おやつ

昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン

昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン
本ページはプロモーションが含まれています。

パン・オ・ショコラ Pain au chocolat って知ってますよね。

クロワッサン生地の中にチョコレートバーが2本入っているヴィノワズリーで、フランスでは日曜日の朝ごはんやおやつに食べたりするパンです。日本でも有名ですよね。

そのパン・オ・ショコラの昔バージョンのパンがあるんです。わたしはこの間はじめて知りました。

パン・オ・ショコラ Pain au chocolat

ふつうのパン・オ・ショコラ Pain au chocolat

うちの近くにあるパン屋さん2軒に「昔のパン・オ・ショコラ」っていうパンがあるんです。昔のパン・オ・ショコラ Pain au chocolat ancien(パン・オ・ショコラ・アンシャン)という名前です。

昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン

昔のパン・オ・ショコラ

今普通に売られているパン・オ・ショコラよりも古いタイプのようです。

ちなみにわたし、このパン大好きです。いちばん好きです。

わたしはバターや生クリームの入ったリッチなパンはあんまり好きじゃないです。もそもそ系で一口目では味がしなくって、噛み応えのある固いパンが好きです。日本ではかにパンが好きです。知ってるかな?かにパン。

かにパンじゃなくって、昔のパン・オ・ショコラがどんなものか紹介していきます。

昔のパン・オ・ショコラとはどんなパン?

ふつうのパン・オ・ショコラと昔のパン・オ・ショコラを比較してみました。

ふつうのパン・オ・ショコラ昔のパン・オ・ショコラ
生地クロワッサンフランスパン
チョコレート2本1本
値段1,2ユーロくらい0,7ユーロくらい
昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン

中身

昔のパン・オ・ショコラは、フランスパン生地で、中にチョコレートバーが1本、値段はふつうのよりも半分くらいのパンです。ちゃんと折り目を作っているところが愛らしいなぁって思います。

当たり前ですが、味はフランスパンにチョコレートが入った味です。パン生地にバターが入ってないので、リッチな味はしないのですが、素朴な味です。

ほかのパン屋さんでも発見!

ほかのパン屋さんでも昔のパン・オ・ショコラを見つけました。でも名前はそれぞれ。

Tradi pain トラディ・パン という名前。トラディショナルなパンってことかな?

昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン

Tradi pain トラディ・パン

中身はチョコレートクリームでした。クリームに対してパンの量が多いかな。

昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン

Tradi pain トラディ・パン

Tradi choco トラディ・ショコ っていう名前。トラディショナル・ショコラっていうことかな。

昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン

Tradi choco トラディ・ショコ

中身はチョコレートバーが2本。

昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン

Tradi choco トラディ・ショコ

Flio choco フェィリオ・ショコ って言う名前。ちょっと珍しい。ほかのよりもちょっと小さめで大きさは4cmくらい。

昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン

Flio choco フェィリオ・ショコ

中身はホワイトチョコレート。ほかにもチョコレート・キャラメルがありました。

昔のパン・オ・ショコラって知ってる?フランスの素朴なチョコパン

Flio choco フェィリオ・ショコ

最初は珍しい!って思ったんだけど、パン屋さんでよく見かけるようになった昔のパン・オ・ショコラです。意外にたくさんあった〜。

わたしはもそもそ系で単調な味のパンが好きです。日本のかにパンとか好きです。だから、この昔のパン・オ・ショコラも好きです。ずっと食べ続けれる味で、フランスでいちばん好きなパンです。

このパンを見たときに、わたしこのパン好きだな〜って思いましたもん。

わたしの家の近くにある店でしかまだ見たことのない貴重な?パンですが、もし見かけたら試してみてください。

おすすめ関連記事



kico

投稿者の記事一覧

こんにちは!
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。

関連記事

  1. フランスのガレット・デ・ロワ ガレットデロワ|1月6日に食べるフランスのお菓子
  2. オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ菓子 オレイエットってなに?|イゼール地方でも見つけたカーニバルの揚げ…
  3. 揚げ菓子ベニエ beignet |フランスのお菓子 ベニエ Beignet|フランスにある穴のあいていないドーナツ
  4. cocon de Lyon ココン・ド・リヨン 繭のお菓子 Cocon de Lyon
  5. ラ・コック|南フランス・ベジエの町の地方菓子 ラ・コック|日本初公開なフランス地方菓子を全力で紹介!
  6. 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い 経験して分かった日本とフランスのパティスリーの違い
  7. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ フランス菓子フランボワーズのクラフティ Clafoutis à …
  8. きょうのおやつ*ムースリーヌ フランス菓子ムースリーヌ Mousseline

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. リヨンのポールボキューズ本店に再来店してきたら最高すぎた
  4. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ
  5. レシピのフランス語講座
  6. お菓子に関するフランス語の本
  7. お菓子のフランス語
  8. 【半年以上受けて分かった】フランス語マンツーマンの効果とレッスンの選び方
  9. パリ=ブレストの作りかた - フランス菓子 Paris-Brest

プロフィール

こんにちは!kico キコです。
ただいまフランス・リヨンで生活しています。
フランスのガイドブックに載っていない町を旅したり、その土地特有のお菓子を見つけたり、焼き菓子のおいしくできるレシピを研究したりした情報を発信していきたいと思います。
プロフィールの続きを読む…

フランス語単語

  1. 料理でつかう道具のフランス語単語のまとめ!
  2. 色に関するフランス語単語
  3. フランスの食べ物に関する職人と店の名前をまとめたよ

見てほしい♥

フランスの調理用語|日本にないから覚えにくいっを解消! フランス料理の調理用語|日本語にないから覚えにくいっを解消する方法

お菓子

  1. ミシェル&オギュスタンのプチサブレ|
  2. ナンシー生まれのマカロン*Macaron de Nancy
  3. きょうのおやつ・フランボワーズのクラフティ

たび

丸い虹フランスモンペリエの丸い虹 南仏の小さな温泉の町を旅する*Lamalou-les-bain

リヨン

  1. フランスの書店fnac
  2. リヨンのおすすめブション(レストラン)
  3. 日本食材を買うならビオBIOがおすすめ!|リヨンのビオショップ

レシピ

  1. フランスで寿司を作る
  2. フランスで作る豚の角煮のレシピ
  3. フランス男の手料理、骨付きチキンのハーブ焼きの作りかた

おすすめ記事

  1. マルシェ・ド・ノエル marche-de-noel-lyon
  2. フランスのエクレア eclair
  3. SÈVE セーヴ|リヨンの一番おいしいルレデセール会員のパティスリー

手続き

  1. フランスビジタービザ申請の動機書
  2. フランスの健康保険には無料で加入できるってホント?|Carte Vitale
  3. ビザの進捗状況とわたしの取得までの流れ*フランスビジタービザ申請編
今日のおやつ*南仏のトロッペジェンヌ tropezienne
  1. 小学生みたいなフランス語計画表作ったよ〜!夏休みの宿題計画*第1弾
  2. 大統領選でフランス語のヒアリング力を上げてやる!|討論 débat
  3. フランスに長期滞在する前に日本でやってたら生活がより楽しくなること
  4. お菓子のフランス語
  5. フランスのバゲット食べ比べ
PAGE TOP