも開いていることが多いし、便利な場所にあるため、すごく使い勝手のいいパン屋さんです。あんまり高級っていうイメージはないと思います。すごく美味しいパン屋とも思われてないと思います。ただただ、フツーのチェーン店のパン屋です。

値段もほかのとさほど変わらないくらいです。高くはないです。

日本では,デパ地下などにお店があるし、結構高級感があるような気がします。値段も日本のパン屋さんと比べると少し高級なパン屋さんだと思います。

フランス・ポール Paul のお菓子

日本のポールは高級なイメージなので、お菓子も形が整って美しいんですが、フランスのポールのお菓子類は日本とちょっと違ってます。一言でいうと、雑です(笑)

チョコレートのミルフィーユ Millefeuille au chocolat

パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?

チョコレートのミルフィーユ Millefeuille au chocolat

中のクリームがチョコレートのガナッシュ、表面がチョコレートになっているんですが、表面はガタガタだし、クリームも雑な感じに絞られてます。も〜

キャラメルのタルト Tarte au caramel

パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?

キャラメルのタルト Tarte au caramel

タルト生地はちゃんと焼けてるし、味もおいしいんですけど、表面がぐちゃ〜ってなってます。こんな感じで表面がぐちゃってなっているお菓子って結構平気でふつうに売られてるのがフランス流です。店員さんもまったく気にしないし。あ〜。

パルミエ Palmier

パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?

パルミエ Palmier

日本の源氏パイを10倍くらいにしたパイ菓子。ずっしりと重みがあって、ざくっとした食感で、ポールでいちばん好きなお菓子です。日本のポールで食べて好きになりました。

やっぱりこのパルミエもお店によって焼き上がりが違ってて、今回のは場所によってこんがりと焼けていないところがありました。日本のポールくらいしっかりしてくれ〜。

日本のほうが美しくって美味しい…?

日本のポールとぜんぜん違うじゃん。日本のポールってデパ地下に店舗があったりして結構高級なイメージのパン屋さんなので、こんな雑な仕事はしていませんが、フランスではこんな雑な仕事をしてます。ここが違うよフランス!って言いたい。

正直、日本のほうが丁寧に作られていておいしいです。

わたしは日本のポールが好きで、フランスのポールにも行ってみたら、お菓子が残念でびっくりしたものです。

でも、ポールだけに限らず、フランスのパン屋さんのお菓子って結構こんな雑な感じのものが多いです。丁寧な店ももちろんあるんですけどね、雑な仕事をしているパン屋さんも多いです。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
Facebook、Twitterでのフォローお待ちしています!

関連記事

  1. 知っておきたい!カトルカールとパウンドケーキの違い キャトルカールとパウンドケーキの違いとレシピ
  2. 1日でフランスナンシーのお菓子をめぐる弾丸旅 フランス・ナンシーのお菓子をめぐる旅
  3. 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ? 今年食べたビューニュ|一番おいしかったお菓子屋さんはどこ?
  4. フランスの2017年マルディ・グラはいつ?|クレープを食べる日
  5. ストラスブールのクグロフ フランス・アルザス地方のお菓子をめぐる3泊4日の旅
  6. フランスのパティスリーのお菓子の包みかた フランスのパティスリーのお菓子の包装4パターン|かわいい?雑?
  7. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille フランス人によるミルフィーユの美しい食べ方かた
  8. フランスのパティシエ国家資格とは フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能!

コメント

    • Coco
    • 2017年 2月 27日

    PAUL! 憧れの!と意気込んで行きましたが
    えっ 普通じゃん 笑
    キッシュを温めてもらっていただきました。
    美味しかったです。
    今度はスイーツ食べてみまーす♬

      • kico
      • 2017年 2月 28日

      Cocoさん、こんにちは。

      そうなんですよね〜、PAULがフツーすぎてがっかりしましたよね。
      ケーキはさらに雑ですけど、味はおいしいです。ただ、日本とのギャップにびっくり。

      タルト系は生地がおいしいのでおすすめです。ぜひ〜! kico

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. パリ=ブレストの作りかた – フランス菓子 Paris-Brest パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest
  2. プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné プラリネクリームの作りかた Crème mousseline au praliné
  3. クレーム・ムスリーヌの作りかた – フランス菓子の基本 クレーム・ムスリーヌ(バタークリーム)の作りかた - フランス菓子の基本
  4. クレーム・パティシエールの作りかた クレーム・パティシエールのプロの作りかた
  5. フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校 フランス語がオンラインで学べるおすすめレッスン厳選の6校
  6. フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】 フランスでのパクス PACS の手続きの流れ【2018年】
  7. ベルナションのチョコレート工場を見学してきた ベルナションのチョコレート工場を見学
  8. フランスのパティシエ国家資格とは?日本人も受験可能! フランスのパティシエ国家資格とは
  9. 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた 南フランスのブリオッシュのガレットデロアの作りかた
  10. カカオ豆から作るチョコレート製造の過程がみれる博物館|MUSCO リヨンのチョコレート博物館 MUSCO

フランス語勉強まとめ

フランス語の勉強のしかたをまとめました。
ぜひご覧ください。

初級フランス語勉強ノート

フランス語勉強のまとめ

フランス菓子

  1. ビューニュ*リヨンのフランス地方菓子|砂糖まみれの危険なお菓子
  2. 4時のおやつ!ボンヌママンのチョコレートサブレ2種類*Bonne Maman
  3. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子

作りかた

  1. ラスクの作りかた*パンが乾燥したら
  2. タルト生地の基本パット・サブレを作り方|la pâte sablée
  3. お店より美味しくできるタルト・オ・シトロンの作りかた*レモンタルト

お菓子の歴史

  1. クリスマスの定番!パピヨットはリヨン生まれ|la papillote
  2. マドレーヌの名前の由来
  3. フランスのミルフィーユの食べ方 millefeuille
ストラスブールのクグロフ
  1. フランスの中にあるスペインの町のお菓子
  2. リヨンのアイス ショコラオランジュ
  3. リヨンでクグロフとボンボンショコラ|デリス・デ・サンス
  4. 朝食用レーズンスコーンの作りかた
  5. トロペジェンヌ
  6. パン屋ポールPAUL|フランスより日本のが美しい…?
  7. 星5つのレシピで作ってみた!りんごとバナナのケーキ
  8. リヨンのチョコレート ベルナション bernachon
  9. わざわざ行きたい。かわいい色のサブレのあるパリのお菓子屋さん

Twitter

PAGE TOP